人気ブログランキング |

アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:計算機(Mac, RPN 等)( 205 )

直方体に回帰した MacPro

ゴミ箱スタイルになってた MacPro のモデルチェンジが発表されましたね.
d0106518_10152287.jpg
現行の前のモデルは去年くらいまで使っていて,ケースの作りがとても素晴らしかったですが,この新しいのはどんな感じかな?ぱっと見では,前面穴だらけなのはホコリがたかりそうだなぁ,とか.ハンドルをみるとこのまま横にしてラックに挿せそうな形ですね.笑

去年 iMacPro を導入したばかりなので,これを買うことはないと思いますが,どこかで実物は見てきたいと思います.

by jq1ocr | 2019-06-04 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)
前エントリで REPL 要するにインタープリタで Mac から ESP32 の micropython を動かせるようになりましたが,プログラムをセーブして動かしたいですよね.セミナーでは uPyCraft という環境を使っていました.CUI でやる方法とかもありますが,ここではセミナーと同じにしたいと思います.

まずは uPyCraft ですが,mac 版がありますので,GitHub からダウンロードします.

https://github.com/DFRobot/uPyCraft/blob/master/uPyCraft_mac_V1.0.zip

起動するとフォントを入れろというウインドウがでます.
d0106518_20331762.jpg
そしてデスクトップにはフォントがおかれていました.
d0106518_20353869.jpg

ダブルクリックして「フォントをインストール」しますと,使えるようになります.
d0106518_20333437.jpg
TOOL > Serial から ESP32 を選びますと通信できます.下に >>> と出ればOK.

プログラムを書いて run すると,例のセミナーで得られた結果が mac でも得られました.
d0106518_20334511.jpg


by jq1ocr | 2019-03-29 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)
こんなセミナーに行ったわけですね.
d0106518_00184717.jpg
本題は別なのですが,教材として ESP32 を使ってまして,それで MicroPython しました.私は長年 C しか使ってないし,ESP32 も Arduino IDE でいいじゃないかとか思ってるのですが,周りの先生が Python がどうのとお話しされていたので,若干の興味はありました.MicroPython はこれのサブセットだと思うので,これを使っておけば少しは Python 触りましたって言えるかなと思いまして.笑
d0106518_00234490.png
前述のセミナーでは Windows 機をお借りして受講したのですが,うちに帰れば Mac しかありませんから,これでなんとかしたいと思います.幸い検索すると実際にいじってる先達がおられるので,自分なりに解釈して挑戦してみました.結論から言うとセミナーの内容はほぼ Mac でも実現出来るものでした.が,それは追々.今回は通信するまでのお話です.
d0106518_00235292.jpg
必要な手順は以下の通りです.

1. ESP32 用のファームウェアをダウンロードする
 micropython.org にある esp32-20190325-v1.10-230-ge0c6dfe90.bin をダウンロードします.ファイル名は現時点での最新ですから,この記事を読む頃にはもっと新しいのになってると思います.このファイルはホームディレクトリなど path の通ったところに置いておきます.

2. pip をインストールする
 書き込みツールをパッケージとして簡単にインストールするために,まずは pip を入れます.いくつか方法がありますので調べてみてください.

3. esptool をインストールする
 pip を使ってファームウェアを書き込むためのツールである esptool をインストールします.

4. ESP32 を USB で接続
 ケーブルをつないでから,それがどこにつながっているか確認(ls /dev)します.うちでは tty.SLAB_USBtoUART でした.
 見つからない場合はドライバ(CP210x USB to UART Bridge VCP Driver)も入れます.

5. ファームウェアを ESP32 に書き込む
 esptool.py を使ってファームウェアをアップロードします.
 esptool.py --chip esp32 --port /dev/tty.SLAB_USBtoUART write_flash -z 0x1000 esp32-20190325-v1.10-230-ge0c6dfe90.bin

6. 通信出来ているか確認する
 screen /dev/tty.SLAB_USBtoUART 115200
 で,ターミナルが通信出来ているか確認出来ます.変化がなければ return を一回押してみましょう.ESP32 からの REPL プロンプト(>>>)が表示されていれば通信できています.お約束ですが,print('hello, world') といれてみましょう.
d0106518_00261415.jpg
こんな感じに返ってくればOKですね.

by jq1ocr | 2019-03-28 21:10 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

京が引退

ニュースになってますので,みなさんご存じでしょうが,今夏,理化学研究所のスパコン「京」が引退するそうです.今のより百倍速いものが導入されるかららしいですが,引退する京もすごいものですから,捨てるならちょうだい!(置くところないけど)と思っちゃいますね.笑

具体的にどのくらいすごいかと言いますと,京の名通り,浮動小数点演算を1秒に1京回行えるのです.すなわち 10 PFLOPS = 10×1015 FLOPS となります.

