アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr
IC-910 を 20cm 位の高さから落としてしまい,ボリュームのシャンクが曲がってしまいました.面倒くさがってケーブルを差し込んだまま,機材を移動しようとしてしまったために,ひっかかって落っことしてしまったのです.冷静に丁寧に扱わないといけませんね〜.反省....
d0106518_1911351.jpg
曲がってしまった RIT/SHIFT のシャンク

多少見た目が悪いくらいだけなら,そのままにしておくのですが,このように曲がってしまうと,RIT につられて SHIFT も回ってしまい,いかにも具合が悪いです.そのため,この部品を交換することにしました.アイコムに問い合わせると,補修部品があるということなので,早速営業所に行って買ってきました.
d0106518_1924241.jpg
RV-316

部品名は RV-316 で税別500円です.フロントパネルユニットを外すとこんな感じです.
d0106518_1934253.jpg
フロントパネルユニットを裏から見る

パネル自体にマウントされているんですね.これはかなり分解しないと取れなそうです.で,どんどんばらしていきますが,ネジは混ざらないように気をつけましょう.分解するとこんな種類があります.
d0106518_1942472.jpg
使用されているネジにはいくつか種類がある

上からフロントパネルのサイド部分,フロントパネル基板,パネル(プラスチックと裏打ち金属)となっています.他に左のメインダイヤル関連のネジも別種類です.

ところで,フロントパネルのボタンって,黒とグレーがありますが,こんな風になってます.
d0106518_1963785.jpg
ボタンの成型

こんな多色の成型も可能なんですね〜.そういえばプラモデルもこんな感じに最初から色分けされているのが最近はあるらしいですから,このくらい余裕なのかな?さて,分解を続けまして,ここまでいくとようやく外せます.
d0106518_1983328.jpg
フロントパネルユニットを分解

そんなわけで,当該部品をはずしてみると,こんな感じです.
d0106518_1991430.jpg
外れたボリューム

で,購入した補修部品は基板がついてないので,ここから外して移植します.外すとこんな感じ.
d0106518_1994784.jpg
PCBを外して新しい部品をつける

さて,今度は戻していきましょう.戻すときの方が気をつけないといけません.しばしばネジが余ってしまう不思議な現象に出くわすからです.(私だけ?笑)まあ気づくのが組み立て完了後だったら,いっそのこと「これは予備なのだ」という考えもありかもしれませんが.笑 まずフロントパネルのプラスチックと裏打ち金属パネルはネジが2カ所です.
d0106518_19114022.jpg
赤丸内の二カ所をネジ止め

メインダイヤル部分にもこのように2カ所あります.左がパネル間の固定,右はダイヤル回転時の摺動抵抗の調整です.
d0106518_1912125.jpg
メインダイヤル周りのネジ

その後,基板を取り付けます.ちなみに分解時には上の基板の方にフラットケーブルが残るように外した方が楽です.(どうしてかは逆にしてみれば分かります.笑)
d0106518_19123713.jpg
上の基板を下のパネルに取り付ける

7本ネジがありますが,番号が書いてあってその順番に締めていけばOKです.
d0106518_191375.jpg
2番目の例

フラットケーブルやそのほかのケーブルを差し込んだら,今度はフロントパネルユニットと本体をつなぎます.
d0106518_19141553.jpg
あと一息!

で,抜いたつまみ類を戻して完成です.
d0106518_1914441.jpg
作業完了

最初に工具をそろえておかなかったので,三十分くらいかかってしまいましたが,作業自体はそれほど困難ではありません.作業はやはり段取りが大事ですね.
使用工具
Ph+2
Ph+1
半田吸い取り機(または半田吸い取り線など)
半田ごて
ピンセット(非着磁ドライバーの場合はあると便利)
プライヤ
ところで,取り外したボリュームはこんな感じになってました.
d0106518_19181881.jpg

うまく修正すれば使えるとは思いますが,今はまだ補修部品も手にはいりますからねぇ.もったいないお化けが出るかなぁ.
[PR]
by jq1ocr | 2009-02-19 19:30 | 無線設備・レストア | Comments(2)

CR-293 着荷

IC-910(弐号機)につける CR-293 が着荷しました.1200MHz CW 用です.やらないけど.笑
d0106518_1920653.jpg
さてこれから取り付け作業しようっと.初号機に取り付けしたときのメモを見ると,今回の作業に必要な工具はこんな感じでしょうか.
(1)Ph+2(2番のプラスドライバ)
(2)ハンダごて
(3)ハンダ吸取線
(4)ニッパー
揃えたら作業開始っ

まず PLL ユニットにアプローチします.
d0106518_0481049.jpg
水色四角で囲った3ピンの半田を吸い取り,デフォルトでついている水晶発振子ユニットを外します.また赤丸内の5カ所の半田も吸い取ります.その際,赤丸の方には OCXO を取り付けるため,穴に半田が残らないように注意します.

