アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:二輪車・四輪車( 241 )

レンタカー 驚異の燃費

今回は用事のある場所が市街地から結構遠かったので,レンタカーを借りました.ホンダのシビックフェリオ(多分1.5L位)です.
d0106518_9433875.jpg
乗ってみた感想.まず悪い点.
(1)加速が悪い
(2)内装は安っぽい
で,良い点.
(1)中は広い
(2)燃費がいい
今回は 430 km 位走ったのですが,それでも燃料メータは半分くらいまでしか下がりませんでした.給油量は 30 L だったので,消費率にすると,14.3 km/L となります.自分の車の倍くらい走るような感じがしました.燃料節約を心がけた運転をすれば,もっと良くなりますね.この位の燃費は世間一般では常識なのかも知れませんが,スポーツカー系しか日常乗ってない私としては,この燃費は驚異に感じました.

余談ですが,この車を貸し出すときの瑕疵点検で店員さんが「このように全体的に細かい傷がたくさんついております」といっていたのは印象に残りました.返すときに少しくらい増えていても分からないから仕方ないねといっているわけで.笑 まあ実際見た感じ,まったく気になるほどではなかったです.もしかしたら,銀色にはそういう効果があるのかな.そういえばレンタカーとか営業車って白や銀が多いですよね?
[PR]
by jq1ocr | 2008-03-25 07:54 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

今日の作業

今晩の作業は以下の通りです.
赤ボニー
ブレーキレバー交換
以前購入したブレーキレバーが届いたので,レバーの交換を行いました.必要な工具は

1. レンチ (10mm)
2. ドライバ(マイナス)

だけです.レバーのピンを下部から10mm,上からマイナスドライバで回し,ピンをはずします.するとレバーがぽろっと取れますので,新しいレバーを同じようにはめ込み,ピンを差し込みます.マイナスドライバと10mmでピンを固定し終了です.調整個所などはこの年式ではありませんので,丁寧に作業したり掃除しても,ものの5分であっさり終了でした.
[PR]
by jq1ocr | 2007-12-04 23:38 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

迷惑な競争心?

妻がバイクに乗っている時に近所でたまに遭遇するらしい迷惑なバイクの話です.スクータに屋根がついているのってありますよね.例えばこんな感じの....
d0106518_13505227.jpg

今回の話の迷惑なバイクってのはこのバイクのことではありませんけど,こんな感じの屋根付きバイクにストップランプが高い位置についているのがあるらしいのです.なんでもこの位置がちょうど彼女の目の高さにくるそうで,おまけに最近流行の高輝度LEDを使っているようで,前に付かれるとめっちゃまぶしいらしいんです.

目の前に止まられると非常にまぶしいので,抜かすらしいのですが,必ずそのバイクは彼女を抜かし返して,進路を斜めにとり,彼女の真ん前に付けるらしいのです.彼女に前照灯をハイにするとか,鏡で反射させたりしてみろと言ったのですが,なかなか難しそうですね.笑 斜め後ろに停まっていろといったのですが,そうしてもまぶしいらしい.夜でもないのにそれだけまぶしいのがあるとは,知りませんでした.法律上の明度の上限ってないのかな.

私はバイクに乗っていて「なんだよ,こいつ」って思うような他のバイクに遭遇したことはそんなにないのですが(クルマに乗っている時は時々ある.苦笑),もしかして彼女は私の想像以上にアグレッシブな走りをしているのかも知れません.大丈夫かな〜.苦笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-27 22:58 | 二輪車・四輪車 | Comments(4)

今日の作業

今晩は以下の作業を行いました.
緑ボニー
リアブレーキパッド交換
Powerpole交換
赤ボニー
ステップ交換
タンデムステップ取り付け
ウインカーレンズ交換
ウインカーASSY交換
ブレーキレバー暫定補修

まず緑ボニーですが,昨日確認したようにリアのブレーキパッドが全くなくなっていたので,BBに行って買ってきました.純正は NISSIN のようですが,今回買ったのはチェコ製のFERODO(FDB497MX,7800円)です.昨日書いたようにピンを緩め,ボルトを外してキャリパを外します.その後,ピンを完全に抜くとパッドがとれます.ブレーキクリーナでピストン周辺を洗浄した後,リザーバを確認しながらピストンを手で押して引っ込ませてパッドを入れます.ピンを戻してパッドの間隔をディスクロータが入るまで広げて,キャリパを戻し,ピンを18Nm,ボルトを40Nmで締めつけます.最後にブレーキペダルを何回か踏んでパッドを適性位置に移動させます.フルードの量を確認して終了.ちなみにこのパッド,調べてみると国産車のフロントに使われている例があるようなのですが,後輪用では使われていないようです.どう違うのかな〜.

