アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

アマチュアの首位陥落

学会誌を見ていたら三木先生がお書きになった記事があって,その中に「無線従事者資格の年間交付数の変遷」がありました.こんなグラフです.
d0106518_21574467.jpg
東京では毎月初級ハムの試験があり,対して特技は級の数は多いながらも,年に三回しか試験はなかったりもするので,てっきり無線従事者資格で最も交付数が多いのはアマチュアかと思っていたのです.

しかし,このグラフを見ますととっくの昔の 1997 年くらいには首位陥落していたのですね.ログスケールなので正確には読めませんが,特技は現在年間4万,アマチュアはその半分で2万といったところのようです.

あと 1991 年くらいに通信士がガクンと落ち込んでいますが,これは無線通信士が海上と総合に分かれたからかとも思ったのですが,内容的に旧無線通信士は現総合通信士になっただけなのに,桁違いに数が減っているのはなぜでしょう.混乱があったのでしょうかね.それに無線技術士は単に陸上無線技術士に変わっただけで中身は変わってないのですがこれも半数程度に減ってしまっているようです.思えばこの頃は試験は記述式でしたね.その後,全部マークシートになってからは少しずつ増えています.試験が簡単になったと言われますが,その割には80年代後半と同じくらいの交付数なのです.マークシート式には必ず正答がありますが,反面トラップも仕掛けられているので,今の方が簡単かといわれると,それなりに違いはあっても,実際のところ大してレベルは変わってないのではないかと,記述時代の私は思ったりもしています.笑

[PR]
by jq1ocr | 2018-10-06 21:30 | 徒然話 | Comments(0)