アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

デジマチック帰朝

逆輸入ノギス着弾.
d0106518_18292656.jpg
見た目は普通かな?
d0106518_18293859.jpg
プラスチックケース入り.で,開けてみると...
d0106518_18295651.jpg
普通に英語・日本語併記の検査成績書が出てきました.電池は SR44 ですね.
d0106518_1831721.jpg
Mitsutoyo って書いてあるぞ.もったいなくて開封できない.笑
d0106518_18314745.jpg
さび止めの紙(変な臭いがする)と一緒にビニール袋に密封されています.さっそく使ってみようと思いますが,さっきの電池はもったいないので,秋月 A76 (LR44) を使ってみましょう.
d0106518_18322383.jpg
ん?これは何の表示?
d0106518_1833361.jpg
なんか点滅してますが,電池の所為じゃないですよねぇ.ボタンをポチポチ押しても無反応なので仕方ありません.ノギスごときで取説を見なければならないとは....すると,電池を入れた直後は Origin の設定が必要だそうです.全閉にした状態で Origin ボタンを1秒以上押すとその設定が完了します.早速インチにしてみると...
d0106518_18345174.jpg
おぉ,でた(当たり前)

ちなみに思いっきり高速でスライドさせてもちゃんとついてきますし,もどすとちゃんと0になります.不安要素がありません.使って安心できるのはやっぱりミツトヨですね.
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-30 18:30 | 工具・道具 | Comments(0)

二重課税か?

海外通販物件を track すると昨日から税関で引っかかってるようです.
d0106518_22314369.png
2回出ることはよくあってたいてい課税されますが,3回出たことはあったかなぁ.もしや二重課税?苦笑 平均16時間で通関すると何かで見た気がしますが,丸二日になっちゃいますねぇ.
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-26 22:30 | 徒然話 | Comments(0)

インチノギス

インチで測りたいものが結構あるのですが,まっとうなノギスはインチ表示が出来ません.というのも,日本国内では販売や販売目的での陳列がなんと計量法で禁止されているからです(ただし経済産業大臣の承認を受ければ可能ですし,所持は問題ありません).もちろんそんなことお構いなしに隣国産とおぼしき安物が売られていますが,残念なことにまっとうな物が無いのです.

というわけで,ノギスと言えばミツトヨですが国内ではインチ表示は買えません.でもやっぱりノギスと言えばミツトヨしかないですよね.というわけで,アメリカに注文しちゃいました.
d0106518_21465816.jpg

デジマチック...もとい Digimatic.笑 インクリメント(ゼロ点(origin)を任意の所に設定する)の必要があるのでディジタルが良かったのでした.また 1/1000 inch 単位が欲しかったのですが,これは普通のアナログでは出せない精度です.それに表示だけならその下まで出てきます.もちろん mm/inch の切り替えはできますので,普段使いも出来ます.円安に傾いていますが,今のところは値段も国内で買うのと送料含めてもあまり変わらないか,かえって安いくらいなので良かったかなと思います.
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-23 22:00 | 工具・道具 | Comments(0)
仕事用 Mac Pro の HDD を交換したので,ついでに居間ック(居間の iMac)のも交換してみることにしました.時代は SSD かも知れませんが,個人的にはまだ HDD の方が信頼できると思っていて,とりあえず今回は普通に HDD を交換です.

デフォルトでは 1GB ですが,今回は TOSHIBA MD04ACA300 (3GB) に交換です.これを選んだのは単に店員さんに勧められたからで値段もお手頃(10k以下)だったためです.

いつもは新しい HDD に入れ替えるときは OS からクリーンインストールして全部やりなおすのですが,最近はネットワーク経由でアクティベートするアプリもあって,ライセンスの開放を行ってからでないとトラブるかも知れません.そこで新しい HDD の古い方の内容をごっそりコピーしてから HDD の入れ替えを行うことにしました.

まず新しい HDD を USB で接続します.私が今回使ったのは玄人志向のHDDケースです.
d0106518_15181090.jpg
USB3.0 3.5型 SATA接続 HDD GW3.5AA-SUP3/MB

お役御免になったらレグザで使おうと思ったので,あまりちゃちな外見だと嫌だと思ったのと,値段が手頃だったからというだけで特にこれで無ければならなかったわけではありません.

接続したら復旧システムから起動します.(【やりかた】再起動中に「command」キーを押しながら「R」キーを押し,両方とも押したまま待つ)その後ディスクユーティリティを起動し,HFS+ で USB HDD をフォーマット,そして「復元」で現行ドライブから新ドライブへ復元(丸ごとコピーになる)を行います.