Powerpoleは一本圧着に失敗していたらしく抜けてしまったので交換しました.Powerpole相互もシート下はテンションがかかるようで抜けやすいので,上から熱収縮チューブを通して抜けないようにしました.そうするとワンタッチで外せないですが,外すことも滅多にないのでよしとします.しかし,これなら普通に接続しちゃってもよかったような.苦笑

次いで赤ボニーです.先日のツーリングで妻は立ちゴケをしてしまい,折れてしまったフットレスト(ステップ)などを買ってきました(9501円).まずはステップ.実はタンデム用のステップがサイズ的にぴったりはまるので,折れたときに応急処置として後ろのタンデムステップをつけていたのを外し,買ってきた新しいステップを取り付けます.ちなみに現行の最新ステップはぴかぴか光っていますが,この年代のボニーにはつや消しがついているので,それにしてもらいました.ばねなどはなくしてないので,そのまま取り付け終了.タンデムステップも元に戻せました.

次はウインカー.右のウインカーレンズが破損していたのですが,実は左のウインカーのアームが折れているのに後で気づき,こちらはウインカーレンズは割れてなかったので,インジケータASSYだけを買ってきました(7013円).左のウインカーレンズを外して右につけます.このとき,TOPマークに注意することと,ねじが左右二本ですが,実は左右でピッチが違うので注意します.外側が荒いピッチのねじです.左ウインカーを外しますが,ヘッドライドユニットの中で結線されているので,ライトのベゼルを外します.左右の大きいほうのねじです.(小さいほうは光軸)ライトを外したら,ウインカーケーブルを引っ張ってみて該当するコネクタを引き抜き,買ってきたウインカーに入れ替えます.仮付けしたら動作するか確認し,本締めします.

ブレーキレバーは一応純正品を買いました(4864円).カワサキあたりの同じ形のを買ってくれば半額くらいらしいのですが,お店に行くのが面倒なので.....しかし,家に帰って見てみると,なんとラベルに「クラッチレバー」と書いてあるではありませんか.ちゃんと右(ブレーキ)レバーと言ったのですが,ウインカーASSYも買ったので,これには左右があるため,こんがらがってしまったようです.苦笑 どうも前の右と後ろの左が同じらしい.笑 とりあえずブレーキレバーは先がわずかに折れただけなので,折れたものを熱収縮チューブでつけておきました.あまり力がかかる位置ではないので,これでしばらく大丈夫なはずです.今度またお店に行って交換してもらってきます.

しかし立ちゴケして2万以上か.....結構高い授業料と見るべきか,それで済んで幸いだったと見るべきか.....とりあえず部品が国産メーカーに比べて倍くらいするようなので,代替品にどんなものがあるか調べてみる価値がありそうです.
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-23 02:15 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
先日ガレージから出そうと押していると,どうも後輪ブレーキ近辺から異音がします.ブレーキは動いているみたいだし,単に砂でも噛んだかな?くらいにしか思ってなかったのですが,走ってブレーキをかけたら違和感が.....フロントブレーキはすき間からパッドが見えるのですが,リアはマフラーが邪魔で見えません.アクロバティックな体勢をとれば見れるかもしれないけど,きっと体が痛くなります.だからといって,マフラーを外すのも大変.それよりキャリパを外すほうが早いと思ったので,そうしてみました.
d0106518_23565710.jpg

rear brake caliper of Triumph Bonneville

まず写真中の1のピン(キャップボルト)を両方緩めます.これには hex 5mm を使います.次いで,2のボルト(14mm)を両方外します.ゆっくりとずらしていくとキャリパが外れますので,ブレーキのホースにテンションがかからないようにパッド部を確認します.

(パッドの写真は撮りわすれたので後ほど撮ってここに入れます(*))

私のはなんと購入後2000km,総走行距離でも3000kmほどしか走ってないのにも関わらず,パッドが全く無くなっていました.ボンネビルは比較的後ブレーキを使うのですが,それでも前ブレーキのパッドはまだ数ミリあるのに,まさか後ろだけこんなことになっているとは思いませんでした.思い込みは危ないですね.早速この連休には交換しようと思います.

