アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Bonneville のプラグコードってこんな感じです.
d0106518_2248141.jpg
プラグの方は問題ないのですが,イグニッションコイルに接続される部分が特殊なのです.拡大すると...
d0106518_22542893.jpg
一見,ギボシのようですが,厚い被覆を共締めすることで強度を保つようにしています.刻印から AMP の製品であることが分かるのですが,同じものは探せませんでした.コンタクトの大きさが同じだからと,普通のギボシを中心導体のみに圧着すると,接合点で折れる可能性がある為,被覆も巻き込んで固定したいところです.

あともう一つは,コイルユニットに水やゴミが入らないようにするカバーも問題ですね.大きさ的には,プラグキャップについているカバーが同じ位の大きさなので使えそうな気がしますが,そのためにキャップを買うのもなんだなぁと.
d0106518_2258492.jpg


で,使えそうなモノを秋葉で探しました.太さ的にはTVアンテナの給電点の防水カバーが適合するかな?と思ったのですが,それと同じ大きさの製品は小売りされていないようです.なので,しかたなくアマチュア無線の同軸ケーブル用のこんなのを買ってみました.
d0106518_22584775.jpg
上のが元の形で,くびれのところで適宜切って使うようになっています.プラグコード側が 7mm,コイル側が 12mm なので,それに近くなるように切ってみたのが下側.でもやっぱりうまくありません.現に付いているプラグコードを切ってカバーを継続使用するか,熱収縮チューブでも使う(外すときには切る)しかないかなぁという感じです.いいアイディアがあったらお知らせ下さい.

ところで,ギボシ側ですが,普通のじゃなくて,こういうのを使ってみました.
d0106518_23249.jpg
プラスチックシェル付きなので電極が広がって外れたりする危険性が低減されます.シェルのケーブル側の縁は,ちょうどケーブルの赤い最外被覆とその内側の白い絶縁体の間にはまるので,芯線の保持がそれのみに拠らなくなっていい感じです.さらにずれないように熱収縮チューブを使ってみました.
d0106518_2342738.jpg

コイルユニットにもかちっとはまってよい感じですが,同軸用を切ったキャップはうまくはまった感じがしないので,防水防塵を考えればやはり最初に付いていたカバーを移植するのが良さそうです.
【追記】結局はコイル側は純正のカバーを移植して使っています.
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-24 23:09 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

1万キロ

うちの Bonneville は 2001 年式ですので,もう十年以上前に製造されたわけですが,私の乗る距離が少なく本日ようやく1万キロに達しました.江戸橋の上と途中で止まりにくいところで1万キロを迎えた為,写真は撮れませんでしたが,帰ってきて撮ったのがこちら.
d0106518_2244645.jpg
9999.9 から 10000.0 になる瞬間を思わず見てしまいましたが,新たなステージに入ったような気がしました.笑
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-24 22:46 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)

ボンドでいいんでない?

ここ近年愛用のサンダルはこれです.
d0106518_132416.jpg
Birkenstock の Arizona というサンダルのアッパーが本革のバージョン.で,これのソール側面はコルクなのですが,表面がコーティングされていて水を吸わないようになっているものの,履いているといろいろぶつかったりもしますから,このコーティングが剥がれてくるんですね.そんな状態で水が付くと劣化が進んでしまいます.そこで出てくるのが,Korkpflege,日本ではコルクケアと呼ばれているコーティング剤です.これを時々コルク面(側面)に塗っておくと,ソールが長持ちするそうです.
d0106518_1451758.jpg
私のも塗りたいなと思っていたのですが,なかなか買う機会がなかったところ,今日偶然ビルケンのお店の前を通ったので買ってきたのでした.

ところが中を見ると,どう見ても木工用ボンドです.
d0106518_147658.jpg
多分,これを薄くのばして塗れば,純正のコルクケアと同じになるんじゃないかと.....(もちろんやってみる方は自己責任でお願いします)
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-24 01:45 | 徒然話 | Comments(0)

【Roadster】タイヤ交換

今夏車検時期を迎える Roadster ですが,タイヤにスリップサインが出てきてしまったので交換することにしました.妻曰く雨の日はケツが出ると.....苦笑 デフォルトでは 195/50R15 というサイズですが,それほど選択肢があるわけでもないので,今回はこれにしてみました.
d0106518_0212044.jpg
エコ振りラインナップが充実している昨今では,東洋タイヤの DRB というちょいスポーツ寄りに振った感じのモデルです.値段も安いし.最初にはいてたのは Michelin Pilot Sport (45000km位もったはず),次が Dunlop Direzza DZ101 (30000kmで交換) でしたが,のんびりいくわけですし,車齢もありますから,このくらいでいいかなと.ただし一応日本製にこだわってみました.笑

