アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

鉛筆にこだわる

筆記用具で一番使うのが実はボールペン,次いで万年筆な私.でも思考の道具としては鉛筆を使うこともあります.やはり滑らかさ,均質さは重要な要素です.カリッと引っ掛かりがあろうものなら,即ゴミ箱行き.で,今回買ってみたのがこの三種.
d0106518_14352830.jpg

Faber-Castell 9000


d0106518_1437649.gif

Staedtler Mars Lumograph


d0106518_1437576.jpg

三菱鉛筆 Hi-uni


見た目で言うと Faber-Castell の表面はあまりキレイに見えませんが,環境問題に配慮して水性塗料を使っているそうです.木の材質は三菱とStaedtlerは似ていて緻密で削りやすい.Faber-Castellはちょっとささくれ立つタイプ.この部分はあまり好みではありません.でもまあ使い心地には直接は関係ないです.比較のためすべてHBを書いた感じでいうと,三菱のやわらかさが際立っています.しかし他者が堅いかといえば,そこまでは言えません.どちらもしなやかさがあります.結局どれが一番良いというのは難しく,ここまで品質が高ければ好みの問題ですね.減りは Faber-Castell がもっとも少ないように思います.逆に Hi-uni が一番減りが早いです.でもこの柔らかさは魅力的.ブラインドテストすると Staedtler は Faber-Castell に近い書き心地なのですが,濃淡が出やすい傾向にあるように感じます.しばらく書いてみた感じでは,

1. Faber-Castell 9000
2. 三菱鉛筆 Hi-uni
3. Staedtler Mars Lumograph

かなと.でもどれもいい鉛筆ですよ.設計の方向性が三菱と他の二者では異なるかも知れないので,用途に合わせて選ぶのがよいかと思います.例えば欧文の筆記体とか線分とかは Faber-Castell のほうがよいし,漢字を少し大きめに書くなら Hi-uni の方が良いです.私の用途では上記のランキングにしましたが,和文メインの人なら,三菱が1番にくるのではないかと思います.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-05-05 22:53 | 工具・道具 | Comments(0)

レジ袋

TVを見ているとレジ袋の話をやってました.レジ袋といえば,もろもろの節約に関してやり玉にあげられていますが実際の環境負荷はどの程度なのでしょうか.ある試算によるとレジ袋の生産量は年間300億枚,一人あたり概ね年間300枚平均らしいです.で,平均的には一枚作るのに原油を18.3ml使うというので,一人あたり年間5.5L程度の原油が必要になります.これをもったいないと見るか,必要経費と見るかはいろいろあるでしょう.でもせめてゴミ袋として再利用(reuse)するなり,可能であれば手持ちの別の袋に入れてもらうなり(reduce)する必要はあるでしょうね.でもゴミ袋にする人が多いことが有料化の原因になっているというのが分かりません.わざわざゴミ袋を買うより,可能であればレジ袋を使ったほうがいいと思うのですが....ちなみに米国に住んでいたときは,レジで "paper or plastic?"(紙袋にする?それともビニール袋?)と聞かれることがよくありました.ビニール袋にしてもらったとしても,米国の平均的なレジ袋は非常に薄いので," double bag"(二枚重ね)してもらわないと,まともに使えません.紙袋もただで作れるわけではありませんが,環境負荷的にはどっちが正解なんでしょうね?
d0106518_223963.gif

北海道新聞解説記事より

[PR]
# by jq1ocr | 2007-05-05 02:02 | 徒然話 | Comments(0)

