人気ブログランキング | 話題のタグを見る

金銭上の利益のためだけでなく,専ら個人的な興味によって行う自己満足,通信及び技術的研究の備忘的ブログです.


by jq1ocr

セーラー万年筆 hocoro

いろんなインクを持っていると,少しだけそのインクで書きたいという時があります.たくさん書くなら万年筆に入れればよいのですが,インク交換時は洗浄、乾燥に時間がかかるし,要注意な入替パターン(顔料と古典インクなど)もあるので,万年筆って頻繁なインク入替には不向きなのです.そこでガラスペンを考えるわけですね.

セーラー万年筆 hocoro_d0106518_23000666.jpeg
ガラスペンの例(故・菅清風作)

これだと一回インクを付けると,保持性能によって異なりますが,ハガキから原稿用紙一枚程度まで書けるし,インクを保持する部分がペン表面の溝なので,洗浄も簡単.さっと拭いて,別のインクに変えることも簡単です.

そんな背景も影響してか,最近ガラスペンの人気がすごくて,いいのがなかなか買えません.現時点では性能の良い大量生産品がなく,いろんな職人が一本づつ丁寧に作っている状態です.いざ選ぶとなれば,当然いいのが欲しくなるじゃないですか.しかし目に付いたところはどこも品切れ.私が注文しようとしているものは半年待ちです.苦笑

でもインクのテストはすぐにもしたい.で,買ってきたのが付けペン.

セーラー万年筆 hocoro_d0106518_23035820.jpg

セーラー万年筆の hocoro(ホコロ)です.ペン先は万年筆のものと一緒ですが,ペン芯がないのでインク保持力は相当低いです.逆にそれはインクの付く量が少ないと言うことでもあるので,ちょっとだけ書く用途には良いです.メモ書き一枚程度と考えれば最適解かも知れません.ペン芯がないから洗浄もすぐですし.

付けペン自体は大昔からあって,柄が木製だったりするのをよく見かけますけども,hocoro は如何にもなプラスチックで,ぱっと見はちゃちな印象があります.けども,軸にペン先が収納できたり,転がらないようになっていたりと,デザインはよく考えられていて,おまけに日本製.値段は結構するけど,セーラーの心意気を買ってみることにしたわけです.

ペン先は細字と 1mm カリグラフィの二種類.私は普通に字を書いたときの色を見たいので 1mm の方にしました(ペン先が両方ついているセットもあります).万年筆に入れていないインクのカルテ作成に早速投入しています.ガラスペンと違って,扱いにもそれほど気を遣わなくて良いので,この用途にはこっちで正解.あれ?ガラスペン要るのか疑問になってきたぞ.笑

セーラー万年筆 hocoro_d0106518_23301026.jpg

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jq1ocr | 2022-05-21 21:00 | 万年筆・インク | Comments(0)