ちょっと時間がかかると思いますが,それが終わったら起動ディスクを USB HDD に指定して起動してみましょう.まあ普通に使えると思います.ただし,デスクトップに出てくるアイコンや名前がまるっきり同じなので紛らわしいですね.笑
d0106518_1529378.jpg

さて,次は iMac の分解です.これは youtube などで動画があるのでそれを見ればよいと思いますが,専用の高価なツールを買う必要は無いと思います.私はプラスチック製のスクレーパーを使いました.こんなやつです.
d0106518_15315637.jpg
SK11 カーボンスクレーパー 65mm

これを端っこからガシッと差し込んで1cmくらい刃先が潜るようにしながら,左右と上をばりばりしていきます.
d0106518_15212320.jpg

シールをはがせたらモニタの上を手間に持ってくるようにして画面を外しますが,ケーブルがついたままだとドライバが入るほどは開けられません.
d0106518_15354717.jpg

なので,ケーブルをはずします.2本ありまして左は金具が見えるのですぐはずれます.右は線が切れない程度の強さでまっすぐ上に引っ張って外します.線がとれたら外せます.
d0106518_15361462.jpg
HDDは左右から金具で固定されていますが,右側の下は基板と共締めになっているのと,左の方がスペースがとれてアクセスしやすいので,左からアプローチします.が,その左のキャビティが邪魔なので外します.T10のトルクスです.
d0106518_15392688.jpg
上と...
d0106518_1539412.jpg
下にあります.これは左側に傾けられれば HDD にアクセスできるので,完全に外す必要はありません.ここも T10 です.
d0106518_15404947.jpg
上下に2本あります.HDD はダボではまっているだけなので左がとれれば右は外さなくてOKです.
d0106518_15415335.jpg
はい,とれました.新旧ドライブのご対面です.
d0106518_1543479.jpg
ドライブ固定金具にゴムのグロメットがついていて,HDD にダボがついてはまっているので,左右計4本のダボを外します.(T8 or T9)
d0106518_15432764.jpg

それを新しいドライブに移植し,元の通り取り付けます.
d0106518_15455549.jpg

で,内部は完成.
d0106518_15462954.jpg
トラブったときはまた分解するので,上辺だけ前のテープをはがしてから新しい両面テープを貼って戻しました.(もちろん外したディスプレイケーブルも忘れずに.笑)
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-23 16:00 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)
イギリス物が作業対象に入ってくると使われているネジがプラス(フィリップス)のようでプラスで無い,ポジドライブというものだったりします.緊急避難的にはプラスでも回せなくは無いのですが,プラスのネジの溝が奥に行くに従って細くなっていく形状になっているのに対し,ポジドライブは平行なため,やはりポジドライブにはポジドライバーを使わなければなりません.ちなみにポジドライブはプラスよりもカムアウトしにくい利点があります.ポジもセットに入った安ビットは持っていますが,やはり普通の柄付きの方が使いやすいので買ってきました.
d0106518_23222532.jpg
もちろんスイスグリップです.臭わないですからね.笑 お尻が緑なのでプラスとの区別がすぐ付くようになっています.ちなみにプラスは黄色です.
d0106518_23234175.png
左がプラス,右がポジドライブ.とりあえずは一番出番の多い2番を買っておきました.今後ワークの種類が増えて必要になったら少しずつ揃えていこうと思いますが,あとは1,3くらいかな?
【追記】英国工業界の友人に聞いてみたところ,すでにポジドライブは使われなくなってきているそうです.トルクスやキャップボルトに置き換えられているそうで,ドライバを買い足すのは止めようと思いました.苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-18 23:00 | 工具・道具 | Comments(0)

なんだっけ

部品箱をあさっていたら出てきたダイオードの袋.
d0106518_148263.jpg
左がそうです. 10 300円と書かれています.なんだったかなぁ,これ.何となく 10mA の CRD のような気がします.右が同等と思われる 10mA の CRD で E-103 です.(5本150円)

こんなときに出てくるのが半導体アナライザ DCA75.
私:「アナライザ様,これはいったいなんでしょう?」
アナライザ:「ピピッ」
d0106518_14105685.jpg
アナライザ:「コレハ,ツェナーダイオードデス」(本当はしゃべりませんよ.笑)

え?ツェナーですか?確かに表示はこうなっています.
Zener diode
Red-K Blue-A
VR=1.503V at 5.00mA
うーん,おかしいですね.では素性の分かっている(袋にちゃんと書いてある)E-103 を測ってみましょう.
d0106518_1413586.jpg
Zener diode
Red-K Blue-A
VR=1.365V at 5.00mA
あれ?CRD とは判定されないんだ.なるほど,少なくとも今のファームウェアでは CRD の識別は出来ないようです.

もうちょっと特性を見ないと分からないので,ゴミパソ...じゃなくて Windows のラップトップを引き出してきてつないでみます.
d0106518_14143019.png

ちょっと見にくいかも知れませんが,赤いのが forward,緑等が reverse です.ん?どうもツェナーと識別されると,アノードとカソードが逆に設定されるみたいですね.とりあえず赤いのは関係ないのですが,E-103 が三本有るので全部書かせてみましょう.
d0106518_14165830.png
9.0-9.8mA 位の間で個体差があります.おまけに安定するには 4V くらい必要なようです.