Elecraft K3 発表

某所で話題になっていた K3 が Elecraft 社から正式に発表されました.
d0106518_0255859.jpg

Elecraft 社は良質なKitで定評のある米国の会社ですが,今回の製品はちょっと趣が違います.いわゆる普通に市販されている無線機をキット化したような感じになっており,組み立てにハンダ付けが不要となっています.PC組み立てみたいな感じでモジュールを組み合わせるようになっているようです.それもしたくない人には Factory Assembled というオプションもあります.笑 価格は100W機の基本モデル(キット)が $1749.これにATU $259,サブレシーバ $539 を付けると $2547 となります.受信はIFからDSPですが,クリスタルフィルタがいくつか選択でき,一つ$79から$120です.DSP側でなんとか出来ないのかなとは思いますが,まだそこまで出来ないのかな.特にアマチュア無線は混みあってますからね.でもDSPのソフトは日進月歩で進化してゆきます.インターネットでアップデータを入手できるのも今風ですね.これでHF-6mまで使えます.大きさは10x25x25cm,重さは3.6kgといったところです.今風じゃないなと思うところは,バックパネルのI/FにRS232がついてるところでしょうか.USBが標準じゃないというところが今風ユーザー(特に私はマックユーザー.RS232なんてレガシーデバイスついてない.笑)にはどうかと思います.もちろんUSBも使えるアダプタはオプションでありますが.如何にもエンジニアが作りましたって感じを受けます.笑 Elecraft 社は,この製品は他社の$4000から$12000の製品に匹敵する性能を持っていると言っています.あきらかに従来の Elecraft ユーザーではない別の層を狙っているのでしょう.その証拠に Factory Assembled かモジュールキットという option (選択肢)を用意しています.まあ表面実装部品をキットで使うのも困難ですが.で,本当に性能がよいのであれば,日本のメーカーももうちょっとがんばらないと,いずれだんだん持っていかれてしまうでしょう.もうちょっとデザインが洗練されてくると危険信号点滅です.ただでさえ国内のアマチュアは減っているのですからね.

【独り言】某K社,昔はあこがれだったけど,箱が白から茶色になったころから斜陽を感じてきたのは私だけではないですよね.思えば中国にもっていったくらいからおかしくなったような.物欲がかき立てられませんね.値段の問題じゃないです.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-05-02 00:46 | 徒然話 | Comments(0)

ALL JA コンテスト

4/28から29にかけて行われる ALL JA ですが諸事情(よく考えると個人的な事情など読んでもらっても意味がないので編集.196字削除 hi)により板橋から10分くらいQRVしました.車載には FT-100 を使っていますが,土手のすぐ横で路駐しているので,お手軽にATAS-100でQRVです.7MHz は聞こえます.でも呼んでも取ってもらえません.3.5MHz はがらがらだなぁという印象(聞こえてないだけです).聞こえる局を呼んでもやはり取ってもらえません.仕方ないので,6mにチューニングして聞こえてくる局を何局か呼びました.ローカルの7L1FFHは山に登っているようですが,土手の下から出ているので弱くてナンバー交換くらいしか出来ませんでした.7局交信したところで,土手の内側の河川敷きでやっている凧揚げ大会で凧をあげることになりQRT. ALL JA では運用場所を変えてはいけないので終了となりました.

7 局 x 4 マルチ = 28 点

次は6Dか,はたまた All Asian か.細々出ようと思ってます.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-29 22:48 | コンテスト・移動運用 | Comments(2)

工具箱紹介・ガレージ編

ガレージにおいてある工具箱の中身を紹介します.主にクルマ,バイク,自転車など機械系をいじるのに使います.
d0106518_1024443.jpg

まず上は一段目.ハンマーや掴みモノなど雑多なものが入ってます.クニペックスやバーコが多いです.テスタは渡米用に買った海瀬.コンパクトでDC電圧を見るくらいなら十分です.

d0106518_10283099.jpg

二段目はソケット関連です.ほぼ Snap-on ですが,プラグ用には Nepros を使ってます.ソケットはディープを基本とし,ほぼそれで問題ないのですが,たまにシャローが欲しいという場所があって導入を検討中です.

d0106518_11315845.jpg

三段目はレンチ類です. Snap-on のスタンダードレンチ(メガネとオープンエンド)とメガネが少々.それに工具道にはまるきっかけとなったモンキとPBのボールポイントヘックス(mm)に使用頻度の低い(数年に一回?)インチにはボンダスの安いのを用意してあります.

