人気ブログランキング |

アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

カテゴリ:工具・道具( 325 )

限定版測量野帳

ロフトに行ったらこんな野帳がおいてありました.
d0106518_09542669.jpg
表紙に何か絵が描いてあります.これはスケッチブックですが,ウォンバットのようです.ほかにレベルブックはコアラ,トランシットはハリモグラなどいくつか種類がありました.

トランシットは測量に使う道具で,こんな感じ(↓写真は wiki より)のものですが,みなさんも工事のときにこれで作業している人を見たことがあるのではないでしょうか.
d0106518_09543809.jpg
測量士補の試験勉強で初めて本来の使い方を理解しました.笑 レベルは水準測量と言いますが,要するにその場所の高さを言います.これを出すための水準儀のデータを書き込むのに使うのにレベルブックは便利なようになっています.
d0106518_09550652.jpg
これもようやく意味が分かりました.笑

測量野帳は外で手持ちしながらメモを取るのに便利なよう表紙が硬く,ポケットにも入るサイズになっています.うちでは在庫管理でレベルブックを使っていますが,このように測量以外の用途にも便利に使えるので,世の中には野帳好きなヤチョラーと呼ばれる人が多いそうです.笑

今回は釣行メモにしようと思って,スケッチブック(3ミリ方眼)を買ってみました.これは最初に採り上げた測量野帳60周年記念限定版なのですが,価格は普通版のざっと倍なので,仕事で使っている人は買わないでしょうね〜.笑 ヤチョラー向けにコクヨさんもいろいろ考えてるみたいで.まあ楽しい製品が出るのはうれしいことですので,ちょっとばかり応援した次第.


by jq1ocr | 2019-05-22 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)

Edelstein Olivine

平成最後のエントリは最近マイブームな万年筆ネタです.さて自宅での informal には Pelikan M710 Toledo を使うことが多いです.これはフルハルターで初めて買った万年筆でした.

d0106518_08423802.jpg

W-Germany 印のいわゆる銀トレド.ロジウムメッキの銀色なんじゃなくて,本当の銀なので使わないでおいておくと硫化して黒くなってしまうのが難点であり,ホンモノ感でもあります.笑

買った当初は自分で調合した海松色に近いインクを入れていましたが,一瓶使い切った後,同じ色を復元することができず,近年は Perikan Edelstein Aventurine を入れていました.ただこの色は明るすぎるのですね.いくら informal 用とはいっても,本当のお遊びやほんの差し色にしか使えません.

前にも書いたことがあるかも知れませんが,Edelstein シリーズは定番色以外に,毎年一色づつ限定色を出していまして,2年前に出たのがなかなかいい色だったのですね.これを三越で買ってきました.GW中は車で出かけるとどうなるか分からないので,家の周りでおとなしくしていようって思いまして(といっても今はうちのご近所さんが日本で一番忙しくなってるのですけど.苦笑),すぐ行ける行楽地(笑)に行った次第.万年筆はフルハルターで相談すると決めていたので,ここの万年筆コーナーは通るだけだったのですが,さすが老舗百貨店だけあって店員さんは詳しいし親切丁寧で,ついつい予定にないものまで買おうとしちゃいました.しかし現金優待してもらうほどの手持ちがなく,インクだけのお買い物でした.フルハルターが引っ越しちゃって万年筆関連に困っていましたが,これからはここにしようかなぁと思いました.

さて話をインクに戻しますと,買ったのはこちらでした.
d0106518_09002456.jpg
Olivine です.橄欖石という意味で,この鉱物の宝石質のものはペリドットと呼ばれる,緑色の石です.Edelstein には宝石の名前がついているので本来だったら Peridot って名前にすればいいのにと思いましたが,インクの色はもっと暗いので,オリビンにしたのかな?と思いました.

比べてみますと,まずは前に使っていた Aventurine がこんな感じ.
d0106518_09142396.jpg
で,今回買った Olivine がこちら.

d0106518_09144944.jpg
画面だとわかりにくいですが,茶色っぽい成分が強くなっています.落ち着いた色合いで,以前トレド用に作った色に近く,使いやすい色だと思いました.しばらく使ってみます.

by jq1ocr | 2019-04-30 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)

鉛筆最強説

ある程度オフィシャルな文書などには万年筆を使うことが多いのですが,メモ書きでは私は鉛筆かボールペンが普通です.シャープペンシルは全く使わず,持ってすらいません.某所でシャープペンシルは鉛筆よりコスパがよいとの話があって,それは違うのでは?と疑問に思ったので調べてみました.

コスパとは要するに筆記距離を価格で割ったものを言っているのだと思います.筆記距離は鉛筆が50キロと言われていて,シャープペンシルの芯は1ケース(40本)あたり10キロだそうです[1].

d0106518_15200432.gif
鉛筆はハイユニみたいな高級品でも1本ざっと百円くらい,シャープペンシルの替え芯は1ケース二百円くらいでしょうか.まあもっと安いのもあるかも知れませんが,いずれにしても鉛筆の方が相当コスパはよいという結果になりました.