ちなみに今私の使っている最新マシンは黒い彗星(笑)こと iMac Pro です.
d0106518_20520135.png

ベースモデルで,CPU は Intel Xeon W,W-2140B というタイプです.これの計算速度こちらのリストによれば 87.33 GFLOPS とありますので,87.33 ×109 FLOPS です.割ってみると,京のほうが約11万倍速いということになります.

iMac Pro のアカデミック価格は 554,900 円で,京の開発費は wiki によると 1,120億円とあるので,価格比は約20万倍です.ということは,iMac Pro の方が 1.76 倍コスパが良いと言うことですね.笑 まあ6年前の機械と比べるのはフェアじゃないですけど.

今やってるシミュレーションは1回の解析でだいたい14時間かかっていますが,京だったらざっと 0.5 秒で終わってしまうという計算になります.京はレンタルすることができるらしく,その料金は1時間120万円とのことですが,秒単位で課金されるなら1解析あたり 170 円で計算出来ちゃいます.そう考えると,借りるのも悪くないですよねぇ.ちなみに結果を論文で出すなら,審査は必要ですが無料で使うことも出来るらしいので,うちの場合はその方がいいかも.ただその権利が当たるかどうかという問題がありますけどね.
by jq1ocr | 2019-02-06 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

黒い彗星

赤い彗星は3倍速いらしいですが,今度来た黒い彗星は5倍くらい速いようです.
d0106518_16295642.jpg
もちろん仕事用です.早速ちょっとした解析をやらせていますが,50時間経っても終わっていません.前のだったらやらせようとさえしませんでしたけどね.笑.

by jq1ocr | 2019-01-25 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

フルスロットる

仕事用の iMac 用にメモリを入れました.
d0106518_15305856.jpg
iRam 8GB DDR3 1866MHz SODIMM 4枚です.入れる前は....
d0106518_15331243.jpg
入れたら
d0106518_15332411.jpg
スロットがいっぱいになりました.これでメモリを使う計算も速くなるかな?

by jq1ocr | 2018-12-05 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(2)

シャープの値上げ

うちでは電卓は RPN しか使ってないのですが,資格試験で使用できる電卓がありません.そこで普通の電卓も再び使えるようになるために練習しなければと思い立ちました.これでも学生時代は生徒会会計だったので,経理用の電卓をバシバシつかっていたのです.その勘を取り戻さねばなりません.

で,これにしようかなぁと思っていた電卓がこちら.
d0106518_21030295.jpg
シャープの EL-N942 です.だいたい 2700 円で買えるはずでした.ところがいざ見てみると店頭価格が 3600 円とかになっているのです.え???

で,調べてみるといきなり値段が上がっているではありませんか.
d0106518_21031286.jpg
いったい何があったのでしょう??カシオの電卓は変わってないようでしたが,クリアが左下なので悩んでいます.
d0106518_21032993.jpg
でもレビューを見るとそれで困っているという意見は見かけないので問題ないかな??0と00の配置も独特です.

まあ年一資格に関して今年の目標はもう達成しているので,まだ時間はあります.もうちょっと考えてみましょう.

by jq1ocr | 2018-05-12 21:00 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

VFD 電卓

何気なくカシオのページを見ていたら,プリンタ電卓の中に VFD (多分)を使っているモデルがありました.
d0106518_18121442.jpg
現行機種です.すばらしい!