ところで先月からバイク2台に今回とすっかりタイヤ交換月間となってしまっています.偶然とはいえ,これだけ重なると結構大変ですね.
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-24 00:31 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
xcode は入れてあるのですが,Lion にしてから shell からの gcc が通らなくなりました.ありゃ?と思って,xcode の preference > Downloads を見たら,Components の一番下の Command Line Tools が未インストールになっていました.
d0106518_1869.jpg
ここの Install ボタンを押してインストールしたら,無事ターミナルから gcc が通るようになりました.ちょっとした小物しか作らないので,基本コマンドラインで済ませていたのですが,通らなくなってびっくりです.世間一般ではこういう使い方をする方が珍しい存在になってしまったのでしょうか??
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-22 01:08 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(2)

ボールペン

日本のボールペンは優秀で途中で出なくなることはあまりないのですが,それでもたまに書けなくなるときがあって,そういうときはペン立てに戻さず,即ゴミ箱へ pitch in します.苦笑 インクが出ないボールペンほどいらいらするものはないですからね.思考が中断されるのが嫌なのです.

一方アメリカで使っていたボールペン(BICのダース買い round stic)はボールが大きく太字でぬらぬら書け(万年筆の形容)結構好みでした.
d0106518_21383594.jpg
ただしボール部分の品質が日本ほどではないようで,いくら気に入ってもインクが無くなるまで書けた試しがありません.苦笑 ボールが大きいほど書けなくなる頻度は低くなるはずなのですが.


で,思いました.日本のボールペンで太字があったらいいのではないかと.ただ,あまり多くないんですよね.漢字が英字に比べて複雑な為ではないかと思います.太いと字が潰れてしまいますからね.でも私は小さい字はほとんど書かないので(だからノートも UL 罫,それもはみ出してて罫線の意味がない.笑)太字の日本のボールペンが欲しいなと思っていました.

そんなある日,文房具屋さんでこんなボールペンを発見.
d0106518_21232982.jpg
PILOT SUPER-GP 1.6

パイロット スーパーグリップ 超極太 1.6 mm です.いやぁ,これはいいです.ぬらぬら加減は若干アメリカのボールペンとは違いますが,それでも十分快適です.これでインクが無くなるまで切れずに書けたら,うちの制式ボールペンに採用しようと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-19 23:29 | 工具・道具 | Comments(0)
トラ技Jr. という小冊子がトラ技のおまけに付いていますが,みなさん読んでいますか?うちには若者に配布するようにと送られてくるのですが,結構おもしろい話もあります.儂らにゃジュニアの時代なぞ遙か彼方じゃ,なんて言わずにトラ技読者の方は読んでみませんか.

ちなみに今回の記事の中にこんな問題がありました.持っている方は p.32 を開いてください.表題は「抵抗立方体の抵抗値を求めよ」というものです.
d0106518_1375570.jpg

問題:抵抗立方体の A と B の間の抵抗値を求めなさい.

記事では「同電位の点どうしはショートしてもよい」ということを使って,節点 1,2,3 の箇所と,4,5,6 の箇所をぞれぞれ結んで,以下のような等価回路に変形しています.
d0106518_138960.jpg

あ,この図の 023 というのは,123 の typo ですね.でも形はこれでよいでしょう.すると,3パラと6パラと3パラの3直になるので簡単に求められるという話ですね.

これは電気系学科の低学年時に習う電気回路の最初の方に出てくるような問題ですが,なるほどなぁと思いますよね.実際の回路で使うかは分かりませんが,試験問題としては出しやすい,頭の体操みたいな問題です.hi

では記事とは別なアプローチ,回路の対称性から電流ベースで考える方法も簡単です.まず節点Aに電流 I が入ります.
d0106518_1254226.jpg
節点 A から B を見たとき,ここから分かれている三つの経路は対称ですから,電流は3等分されます.
d0106518_1264571.jpg
すると,右の節点 C には A からの電流 I /3 が入りますが,ここから出て行く二つの経路も B を見たとき対称ですから,2等分されます.
d0106518_128548.jpg
今度は下の節点 E に注目しますと,ここには上の節点 C からの I /6 と,左の節点 D からの電流が入ります.D は C と A, B からみて対称なので,同じ電流が流れていますから左からも I /6 が流れ込みます.
d0106518_1315395.jpg

よって B の方に流れ出す電流はこれらの和である I /3 になります.