大量に書く必要があるとき,鉛筆がいいかまでは分かりませんが,少なくともシャープペンシルは避けた方が良さそうですね.芯だしノックするのに思考が妨げられますので.

[1]鉛筆の歴史,日本鉛筆工業協同組合,2001.

by jq1ocr | 2019-04-26 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
パイロットの意欲作と思うカクノを入手しました.これで国内産大メーカー(プラチナ,セーラー,パイロット)が揃いました.パッケージはセーラーのカリグラフィーと似ていますね.
d0106518_12531119.jpg
中はこんな感じで,パッケージの構造はちょっと違います.
d0106518_12532098.jpg
カートリッジは1つだけ入っています.今回選んだのは透明軸でペン先は EF です.カートリッジは使う気もないので,もちろんコンバータも入手しています.
d0106518_12532789.jpg
コンバータの中にはステンレスボールが入っていますね.カチャカチャ鳴っていい気分ではありませんが,ペンのためにはいいのかな??
d0106518_12533431.jpg
これに入れるインクは J. Herbin の Rouge Opéra です.
d0106518_12534207.jpg
仕事で赤いインクはしばしば使いますが,メインの M800 には Edelstein の Ruby が入っています.比べてみるとこんな感じです.
d0106518_12535079.jpg
さすがにカクノはステンレスだし EF だしで,結構カリカリした感じです.ただ小さい字を書かなければならないときにはそのほうがかえって書きやすいかも知れません.もちろん普段はいわゆるヌラヌラのほうが好みですけどね.


by jq1ocr | 2019-04-24 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
最近万年筆付いているので,文房具屋さんでそんなコーナーを見ていたらカリグラフィ用の万年筆がありました.そんなに高くないし(ミュージックとかと比べたらという意味ですね.笑),前からちょっと興味はあったのでコンバータとともにゲット.
d0106518_08582719.jpg
太さは 1.0, 1.5, 2.0mm がありますが,一番太いのをゲット.中にはカートリッジが3つも入っていました.字が太いとインクも結構使うので,このくらい入ってないと遊べないのかな?
d0106518_08583623.jpg
ちなみにカートリッジをそのままセットするとこんな感じに見えます.
d0106518_08584560.jpg
下はコンバータです.で,入れ替えるとこんな感じ.
d0106518_08585459.jpg
キャップもコンバータも青系なので,インクも青系にしてみました.
d0106518_08590554.jpg
パイロットの iroshizuku <色彩雫> で,朝顔です.
d0106518_08591585.jpg
うまく使えると面白そうですね.ちょっと練習してみようかな?もちろん漢字も書けます.
d0106518_08592881.jpg
デザインができる人だと面白く使えるのでしょうね.私は全然だめですが.ちなみにペン先はステンレスかと思いますが,思いの外よくできていて,引っかかる感じもしないし書きやすいです.

by jq1ocr | 2019-04-22 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)

プラチナポケロング誕生

手元にペン先の摩耗した P-200 と,まだまだ使えるプラチナポケットがあります.P-200 はコンバータがつきますが,ポケットは短すぎてつきません.そこで,軸を入れ替えてみたのがこちら.
d0106518_08325054.jpg
上が P-200 にポケットのおしりをつけたもの,下はポケットに P-200 のおしりをつけたものです.使いたいのは下のポケットですが,すでにポケットに入る長さではありません.ポケロングと命名.笑

ちなみに上は P-20 といった感じでしょうか.笑 でもこれ使えないです.というのもねじのピッチが違うので,途中までしか入らないのです.
d0106518_08355958.jpg
まあこっちは使うつもりはないのですが.しかしポケロングの方もピッチが違うはずですが,こっちは問題なく入るのですよね.微妙な組み合わせなのでしょうね.

by jq1ocr | 2019-04-21 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
母からもらったプラチナ万年筆,上から P-200 とポケットです.
d0106518_18432818.jpg
ポケットは首軸は長いのですが胴軸が短く,コンバータがつきません.下のがそうです.
d0106518_18433748.jpg
で,考えました.P-200 は退役かなと思っているので,その胴軸をポケットに付ければいいじゃないかと.
d0106518_18434477.jpg
つけてみたら,ちゃんとつきました.が,妙に長い.
d0106518_18435105.jpg
ペリカンの M800 と並べても負けません.
d0106518_18435975.jpg
使用状態にしても少し長いですね.
d0106518_18440608.jpg
ただコンバータがつくのは利点ですし,長くしても握った感じは悪くありませんでした.