大きくて箱に入らなかったり,仕掛かり品に使われていて写ってない工具もありますが,大体こんなところです.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-29 11:42 | 工具・道具 | Comments(0)
ご存知の方も多いですが,PBのクラシックとマルチクラフトは臭いんです.密閉された工具箱だと次に開けたときもん絶します.で,私はこんな風に置いてます.
d0106518_1020295.jpg

こんな感じに工具箱の横のカゴにいれます.こうすると,密閉状態ではないので,臭いも気になりません.クラシックやマルチクラフトは使いやすいのですが,密閉される場所に置くなら,新しいスイスグリップ(透明ではないグリップ.これは臭わない)がいいと思います.私は既にドライバは作業場所別に数セットはもっているので,新しいスイスグリップを買い足すのもあまり意味がなく....今のが消耗したり壊れない限り買わないだろうなぁ.苦笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-28 10:23 | 工具・道具 | Comments(0)

QSL整理法

私のQSL整理法ですが,紙ログ派なので結構面倒です.

(1)JARLから届いたものを日付順,時間順にソートします.
(2)ログで確認してチェック印を入れます.
(3)コールサイン順(JA1, JH1, JR1, JE1, JF1,.....,7N4,JA2,.....)にソートします.DXはカントリー(エンティティ)順です.
(4)QSLカードのボックスに収納します.

JCC, JCG, AJA, DXCC のチェックは(2)と(3)の間に行いますが,ここの作業は現在電子化中です.ただエクセルは過去にファイルが壊れた経験があって,常にCSVでのバックアップも取ったりしています.マック用の良いソフトがあれば,併用したいなとは思ってます.

昨日届いたカードをチャットしながら step(1) まで整理しました.(2)はいつになることやら.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-27 23:45 | 徒然話 | Comments(0)

今回のQSL

このところ(ゆうに十年以上)ろくに無線をやってなかったので,QSLも最大数十枚,普通の封筒で来てましたが,今回は百枚を超え,ちょっと大きくなりました.支部レベルのコンテストにちょこっとでたからかな〜.主に東京UHFと,過去の分がぼちぼち入ってました.
d0106518_081180.jpg

大昔に一生懸命無線をやっていたころは郵便小包で来たことがありますが,今は時代でしょうか佐川急便です.郵便より安いのでしょうね.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-27 00:11 | 徒然話 | Comments(0)

選挙運動

日曜に選挙があるので,最近毎日選挙カーがうちの前を通ります.名前の連呼に何の意味があるのかと不思議に思っていたのですが,実は公職選挙法でそう決められているそうで....他候補の誹謗中傷になるようなことになるくらいなら,最初から名前だけにしろということだそうです.苦笑

で,昨日アレな人がいました.

「****はあと二日間,全力で戦い抜いて参ります」

この人の戦いは選挙日で終わるわけですね.苦笑 確かに選挙で当選しなければ議員としては死活問題で,彼本人にとってはここが正念場なのでしょうが,有権者からすれば,当選して議員として在職している間,すなわち選挙が終わってからこそが戦場であるべきなので,かなりがっかりしてしまったのでした.実はこの候補が自分には一番近い人だったので投票しようと思っていたのですが残念.宗教系もどうかと思うし,言ってることがぱっと見まともなあの人は赤っぽいし....なんかこうパンチの効いた,この人しかないよっていう人がいないものですかねぇ.知事選も同じ印象でしたけど.苦笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-21 10:40 | 徒然話 | Comments(0)