そして OCXO を取り付けるとこんな感じになります.
d0106518_0505334.jpg
マニュアルには書いてありませんが,私はケースも半田付けすることにしています.装着が完了したら,余分な足を切って,基板を戻します.
d0106518_052088.jpg
さらにはずしたユニットを戻してこんな感じになります.
d0106518_052289.jpg
ちなみに無線機の左の赤丸内は取り外した水晶発振ユニットです.

カバーを戻してカスタム終了.動作確認して終わります.
[PR]
by jq1ocr | 2008-06-27 19:24 | 無線設備・レストア | Comments(0)
d0106518_18459.jpg
昨日届いた IC-910 (多分メーカー在庫最後の一台)にオプションパーツを取り付けました.
CW Filter for main, FL-132
CW Filter for sub, FL-133
DSP Receive unit, UT-206 Gen 6

d0106518_19195424.jpg
CW Filter, 500Hz@10MHz IF
d0106518_19204369.jpg
DSP Receive unit

ところで DSP unit の箱には GEN6 というラベルが付いていましたが,どうもこれは Generation 6 の意味ではないかと推測しています..この世界は日進月歩なので,少しずつ改善されているのでしょうね.
[PR]
by jq1ocr | 2008-06-05 08:52 | 無線設備・レストア | Comments(5)

IC-910 製造中止

d0106518_18459.jpg

IC-910 は1台持っているんですが,もう一台必要になったのでこの間注文したのですよ.でもお店に入荷しないらしいのです.どうもディスコンらしいとのこと.....しかしまだアイコムのページには載っていますね.うーん,どういうことかな.もうすぐ新機種が発表されるそうですが,時間がないけど,1st lot に手を出すのは怖いしなぁ.まあ 910 を進化させて,皆が納得するものになっていることを期待しています.値段は同程度だったらいいな〜,なーんて.
ローカルから IC-911 の技適が出てるというメールが来ました.ぐぐってみるとあまり変わらないみたいだとの記述もあり,まあ最近のスプリアス規制に合致したものを出すって感じみたいですね.ですので,基本的には殆ど 910 と変わりない感じでしょうか.個人的にはデザインを変えて欲しいんですが.hi 来月にはゲット出来そうな感触なので,楽しみにしています.
【5/7追記】先月末リリース予定が延びて,今月中旬になったとのこと.カタログもできてないらしいし,この分だとまた延びるかも.苦笑 値段は若干アップとのことですが,IC-910 の市場価格はかなり定価よりも安くなっているので,差は大きそうです.
[PR]
by jq1ocr | 2008-04-21 01:03 | 無線設備・レストア | Comments(0)

CR-293 を付ける

今晩の作業は,当局の IC-910D 最後のオプション,CR-293を付けてみる,です.まず段ボール箱を開けると,この水晶かなりでかいです.どうも TCXO (温度補償型水晶発振器)ではなく,OCXO(恒温槽型水晶発振器)のようです.マニュアル類は特になく,無線機本体のマニュアルを見ろと書いてあります.他の機種でもオプション指定されているのかな.

で,IC-910のマニュアルを見ると既存の水晶(CR-452,これは多分TCXO)を外し,CR-293を付けるようにと書いています.とりあえず下のフタだけを外して,1.2GHzのユニットやら,DSPのケーブルやらを外します.結構面倒くさいですね.そしてハンダ吸取線で既存の水晶のハンダ付けを吸い取り,水晶を取り外します.

