アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

浜町より着弾

d0106518_16213731.jpg
まあ立場上仕方なく.hi
[PR]
by jq1ocr | 2014-09-21 16:20 | 無線設備・レストア | Comments(0)

ID-1 ディスコンだった

ID-1 って CQ の最新号の広告には載ってますが,実はとっくにディスコンになっていたんですねぇ.
d0106518_13283580.jpg
気づきませんでした.

1.2GHz としては現行(じゃ,もうないけど)唯一のモービル機だし,D-STAR の 1.2GHz としても IC-9100 までは買えないなら唯一の選択肢でした.新しい D-STAR の無線機の使い勝手はすばらしいので,それから考えると非常に使い勝手の悪い ID-1 は微妙.で,新しい機種が出るからか?と言われれば,1.2GHz 帯の先行きを考えれば,そういうわけでもなさそうですし.

わずかな流通在庫(か,中古)のみという状態ですので,今が最後のチャンスかなぁと.うーむ.
[PR]
by jq1ocr | 2014-09-18 23:30 | 無線設備・レストア | Comments(0)

ID-1 を Mac に接続する

需要があれば,と書いたものの,聞かれたときには忘れてるなんてことになりそうなので,忘れないうちに書いておくことにします.

私の使っている ID-1 のシリアルUSB変換は FT232AM なので,FTDI のドライバで動かせるはずなのですが,ID-1 からかえってくる ID が登録されていない(少なくとも今は検索しても出てこない)ようで,FTDI のドライバを使ってくれません.そこで Kernel Extension を操作して,FTDI のドライバを使ってもらうようにします.

まず,Mac から見たときの ID-1 の情報が以下の通りであるとします.
d0106518_20172171.png
そして編集するファイルは
/System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext/Contents/Info.plist
です.これをいじるには root 権限が必要ですので注意してください.私は sudo vi で編集しましたが,各自使えるエディタでOK.ファイルの中を見ますと,デバイスがたくさん並んでいると思います.これらに並ぶよう以下を挿入します.

<key>0c26_0004</key>
<dict>
<key>CFBundleIdentifier</key>
<string>com.FTDI.driver.FTDIUSBSerialDriver</string>
<key>IOClass</key>
<string>FTDIUSBSerialDriver</string>
<key>IOProviderClass</key>
<string>IOUSBInterface</string>
<key>bConfigurationValue</key>
<integer>1</integer>
<key>bInterfaceNumber</key>
<integer>0</integer>
<key>idProduct</key>
<integer>4</integer>
<key>idVendor</key>
<integer>3110</integer>
</dict>
編集が終わったら,Kernel Extension のリフレッシュ.
touch /System/Library/Extensions
kextunload / kextload でもいいと思います.そのあと ID-1 を接続して,
ls /dev/tty.*
とすると,
/dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port
/dev/tty.Bluetooth-Modem
/dev/tty.usbserial-IC2Z????(?はシリアルで異なる)
とでて使えるようになると思います.なお ID-1 は通信速度が 19200bps です.あとは System Report で出てくる Product ID/Vendor ID が異なれば,挿入部の記載ももちろん変わります.
[PR]
by jq1ocr | 2014-03-06 21:30 | 無線設備・レストア | Comments(0)

ID-1 なにこれ珍設定?

ID-1 を Mac につなごうと苦戦中です.System Report によれば,
d0106518_20172171.png

とあるのですが,USB Implementers Forum で調べてみると,この Vendor ID って Prolific みたいなんですよね. ちなみに Product ID は 4 ってのはなく,18で,それは icom OPC-478UC になっています.でも実際に ID-1 に乗ってるのは FDTI のチップ(FT232AM)なわけです.この辺りの事情はよく分からないのですが,結局 FDTI のチップであるという情報を変にいじらずそのまま Mac に送ってくれれば通信できるところが,変に面倒くさいことしちゃってるってことなんでしょうかね.

仕方ないので Kernel Extension の plist をいじって FDTI のドライバを使うように細工してみたのですが,Mac Pro(10.9)では最初うまくいってなかったのに,ふと気がついたら認識するようになっていてラッキーと思いきや,MBA(10.7)では同じようにしても認識してくれません.いずれにしてもソフト的な問題であることは明らかなので,icom が mac 用にパッチを作ってくれるといいのですが,そこまで進んでいないでしょうねぇ.どうやってもうまくいかなかったら乗っ取り作戦しかないかな?
【3/6追記】結局動かすことが出来ました.操作しにくい場所においてあるので行ったり来たりで疲れました.需要があるようでしたらやり方をアップロードします.
[PR]
by jq1ocr | 2014-03-05 22:50 | 無線設備・レストア | Comments(0)

ID-1 with Mac

ID-1 の USB を Mac につないで DPRS しようとしているのですが,うまくつながりません.Mac からみると system report 上では ID-1 がつながっていると出てくるのですが,/dev/tty.* に出てきません.ID-1 を開けて確認したところ内部に FTDI の FT232AM が使われていました. FTDI の USB シリアル変換チップなら Mac でもつながるだろうと思っているのですが.....それともいっそのことシリアルで出してきて外で変換?苦笑 いずれにしてもとりあえずはすぐに出来るとは思えないので ID-92 434.26MHz ポートの復活を急ぐことにします.
[PR]
by jq1ocr | 2014-02-27 21:20 | 無線設備・レストア | Comments(0)