一方,P-200 にポケットのお尻が付くかは,コンバータをつけてしまっているので試していませんが,こっちは使えなそうな長さになっちゃいますね.まあ P-200 のペン先が摩耗していて退役でしょうから,それでもいいかも知れません.
d0106518_18442083.jpg

by jq1ocr | 2019-04-19 21:30 | 工具・道具 | Comments(2)
簡単のためにはインクカートリッジを使えばよいわけですが,うちでは瓶を使うためコンバータをまず入手することにしました.調べてみると Converter 500 という 500円のものがあります.
d0106518_01025824.jpg
あともう一つ,Converter 700 という 700円のものがあります.
d0106518_01030767.jpg
てっきり高い方が容量が大きいのかと思ったら,いずれも 0.53cc ではありませんか.結局違いは金色か銀色かくらいなようです.なんでこんな微妙な....苦笑 万年筆の軸が透明ならコンバータの色にもこだわっていいでしょうけど,P-200 は不透明なのでここは当然安いほうで.笑 まあペン先とかも金色ですしね.
d0106518_01031950.jpg
これに合わせるインクは J. HERBIN の Bleu Myosotis (忘れな草ブルー)を小瓶で買ってみました.
d0106518_01032972.jpg

ところで母は寿命のきた P-200 の代替でプラチナポケットを買ったらしいです.ただこれは残念なことにコンバータがつきません.
d0106518_01033883.jpg
ペン後部が短すぎるのです.これには仕方なくカートリッジ式のブルーブラックを買いました.
d0106518_01034950.jpg
プラチナのブルーブラックはちょっと昔のタイプのインクでして,タンニン酸第一鉄が入っています.これにより書いてすぐは青ですが,この染料が退色した後,鉄成分が残り黒く見えるようになるというものなんですね.なので,染料系なのに耐光性が高いのです.このインクは酸性なのでペン先が鉄だったりするとさびるらしいですが,うちの万年筆は金なので大丈夫です.ちなみにこのタイプのブルーブラックインクは今では珍しいらしいです.

さてインクを入れて両方書いてみたのですが,P-200 のほうはさすが寿命なようで,かりかりと引っかかる感じがします.筆記角度を母が使っていたくらいに合わせても,使い心地は改善しませんでした.でも一応は書けます.一方ポケットの方は全然問題ないですね.比較するとこんな感じです.
d0106518_01040046.jpg
上が P-200 (ペン先:SCRIPT)に HERBIN の忘れな草ブルーを入れたもの,下はポケット(ペン先:中字)にカートリッジ式のブルーブラックを入れたもので,書いてすぐの色調です.どっちもそっくりなんです.時間がたつと下のは黒っぽくなってくるはずですが.字の太さは中字の方が若干太い感じです.が,ニブポイントの状態が違いすぎるので比較するのは難しいかも知れません.P-200 はやっぱり退役かなぁという気はします.

by jq1ocr | 2019-04-18 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)
Pelikan の Edelstein シリーズのインクは,定番カラー以外に毎年特別色を出してきています.その2019年版がこちら.
d0106518_18281791.png
Star Ruby です.現在赤系は Ruby を使用していますが,それよりも鮮やかな色のようです.Ruby は何年も前に買ったのですが,赤って毎日使うわけでもないので,50mL あってもなかなかなくならず,次の赤を...というのも気が進まないわけです.インクもあまり古くなるとよくないですからね.J. Herbin のようにお試しにも使えるような 10mL プチボトルとかあったらいいのになと思いました.

by jq1ocr | 2019-04-17 21:30 | 工具・道具 | Comments(0)

プラチナ万年筆 P-200

実家で片付けをしていたら母が昔使っていた万年筆が出てきて,もう使わないということで持ってきました.

d0106518_11471054.jpg


d0106518_11472414.jpg


d0106518_11473466.jpg

プラチナ万年筆の P-200 というモデルのようです.地球儀マークは昭和初期から使われていたマークで,その後Pマークになっています.Pマークが出来たのが昭和44年だそうですから,だいたいそれよりは前の製品ではないかと思います.

d0106518_11474536.jpg
クリーニングしたところ,ペン芯が透明なことに気づきました.

d0106518_11475313.jpg

調子はというと

d0106518_11480412.jpg

script とあります.いわゆる細字で,硬調子.逆側は

d0106518_11481669.jpg
Platinum.メーカー名ですね.先の方は...

d0106518_11482593.jpg
ニブポイントはうちの他のペンにくらべてずいぶん細いです.付いてんの?くらい.

d0106518_11483550.jpg


d0106518_11484261.jpg

あらら,ずいぶん立てて使っていたようでかなり摩滅してますね.もう寿命かな.私の記憶のある限り最初から長い間母はこれを使っていて,次にも別の万年筆を使っていましたが,そのあとは鉛筆やらボールペンになってます.やはりお手軽な方に流れるようで.笑 使わなくなった万年筆もそのまま放置していたものですから,クリーニングは超音波洗浄機を持ち出してきたりして結構大変でした.

うちの万年筆は基本ペリカンで太字が多いですが,添削で小さいところに書き込むために細字の万年筆が欲しいと思っていましたので,ほぼ寿命が来ているように思いますが,ちょっと使うくらいならこれでいけるかも知れません.ただ持つ角度が大分私と違うから引っかかりそうな気がするなぁ.だからといってニブポイントを付け足してもらうのも新しいのが余裕で買えるくらいかかっちゃいますからね.ペン先交換出来るのかな?とりあえずはインクを入れてちょっと使ってみようと思います.

by jq1ocr | 2019-04-10 21:30 | 工具・道具 | Comments(3)