ついでマニュアル通りであれば,さっくりとCR-293を取り付けるわけですが,どうも足が入りません.よくみるとご丁寧にCR-293のランドがハンダでふさがっています.をいをい これまたハンダ吸取線で吸い取って,CR-293をセットします.よく見ると基板の底にゴムのスペーサがあるのですが,これより水晶の足が出ています.切りわすれると悲惨なことになりますね.これもマニュアルには記載がありません.まあ普通は付けた部品の足くらい切ると思いますけど,忘れることもあるだろうし,そもそも素人向けの機械なのにいいのかなぁ.何はともあれ,ついてたものを戻して,めでたく CR-293 の取り付けが完了です.これでうちの IC-910 は事実上フルオプションとなりました.(事実上という意味は,DSPが二個はいるところに一つしか入れてないので...)

職場に持っていけば電動ハンダ吸取器(うちではトコトコと呼んでいます.hi)があるのですが,この程度であればハンダ吸取線でOKでしょう.

で,早速電源オン!「ぴゅい〜〜〜〜〜ん」どうも何かのビートが動いていっている様子が聞き取れます.5秒位で聞き取れるほどの動きは無くなりました.まあ元の水晶でも聞き取れるような短時間での変化はありませんでしたけどね.

カタログを見ると周波数安定度は±3ppmとなっています.これは標準の水晶での安定度で,CR-293に交換することで±0.5ppmの安定度が得られます.ppmとは10-6ですから計算してみると,こんな感じになります.
周波数 標準での偏差 → CR-293での偏差
144MHz ±430Hz → ±72Hz
430MHz ±1.3kHz → ±220Hz
1294MHz ±3.9kHz → ±650Hz
どちらにしても短時間でこれだけ動くとは思いませんが,1.2GHz で CW をやろうと思ったらまず欲しいオプションといえるでしょう.というか,あまりやらない気がするけど.苦笑

このブログを見て作業の参考にする人はいないと思うけど,念のため.
今回の作業に必要な工具など
(1)2番のフィリップス(プラス)ドライバ (Ph+2)
(2)ハンダごて
(3)ハンダ吸取線
(4)ニッパー
(5)ラジペン

で,もし工具にいいかげんなものを使っているようだったら,工具道の観点から書いてみようと思います.ご参考まで.

まず(1)のドライバは私はいつもはPBなんですが,なぜかシャックに見当たらなかったので,そこにあった Craftsman を久々に使ったのです.これのビットにはACR(ねじが抜けにくくなる溝)がついていて,IC-910を分解すると中に使われている銀色のねじの材質がどうもちょっと柔らかいみたいで食い込んじゃうんですよ.ちょっと傷がついてしまったようなので,ねじを傷めないためには PB あたりをお勧めします.

(2)ハンダごてですが,これは先の細いものだと使いにくいと思います.30Wくらいあると作業が早いでしょう.うちは90Wのステーションを使っていますが,一般的ではないかも知れません.一度使うと戻れませんが.笑

(3)ハンダ吸取線はこの作業に必須です.ただ吸取器でも上手に使えるなら問題ありません.

(4)ニッパーは取り付けの終わったCR-293の余分な足を切るのに使います.個人的にはリンドストロームあたりの精密ニッパー(ウルトラフラッシュ)がいいかと思います.これだと断面が尖りません.ちなみに余分な足を切らないとシャーシに接触して燃えるかも知れません.そのうち外してオークションにかけるかも,なんてスケベ心だすと大変なことになるかも知れませんよ.笑

(5)ラジペンは先の細いものを使います.CR-293のシェルはハンダが乗りにくいので,ケースの足を少し曲げてハンダ付けするなら,その作業で使うと思います.あとは作業のために外したフラットケーブルを戻すときにも使います.ぜいたく言うと,部品に当たるところに溝の切ってないタイプのラジペンがあればさらに良いです.一般的には溝がありますが,この場合は特にワーク(作業対象物)に傷を付けないように気をつけて作業しなければなりません.
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-28 01:30 | 無線設備・レストア | Comments(3)

高安定水晶届く

IC-910の純正オプションである高安定水晶がようやくとどきました.
d0106518_13234960.jpg

荷姿

相変わらずでかいです.中を取り出すとこんな感じ.
d0106518_13242457.jpg

外装と中身と

封筒でもいいくらいなのに大きな箱ですねぇ.しかし,よく見ると箱も Softbank だし,使い回しですね.まあそれでいいんですけども.パッキンも通販会社のものなどがまざってました.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-20 22:25 | 無線設備・レストア | Comments(0)
TCXO がまだ来てないのですが,それ以外のオプションが揃いました.で,先程,今朝届いたばかりのキャリングハンドルと音声合成ユニットを付けました.キャリングハンドルはセルフタップネジになっていました.少し残念.音声合成ユニットは,名前からすると誤解しやすいですが,単に周波数などを読み上げるもので,SPCH(speech)ボタンが単なる周波数LOCK機能だけでなくなります.すばらしい!