確認したら,キャリパを戻しますが,多分そのままだと狭くて入らないので,ピストンを戻してパッド間を広げます.専用の道具もありますが,手元になかったので今回はタイヤレバーでぐいっと戻します.あまり戻しすぎると,右サイドカバー内のリザーバからフルードがあふれ出すので気をつけましょう.キャリパを元の位置に戻し,キャップボルト(締付トルク18Nm)とボルト(40Nm)を締め戻したら,ブレーキペダルを何回か踏んでピストンを適切な位置まで前進させておきます.これを忘れて走行し出すと,踏み切ってもブレーキが利かない!という怖いことが起きます.(クルマで経験あり.苦笑 まあバイクの場合は前後が独立してるからいきなりかっとばなければ大丈夫でしょうけど)

ところで,キャリパのピン(hex 5mm)を緩めるとき,多分思いっきり堅くなっていると思います.そうなると,同じ hex wrench でも,ドライバグリップタイプ(写真の上)は使えません.(締めるときはOK)L型のロングタイプ(写真の下)じゃないと緩まないかもしれません.
d0106518_0135915.jpg

different type of hex wrenches

これらは同じ目的ですが,2タイプあったほうが作業しやすい工具の一例ですね.(まずはL型を買って,それからよく使うサイズのグリップタイプを買うのがお勧め)


【11/22追記】(*)先程作業工程をデジカメで撮影したのですが,なんとデータが消えていました.大ショック.まあ,そんなわけで作業工程の説明写真をアップできなくなりました.残念
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-22 00:16 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

【Roadster】 ignitor 壊れる

1年以上前に1番のプラグが緩んで,プラグコードが焼けたことがありました.その時は,1気筒死んでいるような振動があり,プラグコードとプラグをこのとき交換しました.先日も同じような振動があり,確認したところ1番プラグが緩んでいたので,これを締め直したら,直りました.どうも緩みやすいようだからとプラグレンチやトルクレンチを車に積んでおきました.

数日前に妻が乗っていった先でまた同じような振動があったそうです.電話で作業内容を説明して彼女自身に作業させたのですが,ちょっと心もとない様子だったので,私がバイクで現場まで行きました.見るとプラグが濡れています.やはり失火しているようですが,気になるのは全気筒でプラグが濡れているのです.以前は1番が失火していることがすぐわかったのですが,今回はどれだか判断がつきかねました.念のためプラグを掃除したのですが,症状は改善しません.コードやプラグには問題なさそうなので,この場で自分が修理できる問題ではないと判断できましたので,JAF を呼んで見てもらいました.「燃料が濃くなっているようだが,原因はエアフロやコンピュータが考えられ,この場では診断や修理は不可能」とのことでした.ディーラーに行けば専用の診断機があり,作業が早いので,そっちに持っていこうということになったのですが,失火しながらもどうにかこうにか動く状態だったので,JAFについてきてもらいながらディーラに持ち込みました.深夜だったのでそのまま置いて,我々はバイクで帰りました.このときも JAF のおじさんはとても親切でした.いつもお世話になってます.^^; おまけに費用は無料.なんだかんだで会費のもとはとってるような気がします.苦笑

翌日昼くらいにディーラーに電話をすると,それまで置いてあることに気づいてなかったようでした.笑 その後,調べてもらったところ,イグナイタがおかしいという話でした.確かにこれがおかしければ全気筒でプラグが濡れていたことにも説明がつきますが,まさかここが壊れるとは思いませんでした.工賃はあまりかからないですが,部品代が高いので修理をお願いし,翌日修理完了となりました.
工賃 4725円
コイル&イグナイタ 26775円
合計 31500円

[PR]
by jq1ocr | 2007-11-17 07:58 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)
d0106518_2113440.jpg
Haynes Service and Repair Manual

ボンネビルの整備をする為の参考書としては,最初に純正の整備要領書を買いましたが,構造や詳細は分かるものの,具体的に作業内容が決まっているときに,それをどうするかについては分かりにくいです.なので,それらの解消に加え,読み物としては Haynes のシリーズの方が楽しそう....ということで買ってみました.写真入りで説明されており,カラーの部分も最初の方にあります.英語なので誰もが読めるわけではないかも知れませんが,写真が豊富なので実際の作業には問題ないかも知れません.Bonneville以外にBonneville T100,Speedmaster, America, Thruxton に対応しています.対応する年式は2001年から2005年モデルまでですが,それはこの本が2006年に出たためだと思います.実際にはもうちょっと最近の年式まで内容的には問題なく対応できるのではないかと思います.(例えば'08からインジェクションになったので,キャブの部分は参考にならないでしょうけど,他の部分については大きく変わったところはなさそうですし.)
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-02 21:24 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