けど,プリンタいらないんだよなぁ.普通の電卓で出して欲しいなぁ.あ,もちろん RPN でお願いします.そうなったら絶対買います!スタバの Venti と同じ原理(*).笑 何回も言っていると,そのうち本当に....なったらいいな.笑


(*)Venti
スタバの大サイズです.当時帰国子女(嘘)だった私,なんで日本のスタバには venti がないのか不思議でした.そんなとき,スタバに意見を言うチャンスがあったので要望したところ,日本人には大きすぎるとの回答でした.何昔も前はコーラは 250cc の缶でしたが,その当時はとっくに 500cc が一般的になっており,venti にもすぐ慣れる旨強く主張したのです.そんなあるとき,スタバに行ったらなんと venti が出来ているではありませんか.もちろん私の一言で出したわけはないですが,それでも自分の主張が受け入れられたのだからと,それからはスタバではほぼ必ず venti を頼んでいます.今アメリカでは更に上のサイズ Trenta があります.これが日本に来たら...?いや,そこまではいらないかな.笑

by jq1ocr | 2018-05-11 21:30 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

CASIO S100R

こんなの出たら買っちゃう,という願望のお話.

カシオが現在出している電卓に S100 ってのがあります.約3万円と近年の電卓にしては高価ですが,作りがよくて素晴らしいらしいです.私も欲しい.でも買えません.いや,金額の話じゃないんです.入力形式が問題なのです.私はすっかり RPN でないとダメな思考回路になってしまいまして,いわゆる普通の電卓が使えないのです.でもこの S100 は格好いいし,使えるものなら普段使いしたい.

今,居間にあるのは hp 15C ですが,昔の伝説の hp のとは外見しか同じではありません.今の hp 電卓は全然 hp じゃない会社が作ってる所為か品質もよろしくないのです.なので是非 CASIO にはこれの RPN 版を作ってもらいたいのです.たとえばこんなの.
d0106518_09553144.jpg
題して S100R です.S100 の RPN 版ですね.男気の1行表示と言いたいところですが,やっぱりスタックが一つくらい見えていた方が安心なので2行にはしました.仕事じゃないから関数はなくてもいいです.

もちろん関数電卓でも RPN があるとうれしいし,品質がよければ今使っている(現行の) hp をどんどんリプレイスしていきたい.数式表示やらプログラミング機能やら正直いらないです.もちろんどこかに需要はあるので皆無にしろとはいいませんが,基本的にはそんなことはパソコンでやればいいのですから.電卓には電卓にしかできないことに注力してもらいたいのです.

RPN を出さないのは,売れないと思われているのかなと思っていますが,意外と需要はあると思いますよ.それに数式で入力する方式は,学生生徒の数式の理解度を高めることにはなりません.教科書に書いてある数式をそのまま入れることに注力し,その数式の意味を考えなくなってしまうのです.教育的にも電卓を使うならシンプルがベストだと思いますね.今の関数電卓はみんな豪華になっていて,逆にそういうシンプルなのがないから教員としても困っているのです.

あ,そうそう,あと一つ電卓メーカーに要望があります.今の表示ってみんな液晶ですよね.それ以外にも VFD とか OLED みたいな発光素子のモデルも出してほしいです.やや暗いところで使うこともあるのですが,液晶だと見えなくて困るんですよ.今出せば現行「唯一」じゃないですか?で,それが RPN なら私にとっては福音かつ至宝となること間違いなしなのでした.笑

by jq1ocr | 2018-04-19 21:00 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

ふっくら MBA の liposuction

下のふたを開けようとしたら,バチーンとネジが飛んでいきました.笑
d0106518_18333701.jpg
ネジ留めされているのを外すとすっきり.
d0106518_18340130.jpg
歪んでいたのが戻りましたので,外した状態で,外部電源のみで動くなら,何かに使えそうです.裏蓋を戻して,見た目は普通になりました.まさにこれが本当の liposuction ですね.笑

とりあえずバッテリー単体です.これの良品があれば直せますが,まあ新しいのも来たし退役かな?
d0106518_18354923.jpg
ケースを割ってみると中はぱんぱんに膨らんだラミネートが出てきました.
d0106518_18363033.jpg
セルによっては 0V だったり,0.7V くらいだったりでした.いずれにしてももうダメです.あまりにパンパンなので針でも刺してみたくなります.笑


by jq1ocr | 2017-12-23 21:00 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)