というわけで,着目した経路を流れる電流は以下の図のようになります.
d0106518_1323048.jpg
各辺(稜)にかかる電圧は,一辺の抵抗がそれぞれ R ですから,下図のように,B から E を見た電位は RI /3,E から C を見ると RI /6,C から A を見ると RI /3となるので,B から A を見た電位差はこれらの和で 5RI /6 となり,これを回路を通る電流 I で除した 5R /6 が合成抵抗となるわけです.
d0106518_137234.jpg
もちろん記事と同じ結論です.同電位の点をつなぐ作戦はどうもだまされてる気がするという人でも,この考え方なら仮定がないので納得できるのではないでしょうか?
【蛇足】トラ技 Jr. の記事は,ほんとかな?じゃあやってみよう,というストーリーなので,前者のアプローチになったのだと思います.従ってどちらが正しいということはなく,どちらの考え方も適材適所,自在に出るようにしましょう>学生のみなさん
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-18 01:49 | 徒然話 | Comments(2)

QST digital

QST 7月号の Digital 版が出たというメールが来ました(会員宛のML).早速 DL して PDF に変換です.
d0106518_23393787.jpg
本誌の方はまだ届いていませんが,自分で電子化しなくて良いので楽ですね.紙版は持ち出し用として使えますし.ちなみに Dayton レポートが載っていました.興味深く読んでおります.

あと CQ も新しいのが届いてました.まだ中身はぱらっとしか読んでいませんが,こちらもデイトンレポートが載ってるみたいですね.ちなみに,もったいなくて(笑)寝る前に少しずつ読んだ Made by Hand が読み終わってしまったので,こちらは寝付き薬(笑)代わりにベッドサイドです.
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-17 23:57 | 徒然話 | Comments(0)

ちょっと e かな?

我々の業界(電波関係)では e といえば,exp(-jkr) みたいな形でよく出てきます.が,このような e は回転する単位ベクトルと認識していて,2.718(ネイピア数,自然対数の底)を思い出すことは多くないように思います.(別物だと思っていても問題ないくらいに 2.718 が出てくることは多分ない?)

ではちょっと電卓片手に計算してみましょうか.まずは単純な計算で, 1 [ex] (e1 を RPN で計算した)です.はい,2.718 と出てきました.

が,直球過ぎてつまらないので他の計算もしてみます.この電卓だとそのままだと虚数の計算が出来ないみたいなので,まずオイラーの公式を示しましょう.



e そのものを求めたいわけですから,



となるよう,すなわち



を右辺に代入すれば良いわけです.よって



となりますが,さっき書いたとおり虚数を入れられないので,ここで以下の変換式で双曲線正余弦関数に変換して虚数を外します.





これより



これなら虚数を電卓に入れなくて済みますね.で,ぽちぽちっと...

cosh(-1) = 1.543
sinh(-1) = -1.175

となって,e = 2.718 と計算できました.

と,ここまで計算してようやく電卓の i というボタンを発見.おぉ,虚数単位と言えば j という世界にどっぷり浸かりすぎて,i が見えなくなっていました.苦笑 じゃあ,素直に



を計算ですね.

i [+/-] 1 [cos] i [+/-] 1 [sin] [i] × +

おぉ,2.718 です.って驚く話じゃないけど.....まあ,単なる TeX の練習でした.笑
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-15 01:07 | 徒然話 | Comments(3)
うちのガレージサーバーは大分前に G4Cube から mac mini になりました.
d0106518_23201343.jpg
大分前というだけあって,今の薄いのではなく,光学ドライブが乗っていた時代の mini の光学ドライブ無し版です.これが実は大分前におかしくなったので,そのまま放置してあったのですが(ガレージなので冬は寒く夏は暑い)いよいよ OS を再インストールして構成し直すことにしました.まず 10.6 を入れてから Lion server にしようという魂胆.でも Lion server では ftp が省略されているとか言う話ですし,mountain lion の影も見えてきている今日,とりあえず進化は保留して,10.6.8 で暫定的に構成しました.

外部と内部の両方からアクセスしたいので,設定にちょっと手間取りました.一番最後まで引きずっていたトラブルはファイアウォールの設定が1カ所間違ってたために,うまくいかなかったみたいです.それまであーでもない,こーでもないと,いろいろ試行錯誤してしまいました.バーチャルドメインも使っていますが,そのうちの一つがなぜか通らないという問題があったりしましたが,それも DNS の設定が画面ではうまくいってるようで,実はいってなかったようで,一度クリアして書き直して動き始めたり.まあこの辺はリフレッシュのタイミングもあるので,結局なんだったのか分かりませんが,今でもちょっと変なところは残っているのですが,とりあえず動くようになったので良しとします.

なんでいきなり思い立ったように作業したかというと,実は me.com のホスティングサービスが6月末で終了するらしく,そのコンテンツを移すのに急いで自宅サーバを復旧させたかったのでした.それに blog もいつまでもあるか分からないので,将来的には移すことも考えないとなぁというのもあります.まあ素人なうちにあるより,プロな外に置いた方が信頼性は高いかも知れませんが.笑
[PR]
by jq1ocr | 2012-06-14 23:38 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)