人気ブログランキング |

アマチュア無線やバイク,釣りの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

プチ実験の準備

プチ実験システムを考えています.基本はプチなので周辺もミニマルにと SG やオシロを別途使わないで楽しめることをしてみたいと思います.そこで使うのはこちら.

プチ実験の準備_d0106518_14424600.jpg


Analog Devices の ADALM1000 (M1K) です.MSRP $40 で,日本でもそれに近い値段で売られている教育用のガジェットです.制御表示ソフトは Pixelpulse2 というのがフリーであって,Analog Devices のページからも行けますが,GitHub にあります.このソフトは Mac/Win 両方で使えるので,これをインストールしましょう.

M1K は2ポート持っていて,信号の発生と計測が行えます.入出力の電圧の範囲は 0 から 5 V と限られますが,入力は超えることが分かっていれば ATT 噛ませば良いし,そこそこの実験は出来ると思います.

2ポート直結で片方から sin 波を出す設定で動かしてみますと...

プチ実験の準備_d0106518_14424632.jpg


と,こんな感じになります.上が発生した波形で,下が入力波形です.直結なので当然同じ波形がでています.出す方は三角波や矩形波,階段波も出せたりします.ただちょっとソフトが大分不安定です.いろいろいじっていると反応しなくなって...

プチ実験の準備_d0106518_14424608.jpg


こんな感じになったりして.そのたびに kill して boot.苦笑

まあ簡単なガジェットなので出来ないことは結構ありますが,出来ることをやってみたいと思います.

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jq1ocr | 2020-02-27 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)