工具道にはまるきっかけ

以前は工具は持ってさえいればいい,ある程度以上の品質のものならどれも同じだろう,という考えでした.ですが,あるとき以降こだわりを持って選ぶようになり,おまけに工具自体が目的となってしまう,本末転倒な趣味,工具道にはまることになりました.そのきっかけとなったのが,これ.スナップオンのモンキレンチです.
d0106518_0483481.jpg


十年ほど前の話になります.当時一人暮らしを始めたばかりだったのですが,家のトイレのパイプが緩んで水漏れ(running)を起こしてしまいました.もちろん人任せにしてもよいのですが,どうすれば直るか分かっているのに人を呼ぶのも癪な話です.しかし一人暮らしを始めたばかりで,工具も手元にありません.父は技術者でしたので,実家にはたくさんの工具があり,自分で揃える必要がなかったため自分で買った工具はほとんどありませんでした.で,ひょんなことから東急ハンズで工具を見ているときに,うっかりこのスナップオンのモンキレンチを選んでしまったのです.

仕上げがキレイでナットを傷める心配も無い構造にびっくりしました.私の知っているモンキレンチはもっと作りががさつで,メッキのナットに使ったら間違いなく傷がつくだろうというようなものだったのです.で,良いものは良いと知って,これ以降,工具はこだわりを持って選ぶようになりました.実際はこの後渡米し,向こうではこだわるほど経済的余裕もなかったので,クラフツマンとか安いのを買ったこともありますが(日本では一種のブランド扱いでびっくりしました.笑),やっぱり良いものを使うべきとの結論に到達,帰国後は工具屋に足しげく通うことになったのであります.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-19 00:59 | 工具・道具 | Comments(0)

トルクレンチ

ボルトやネジは部品同士を押し付けることで固定する部品ですね.その押し付ける力を軸力といいます.部材やサイズなどによって必要となる軸力が違うのですが,軸力は一般に測定が困難なので,これに比例する締めつけトルクを管理することが一般に行われています.もちろん締めつけトルクと軸力が対応するのは同じ条件の時であって,例えばボルトにオイルを塗ったりすれば条件が異なります.よって整備する場合は標準的にどのような状態なのかを理解しておかなければなりません.(バイクなどだときれいなボルトに二硫化モリブデン系のグリスをちょっと付けた状態で組むことが多いかも)もちろんゴミなどが咬んでしまうと同じトルクでも全く軸力が変わってしまう(小さくなる)ので注意が必要です.

と,まあ余談はさておき,うちのトルクレンチです.
d0106518_039288.jpg

トーニチのトルクレンチ.日本製で結構定評のあるものです.写真のこれは,5Nmから25Nmまで対応します.小さいボルトなどに使います.あとは大きなボルトだと,20-100Nmに対応するスナップオンのトルクレンチもあります.
d0106518_1741516.jpg

スナップオンのトルクレンチの例


結構値段も張りますが,素人メカニックこそ,このような工具を使う必要があると考えます.熟練のプロは勘で対応できるのでしょうが,そうではなくて,トルクレンチをお持ちではない方は奮発するとよいかと思います.整備に対する安心が買えると思えば,それほど高価なものではないでしょう.

ちなみにスナップオンのトルクレンチは格好良いのですが,かなり高価(トーニチの倍くらい?)なのが欠点ですね.実はOEM供給元の某社のを直接買えば安いはずですので,スナップオンのネーム自体にはそれほど興味のない方はこちらをお買いになるとよいかと思います.というか,普通に日本製を選んでトーニチがよいでしょうね.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-19 00:42 | 工具・道具 | Comments(0)

ノギスといえば...

d0106518_0273442.jpg

ノギスといえば世界標準がこれ,ミツトヨです.最近国賊並の事件を起こした会社ですが,世界的にはそういう意味ではなくて普通に有名なんですよね.まあノギスを使わない人だと,なんだかよく知らない会社の起こした小さな事件だと思うかも知れませんけど.知ってる人には衝撃的だったのではないでしょうか.

