アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Leica type null

昨日のニュースでこんなのがありました.
1923年製ライカ、史上最高の3億1500万円で落札 3/11(日)配信 AFP=時事
 ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ(Leica)」の1923年製のカメラが10日、オーストリアの首都ウィーンで競売にかけられ、カメラとしては史上最高額の240万ユーロ(約3億1500万円)で落札された。競売を主催した写真とカメラの博物館「ヴェストリヒト(Westlicht)」が明らかにした。
d0106518_17221326.jpg

 落札されたのは0型ライカ(ヌル・ライカ)と呼ばれる機種のシリアルナンバー122で、1925年にライカが量産体制に入る2年前につくられた25台の1台。最低落札価格は40万ユーロ(約5300万円)に設定されていたが、新品同様の品に激しい入札合戦となった。
 ヴェストリヒトによれば、最終的にはアジアの入札者が落札した。製作された当時の状態が保たれている0型ライカは、3台しかないという。
 ライカは世界最古のカメラブランドの一つで、写真界の偉人、ロバート・キャパ(Robert Capa)やアンリ・カルティエブレッソン(Henri Cartier-Bresson)といった写真家に愛されてきた。【翻訳編集】 AFPBB News

過去に同じく高値で落札されたヌル・ライカも2億2300万円だったとのことですが,今回は更にあがってますね.以前だったらアジア系が落札者とくれば日本人だろうと想像が付きましたが,今回はやっぱり中国とかなのかなぁ.

しかし写真を見ると前のヌルライカとはファインダが違いますね.まあプロトタイプだから,いろいろやってたのかも知れませんね.こういうのは歴史ですから個人が死蔵するんじゃなくて,公の博物館とかが入手して,いつまでも一般人の目の届くところにおいてほしいものです.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-12 21:00 | 写真・カメラ | Comments(0)