マニュアルも読まずに取り付けて,電源を入れて早速読み上げさせてみました.433.10MHz だとすると「zero, PI!, four three three point one megahertz」となります.PI!(パイじゃなくて,ピッね) の前の zero は何だろう?と思ったのですが,最初は pi! が良く聞こえなかったので,四桁で読む(要するに千の位がゼロ)のかと思っていました.ようやくマニュアルを見たところ,信号強度らしい.早速誰かが交信しているところに合わせて押してみたのですが,交信している声に負けて聞こえない.だからといってAFを下げると今度は読み上げも聞こえない.結構使えない機能であろうことが推測できました.マニュアルを読むと信号強度の読み上げはオフに出来るのでそうしようと思います.あとは英語,日本語の切り替え,そして読み上げレベルの変更が出来るようです.レベルはデフォルトで50ですが,100まで上げられるので,実際は100にしないと意味ないかも知れませんね.あるいは発声しているときは,受信音をオートミュート(抑音)する機能があったほうがよいでしょうね.そのうち実装されるかな?

【追記】マニュアル片手にいろいろいじってみました結果,現在の私の設定は,発声レベル:100%,音量:AFレベルに同期,Sメータ読み上げ:無し,言語:英語 になりました.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-01 23:04 | 無線設備・レストア | Comments(0)

IC-910D のセットアップ

IC-910Dはオプションで来てないのがあるのですが,とりあえず来ているものを取り付け,受信改造までしておこうと思います.まずは電源コードの処理です.うちでは安定化電源の出力を A1Club 標準(?)の Anderson Powerpole Connectorにしているので,これの取り付けからです.専用の圧着工具で取り付けます.
d0106518_2564069.jpg

The Anderson Powerpole connectors and its crimp tool

d0106518_2114260.jpg

DC power cable with the connectors

ついで中身の方にまいりましょう.まずは CW Filter の取り付けです.これはハンダ付けの作業が必要なのと,基板に付いているケーブルの抜き差しが面倒なので,もし販売店で作業してもらえるなら頼んだほうが面倒がなくて良いです.が,私は諸事情により自分でやることにしました.マニュアル通り,下カバーを外すとフィルタの挿入箇所が分かります.SSB Filter の隣ですね.Main と Sub は10MHz帯の IF が 100kHz 異なっている為,フィルタの形状は同じですが,入れ替えてしまうと聞こえなくなってしまいます.Main と Sub の間違いだけは気をつけましょう.向きは SSB Filter と同じです.
d0106518_38356.jpg

The places CW filter will be on

d0106518_2183912.jpg

close view of the soldering points

矢印してあるのがフィルタの入出力の線です.もちろんこのあと切り詰めます.下線部はフィルタのシールドケースのハンダ付けですが,SSB のほうがしてあったので,同じようにしようとしました.しかし,ランドの形状の問題(と,私の腕の問題)でキレイな富士山型には乗りませんでした.ケースの材質の問題もあるのですが,ハンダが乗るように前処理をすべきだったかも知れません.うまく付かないなぁとぶつぶつ言いながら作業終了後,マニュアルを見ると,ケースはハンダ付けすることにはなってないようです.いいのかなぁ.苦笑 あとは,1.2GHz unit と,DSP unit を取り付けますが,これは取説通りでハンダ付けなども要らないので,写真は割愛します.なお,1.2GHz unit は基板へのアプローチには邪魔になるので,全ての作業がおわってから取り付けると良いでしょう.

さて,最後に受信改造です.基板にはバージョンがあるらしく,検索で得られた改造方法にも一部違いがあるようでしたが,少なくとも現行のはこうなっているみたいです.というのを下に示します.
ご注意:本記載事項は改造を推奨するものではなく,当然ながら改造は各自の責任です.作業を行ったことによって生じる,如何なる損失をも私は担保しません.