なんだか分からなかった袋の方も測ってみましょう.
d0106518_14184556.png
E-103 よりも更にばらつきがあります.8mA と 10mA が混ざってる感じですねぇ.

ところで CRD の I-VR 特性をみると,確かに降伏電圧が低くて,ツェナーのように見えなくはないですね.CRD と識別するためには I-VF を見る必要があると思いますが,VF をかなりかけないと判定できないので,内部電圧が 12V までな DCA75 だと難しいという感じでしょうか.(実際は直列に抵抗が入るので12Vまでは掛けられない)

しかし,ツェナーと判断されると,アノードとカソードが逆に表示されるというのも気持ち悪いのですが,そんなもんなんでしょうかねぇ.
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-18 22:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

CQ 12月号

d0106518_23312645.jpg

大見出しがアマチュア無線債入門なのでカムバックを考えている元ハムに向けての記事が充実してますが,私が注目したのは,人工衛星の「しんえん2」のページ.ハムとして楽しめる話ではないかと.実はやろうとしていることがあって,それに近いので他の文献も探しつつ参考にしたいと思います.あとはいつものようにあんな人やこんな人(謎)が載ってました.笑
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-15 23:30 | 徒然話 | Comments(4)
在米時はそこに永遠に住むわけでもないと,工具は一時使用と割り切って Craftsman 等の安工具を使っていました.もちろんサイズのあるものはインチです.帰朝するとインチは出番がないので(持って帰ってきた分もほとんどどこにあるか分からなくなった.苦笑),メトリックで自分から見れば一生モノの工具をそろえていきましたが,最近インチの出番がちょこちょこ出てくるようになりました.というのも,アメリカ製の機械装置を扱うことが多くなってきたのです.アジャスタブルでお茶を濁してきたのですが,例えば品質のそれほど良くない六角ネジを slot (マイナスドライバ)で回すと失敗もありますし,インチネジは入手容易な種類が多くないので傷めたくありません.そこで一番出番が多いのから順に少しずつインチをそろえていくことにしました.

第1弾は数も多く一番困っていた 1/4" です.スナップオンのソケットは短いのから shallow, semi-deep, deep の三種類があります.私は一番最初に deep で揃えて(metric),そのあと短くないと入らない場所の作業が増えたため shallow を揃えました.semi-deep は今の私の使い方だと中途半端な感じがするのですが.あえて metric で持っていないサイズにすることで見分けがつけやすくなるのではないかと考えました.というわけで,これからどれくらい増えていくかは需要次第ではありますが,とりあえずインチは semi-deep を採用することにしました.
d0106518_16122940.jpg
FDS081, Socket, Semi-Deep, 1/4", 12-Point

ところで帰ってきて比べると微妙に色が違います.
d0106518_161435100.jpg

ただでさえ分かりにくいのに写真だともっと分かりにくいかな.一番右が 2013 年製,真ん中が 1984年製です.左が今回入手したインチの semi-deep です(1997年製).右の新しいのは黒っぽいですよね.これは新メッキ(三価クロム)で,真ん中と左が旧メッキ(六価クロム)ではないかと.白い方が好きなのでラッキーでした.
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-15 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
恐竜でもどこぞの神様でも無いですよ.笑 妻にキャラ秤(宝石の重さ Carat を計る)をプレゼントしたのです.
d0106518_071956.jpg
ザルトリウスのカラット天秤で,ディスコンになったモデルの流通在庫です.hi 後継機種は大きいので,こっちのほうがよいのでした.コンパクトでも取引・証明に使えるので,いつか役に立つかなぁと.最小表示は 0.001 ct か 0.001 g ですが,0.001 ct = 0.2 mg なので,表示は Carat のほうが細かくはかれるのですね.へ〜

ちなみに私が持っているものは grain (gr) といって主に火薬の重さを量るのに使われる単位が gram 以外に表示できるのですが,それが 0.1gr 単位なのです.これも gram 表示だと 0.1g が最小なので,グレイン表示の方が細かく出せます.(0.1 gr = 6.4mg) Carat に比べて計算が面倒だから使いませんけどね.笑

そういえば最近のノギスはインチ表示しなくなりましたね.ディジタル表示のだと以前は切り替えがありましたが,計量法の絡みだそうで.....たまに設計でインチが使われていることがあって,表示だけでもしてくれたら楽なんですけどね〜.(アメリカとかで買えば良いか)
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-14 00:05 | 工具・道具 | Comments(0)

太平洋横断鉄道

ネットニュースで見た話題なのですが,どうやら東京発ニューヨーク行きの太平洋横断鉄道が出たらしいです.
d0106518_22372759.jpg
原典はこちら

いつかこんな時代が来るんですかね?鉄道と飛行機がシームレスにつながれば,こういうことも普通なのでしょうが,今のところは....という感じ.なかなか想像できないかも知れませんが,惑星間になったら逆に身近な銀河鉄道999ですね.笑
[PR]
by jq1ocr | 2014-11-11 22:40 | 徒然話 | Comments(0)