Triumph Rider Wear

Triumph ブランドのライダーウェアは気になる物もあるんですけど,なにぶん値段が値段なだけに手が出ませんでした.そこで,patch を買ってきて,それを昨日買ったスノボウェアに貼り付けて,なんちゃってトライアンフ・ライダージャケットにしようと思います.まずはディーラーに行き,パッチを物色.....前はもうちょっといろいろあったように思うんですけど,今回はこのくらいしか入手できませんでした.
d0106518_0493592.jpg

Triumph Patches

これをこんな感じに貼ってみるのはどうでしょう.まずは腕のところに....
d0106518_0503231.jpg

a patch on an arm

あとは背中かな.
d0106518_0511822.jpg

a patch on back

天使の羽のように見えますね.前にしたほうが良いかな?

【11/2追記】
羽根のパッチは色が青いので合わないと言われました.結局左腕に丸いパッチをつけただけです.でもこれが付いただけでライダーウェアっぽく見えますね.笑
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-02 00:52 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

なんか付いた

今日のボニーたちです.笑
d0106518_121638.jpg

Today's Bonnies

おや?緑ボニーに前は無かった何かついてますね.拡大してみましょう.
d0106518_1221928.jpg

something on the green

まあ私の場合は,普段使うものではないのでマグネットで取り外したり,取り付けたりがすぐ出来るようにしてあります.降雨対策にビニル袋.笑 風圧で入らないように方向を決めています.あとはバイクから離れるときには持って行けるように工夫しました.

あとバイク用のウェアを探しているんですが,なかなか難しいですよね.派手なのは嫌だし,格好良いのは高いし.....で,目をつけたのがスノーボードのジャケットです.バイク用は風がはいってばたついたりしないように考えられていますが,スノボのも雪が入らないように工夫されているので,意外と適性がありそうな気がしています.もちろん Water Proof 性能も結構高いです.ダウンが入ったりしてモコモコしていると高速で風圧に負けるので,そんなところも選別の目安でしょうか.アシックスの2006年モデルが地元で安く売っていたので買ってみました.これにバイクメーカのパッチを付ければ,ライダーウェアっぽくなるような気がします.今度のツーリングでやっぱりバイクには使えない...となったら,スキーで使えばいいかと思っています.



【11/6追記】昨日のツーリングで高速に乗ったので,スノボウェアをライダージャケットとして代用する件について追記します.結果から言うと,そこそこ使えました.ばたつきは問題ありません.腕のところがきちっと締められる構造なので,それさえ締めれば大丈夫のようです.ただし高速の追い越し車線を普通に走るくらいの速度になると,やはりちょっと寒いです.スノボで遭遇するであろう速度域や風速に比べて条件が厳しくなるので,当然といえば当然かも知れません.下に着る物を工夫することでより快適になるでしょうし,PA三つに一つ入るくらいのペースで行けば大丈夫かと思います.来月は寒中ツーリングに行く予定なので,またレポートします.
[PR]
by jq1ocr | 2007-11-01 01:42 | 二輪車・四輪車 | Comments(3)
赤ボニーは無線機一台(VX-7)をハンドル周りに装備しますので,バッテリーからの配線を以下のように行いました.
d0106518_024569.jpg

power line for red bonnie

使用しないときには目立たないように powerpole™ を使っています.対して緑ボニーはちょっと面倒くさいことになってます.
d0106518_051732.jpg

power line for green bonnie

ハンディ機は使わないとき外しますが,FTM-10Sは常時接続しています.しかしこれの暗電流が約10mAあるようです.となると,毎日のようには乗っているわけではないので,動かさない期間が長くなると心配になります(*).そこでリレーを使うことにしました.無線機の本体はシート下のバッテリーそばに置きますが,フロントパネルと,ナビ用の電源ラインはタンクの下を通してハンドルそばまで持って行きます.ナビはいつも使っているわけではないので,DC/DC手前に powerpole を付けることとして,それを目立たないところに配線しておきます.ナビを使うときだけ,DC/DCをナビとの間につけるわけです.そんなわけで無事に電源部の配線が終了しました.


(*)Bonnevilleについているバッテリーは10Ahです.満充電でも計算上は40日位で空っぽになります.
[PR]
by jq1ocr | 2007-10-31 00:07 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)