フロントパネル部分を筐体から外すと,メインダイヤルの左上に8つのランドがあります.
d0106518_2322582.jpg

設定箇所

上から1番から8番まで番号がふってあります.ここの5, 6, 7がそれぞれ144, 430, 1200MHz帯の拡張に対応しています.周波数範囲は
144∼146MHz → 136∼174MHz
430∼440MHz → 420∼480MHz
1260∼1300MHz → 1240∼1320MHz
となります.ここに小信号用ダイオードを カソード (K) を右側(すなわち表示器側)にして取り付けます.個人的には 1S1588 相当のチップダイオード(2012サイズくらい?)を推奨します.私は手元になかったので,通常パッケージのダイオードを下図のような感じに足を曲げて付けたのですが,ランドが小さいので支持に不安があります.
d0106518_256838.jpg

bending leads so that they fit on SMD lands

案の定というか,なんというか,作業中うっかりミスでプライヤをぶつけてしまい,ダイオードがランドごととれてしまいました.そうなると悲惨なので,とりつけはくれぐれもチップ部品をお勧めします.ちなみに私の取り付け状態はこんな感じです.
d0106518_247927.jpg

ひとつだけずれてついているのはランドが一つだめになったので,つながっている別の場所に配線している為です.最後に外したコネクタを遺漏のないように戻しまして,分解した手順と逆に組み立てて終了です.
d0106518_2531321.jpg

IC-910D takes a place in my shack at last

今まで TS-790 があったところに,入れちがえに IC-910D を置きますと,ずいぶんとすき間が空いた感じになってしまいました.機械としての迫力は TS-790 の方がありますね.当然 TS-790 はこれからも現役ですが,とりあえず実家で使おうと思っています.
[PR]
by jq1ocr | 2007-09-24 03:09 | 無線設備・レストア | Comments(0)

IC-910D 発注

発注しました.今晩辺り入金して,来週半ばに発送されるというような感じになりそうです.TS-790でのオプション(といっても CW Filter だけだけど)欲しいのに買えない事件を教訓として,今回の導入にはたっぷりとオプションを付けました.一部仕事にも使いたいので,結構おごった仕様です.
(1)TCXO
(2)CW Filter ×2 (for main and sub)
(3)1.2GHz unit
(4)音声合成ユニット
(5)DSP unit ×1
(6)キャリングハンドル

こんなに付けたので,値段が本体の4割増になってしまいました.最初は sub 用の DSP も付けようと思っていましたが,既にIC-910を使っているローカルから「それは要らないと思う」というアドバイスをもらったので止めました.main に一つですが,それさえ「要らないような気がする」らしいです.でもDSPの効果を試してみたいのですよね.笑 それ以外は本体内部に組み込むオプションとしてはフルオプションになってるのではないかと思います.(CT-17 CI-Vレベルコンバーターユニットは外ですよね?)実戦投入が楽しみです.
[PR]
by jq1ocr | 2007-09-20 23:25 | 無線設備・レストア | Comments(2)

IC-910

今使っている 144-1200MHz の無線機は TS-790 なんですが,ちょいとでかいのですね.据え置きしている分には問題ないのですが,移動運用の時に重さが気になります.また移動するときに TS-790 を使うとすれば,コンテスト時なので,CWフィルタが欲しくなります.そんなわけで,次期導入機種を検討しておりました.現在のところの候補は IC-910 + UX-910 です.
d0106518_218552.jpg

icom IC-910

とはいえ,IC-910は2000年に発表されたので,既に7年経っています.クルマだったら,そろそろモデルチェンジしてもおかしくないし,もしかしたらハムフェアで後継機種が発表されるかも!とほのかな期待をしてました.デザイン的にはあまり好みではないので,IC-756のような感じの高級機が出るかも!なんて期待したりしましたが,そうはなりませんでしたね.アマチュア無線業界はこれから縮小していく方向に向かっていますし,10年後くらいに待ち受けているスプリアス対策に向けて更なる改善を行う必要があります.その準備が万全に整ってから,次のモデルが出るのかも知れません.
というわけで,現在 IC-910 を導入する算段を立てているところです.さてどうなることやら.
[PR]
by jq1ocr | 2007-08-26 21:11 | 無線設備・レストア | Comments(0)