アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:工具・道具( 290 )

新製品にこんなのが出てました.
d0106518_19210189.jpg
半導体アナライザ DCA55 です.これは前からあるはずですが,何が違うのかな?と思ったら,単4仕様になったのですね.

前にあったのは A23 という単5サイズで 12V というちょっと特殊な電池だったのが,入手しやすい単4仕様になったということです.

うちにはこれの上位機種である DCA75 がありますから,DCA55 を今から買うと言うことはありませんが,そっちにしたのはもちろんカーブトレーサー機能があったからというのが大きいものの,DCA55 のほうの電池が特殊だということも理由の一つでした.それが単4仕様になると,DCA75 と同じですし,トレーサー機能まではいらないという人は,迷わず DCA55 にしよう,となるかも知れませんね.

[PR]
by jq1ocr | 2018-05-22 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)

Radar 消しゴム

大分昔ですが,こんな消しゴムを使ったことがあります.
d0106518_17170325.jpg
Radar 消しゴムです.これがどうもプラスチック消しゴムの元祖らしいです.その前は名前の通りゴム製だったらしい.Radar という名前も電波人(笑)としては気になるのですが,取扱のあるお店が少ないです.

この消しゴムはシードという大阪の会社の製品なんですね.ちなみにコンタクトレンズのシードとは関係ないそうです.関東だとトンボ鉛筆の mono シリーズが定番なので,radar 消しゴムはあまり扱われていないのかも知れません.
d0106518_17180237.jpg
mono はどこでも売ってて,少なくともこの辺では標準的な製品です.しかしプラスチック消しゴムの元祖と言われると radar が気になってきます.そして今年は radar 誕生から50周年らしい.スリーブが特別色になっている記念モデルもあるようなのでますます気になります.ミーハーなもので.笑 販売店情報をみると,割と近くのお店にも置いてあるようなので,今度行ったらみてみようと思います.

[PR]
by jq1ocr | 2018-05-15 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
万年筆の話です.うちの万年筆は基本的にペリカンですが,それは行きつけの万年筆屋さん(フルハルター)がペリカンを扱っているからというのも大きいです.ここで買うと自分の書き方に合わせてペン先を研磨して調整してくれるのです.

ところで万年筆のもう一つ巨頭と言えばモンブランですね.これも昔使ったことがあるのですが,書き味が自分に合ってなかったので,いつの間にか使わなくなってしまいました.まあそれほど高価なモデルでもなかったし.それからペリカンにしてはまったためにペリカン派になってしまったわけです.しかし,このときのモンブランは本気モデルではありませんでした.そこでいつかまともなのを使ってみたいなぁとは思っていたのですね.具体的にはマイスターシュテック 149 です.
d0106518_17325000.png
しかしもし買うなら快適に使いたいので,出来れば調整してもらいたいです.でもフルハルターでは扱ってもらえません.なので,モンブランはあきらめていました.

でもこんなサービスがあるのですよ.モンブラン銀座本店にいくと,筆記パッドでの試し書きから筆圧,速度,種々の角度などを計測してくれます.そしてその計測結果と用途や好みを加味してペン先をオーダーメイドしてくれるわけです.これはすごいですね.

ただしドイツで作られるので,職人さんに気に入らない点を直接伝えて細かく修正してもらうということは出来ませんし,そもそも追加修正を受けてもらえるかどうか分かりません.ただそれでは本当の bespoke とは言えなくなるので,時間はかかってもやってくれるとは期待していますが.ちなみに完成までに2ヶ月ほどかかるようです.まあそれは仕方ないか.

しかしここで一つ大きな問題が....万年筆自体は9万円くらいですが,ビスポーク料金が16万くらいらしいのです.うーん,ちょっと手が出ないなぁ.苦笑 でもビスポーク専用のペン先に気になるのがあります.それはこちら.
d0106518_18284870.jpg
真ん中のが Signature といってサイン専用なんです.立てて細くも書けるし,かなりユニークなので気になるのでありました.

[PR]
by jq1ocr | 2018-04-25 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)
いよいよ秋月で扱いが始まりましたね.
d0106518_12471301.jpg
Analog Devices の ADALM1000 です.

アナログ学習ツールですが,簡単に言えば USB でパソコンにつなげて簡単なオシロになるとか,信号発生器になったりします.Digilent の Analog Discovery の廉価版みたいな感じでしょうか.

・2ch信号発生(電圧出力、電流出力のどちらかを選択可能)
・2ch信号計測
・2.5V,5.0Vの電源供給
・4chデジタル入出力
・USBバスパワー接続

もちろん秋月での価格は4750円と結構安めなので,ちょっとした実験や学習にいいと思います.