写真のノギスは100mmモデルです.大きいのは職場にもあるし,自分が普段使うのには小さいのが欲しかったのですが,デジマチックは高いし,電池もいるので,通常タイプを買いました.ノギスといえば絶対ミツトヨだよなぁと思っていたのですが,あの事件のおかげでずいぶん悩みました.思えば技術者には罪は無く,今後は反省して良いものを作り続けて欲しいとの応援の意味も込めてミツトヨにしました.まあ「いや,許さん!」と言っても他に比肩するものがないのですが.苦笑 ミルキーみたいなもんですかね〜.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-19 00:33 | 工具・道具 | Comments(0)

キャブの調整

キャブを自分で調整しようとすると,やはりバランスを知る方法があればと思います.すなわちバキュームメータが必要になります.で,友人から勧められたのが,これ.
d0106518_0231748.jpg

キャブチューン2です.イギリスのメーカのアイディア商品です.水銀柱のように見える部分は実はステンレスの棒が上下に動くことで圧力を表示します.構造も簡単ですし,壊れる心配もほとんどないかと.これは4気筒まで対応するモデルですが,他に2気筒用もあります.しかし価格差があまりないし,今はバーチカルツインだけだけど,いつか3気筒とか4気筒に乗ることがあるかも知れないので,4気筒まで対応するこのモデルを購入しました.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-19 00:26 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
いや,見た目だけの問題なんですけど,以前交換したブレーキリザーバのネジを六角タイプに交換してみました.これなら一目見て「あれ?なんか違う」と分かりますね.
d0106518_020063.jpg

交換前のチタンネジ


d0106518_0203354.jpg

交換後のチタンキャップスクリュー

[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-19 00:21 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

計算尺の話

計算尺といっても若い人は知らない人も多いですが,かけ算やわり算ができるスライド定規みたいなものです.ヘンミ計算尺の説明では「a×b=c が成り立つとき、log a+log b=log c(a、bは正数)この対数の性質を利用して、すみやかに掛け算や割り算を行うことができるのはもちろんのこと、乗除計算をはじめとして、比例・平方・立方・三角関数・対数などに関する計算が簡単にできるよう工夫された科学器具です。」とあります.
d0106518_16321697.jpg

今でも特殊用途(医療系,公害関連計算など)の計算尺は作られていますが,元来頻繁に使われていた技術用途には電卓などの普及によりほとんど使われなくなってしまいました.しかし,現在でも無線従事者国家試験には持ち込みが可能(電卓はNG)なので,どうにか入手して持っている人も多いかも知れませんね.また計算尺自体に工芸品的な性格が見いだせるために,これのコレクターも世界中にいます.

さて,私の持っているのは3本,すべてヘンミです.コレクターではありませんので...hi 一つは 5 inch の一般用で,No. 74.これは電話級アマチュア無線技士を受けた中学生の時に試験に持ち込むために購入しました.次いで教材用として購入した 10 inch の No.256.高級電気通信用とされています.これはヘンミに残った見本を譲ってもらいました.あとは同じく教材用, No.260 の機械技術用です.いずれも竹にセルロイドコーティングされたものを使っています.この竹は狂いがでないように調質を行うため,製品に使えるまで,伐採から1年半程度はかかるそうです.現在は竹で作られた計算尺は製造されていませんが,使い心地は最高です.製作技術を伝えていくためにも,出来ればヘンミさんに頑張っていただきたいものです.

ちなみにデッドストックが文房具店にたまにあったりすると,ラッキーにも新品を入手できることもあります.是非見かけたら買いましょう.あと,これらの古い計算尺に使われているネジは「ひきもの」といって職人が手作りしたものだったりします.パーツ一つ一つに高い技術が用いられており,エンジニアを自認される方なら,普段使うことが無くても一つ手元に置いておきたいものの一つではないでしょうか.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-17 21:48 | 工具・道具 | Comments(0)