[PR]
by jq1ocr | 2018-04-03 19:00 | 工具・道具 | Comments(0)
先日買ったツボ万のアトマですが,平面性が高いので砥石の平面出しに使ってみました.今までは別の砥石で共擦りしてましたが,どうも平面がちゃんと出てないのですよね.で,これならいいなと思いまして....

まずは使用前です.ちょっと軽く研いでみますと分かりやすいですので....
d0106518_14153517.jpg
このように端がへこんでいるようですね.で,アトマでいきます.
d0106518_14154551.jpg
とりあえずこのくらいにしてみます.
d0106518_14155336.jpg
で,もう一度研いでみます.
d0106518_14160115.jpg
まだ角が落ちてますね.とりあえずこの状態でしばらく使って,そのたびにアトマをかけていけばすぐ平らになるでしょう.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-22 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)

三角定規

三角定規なんて買わなくてもすでに持ってるはずなのですが,必要なときに限って見つかりません.小学生が使いそうな小さいのだけは出てきましたが,もうちょっと大きいのが必要です.

というわけで,仕方なくお店に行って買ってきました.
d0106518_22122473.gif
Staedtler 966

いわゆる 24cm タイプです.メッシュは 5mm で線の色はグレイになっています.紙が白でも暗い色でも使えるように工夫されていますね.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-20 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)

A1C 20周年記念電鍵

こんな感じの小さな縦振と
d0106518_21292344.jpg
パドルが
d0106518_21293349.jpg
会員向けにでました.これらをコンボにするホームベースもあります.
d0106518_21294558.jpg
私はくっつけて使うつもりはない(前に出たコンボキーの「絆」がある)ので単体で注文しました.

第1ロットは早々に払底したそうですが,まもなく第2ロットの受注も始まるでしょう.これは限定というわけではなくて,ある程度は希望する会員に行き渡るくらいは作るのではないかと思いますが,どうでしょうね?

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-19 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)
私が現在主に使っているコンパスは結構しっかりしたこちらです.
d0106518_01063873.jpg
Staedtler Mars 555
スミスチャートを書くときに重宝するエクステンション付きで,開閉はレバーを押しながらのクイック機構と,通常の中車式の併用,手を離したときは両足が固定されるタイプです.
d0106518_01065308.jpg
さて,ひょんなことからディバイダが必要になりました.探せばあるかもしれませんが,とりあえずすぐ出せるところには持っていません.一時的に使うだけなので買うほどでもないのです.まあ買ってもそんなに高いものじゃないですけど,この先使う予定のないものを買うのも癪ですからね.で,コンパスの換穂ケースを開けてみたら,鉛筆の芯と針が入ってました.
d0106518_01070413.jpg
この針は片方が段付き(ステッドラー曰く「安全針」)で,もう片方は一般的なコーンになっています.
d0106518_01071315.jpg
どっちがいいのかわかりませんが,普通のディバイダって段付きになってるイメージがないので,とりあえず両方コーンにしとこうと思います.
d0106518_01072834.jpg
これでディバイダってことでいいですよね.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-18 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)

ツボ万

うちのヤスリで小さいのはツボサンを愛用しているのですが,もうちょっと大きいのも買おうかなぁと思い立ちました.ところがそのときちょうど「なだ万」(料理屋)の話をしていたので,間違ってツボマンって引いちゃったんですね.

そうしたら,こんなのが出てきました.
d0106518_23475648.gif
ツボ万のアトマエコノミーです.エコノミーという割には価格はしますけど.現在は普通の砥石同士を共摺りして平面出しをしていますが,このような構造の砥石なら気を遣わないでも平面がでやすいので,いいかなぁと思いました.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-11 23:30 | 工具・道具 | Comments(0)
先月買った刃の黒幕 #12000 のレビューです.今まで #5000 までだったので,#12000 となると超仕上砥の領域になります.

d0106518_23443897.jpg
使った感じは #5000 より柔らかく,研磨力を感じます.砥石自体も柔らかめですね.ただこのレベルの仕上砥は初めてなので,ほかと比べてどうかはわかりません.研いだ感じは #5000 が若干かすみ目の鏡だとすると,#12000 はヌメッとした感じの鏡になります.とてもいいですね.価格の価値は十分あるかと思いました.減りは速そうですが,私の使用ペースだったら十年は大丈夫かな??

ちなみにこのシリーズでこの上になると #30000 ですが,カミソリなどに使われるような鏡面仕上砥で価格も#12000が7本買えるくらいします.素人レベルではないですね.刃物を仕事で使い,必要性を感じるようになれば別ですが,まあ手を出すことはないでしょう.砥石自体が趣味の対象というわけでもない(もしそうなら天然に行ってる)ので.私の砥石はこれで完了です.

[PR]
by jq1ocr | 2018-03-09 21:00 | 工具・道具 | Comments(0)