人気ブログランキング |

アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2019年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

穴釣りタックルを決める

昔使ったアナゴ竿でいいかも?と思ったのですが,よく考えたら一本モノでした.まあ車で行くことが多いので,それでも問題ない場合は多いのですが,とりあえずこれは予備に回してもう一本買うことにしました.悩んだ末に決めたのはこちら.

d0106518_18391380.jpg

宇崎日新の POWERFUL テトラ 1.1m です.中華あたりの安竿と同じくらいの値段ですが,これはれっきとした日本製です.まあ仕上げはそれほど期待出来ないでしょうけど,がさつな扱いにどうせガチャガチャになっちゃいますからね.そしてそれに組み合わせるリールはこちら.
d0106518_16265444.jpg
シマノのチヌマチック 1001 です.同じシリーズの上位モデルは替えスプールがついていたり,ベアリングも多かったりしますが,穴釣りはそんなに繊細なわけじゃなくて,ガツンといく感じですからね.笑 コロネットやクラブデミにしなかったのは巻き上げや送り出しがスイッチ式だったからです.例えば左巻だとすると,竿は右で持ちますね.スイッチはハンドルの逆,すなわち右についているので,操作するならちょっとやりにくいなと.結局実戦投入すればフリーで使う感じなんでしょうけどね.チヌマチックだとクラッチレバーが操作しやすい位置にあるので使いやすい(はず)です.ベイトキャスティングリールと同じ.

あと手持ちの船アナゴ竿も投入して二セット作っておくなら,スーパーコロネットあたりを付けておくのが面白いかも知れません.二人で釣れるわけですしね.ただその場合にアナゴ竿+コロネットのほうが私に割り当てられてしまうかも.笑 ただ,あんな感じの昔からあるタイプの両軸リールって使ったことがないので,使いこなせればそれはそれで格好いい?なんて考えたりして.笑

by jq1ocr | 2019-06-30 21:30 | 釣り | Comments(0)
穴釣りのことを考えている昨今ですが,うちに「東京湾アナゴ」と書かれている竿があるのに気づきました.そういえば,昔船釣りに行ったときに買ったのを思い出した次第.長さは 135cm です.穴釣り用に考えている中ではちょっと長めですが,調子はキス竿とかと比べると固めな感じで,まあなんとか使える気がします.とりあえず初戦はこれで済ませるのが手っ取り早くていいかな??

by jq1ocr | 2019-06-29 21:30 | 釣り | Comments(0)

穴釣りタックルを考える

以前延べ竿を買ったので,夏のハゼはこれでいこうと思っているわけですが,秋も深まると岩場の隙間に潜り込んでいたりするそうです.そんな穴釣りでは数は出ないものの,大きいのが釣れるらしい.実は大きいハゼが釣れたらやってみたいことがあって,焼き干しにして,それで正月の雑煮を作りたいんですよね.

足下を釣るためには短い竿が良いのですが,穴が深いと短い延べ竿では難しくなります.和竿に興味があるので,水雷竿とかいいかなと思ったのですが,地面に置いたりしますから,お宝に傷が入るのは必至.なので,まあ和竿はそのうち出会いがあったら考えることにして,ここでは普通の短い竿にしようと思うのです.長さは 1〜1.3m くらいでしょうか.

この手の竿は安物が多くて,ダイワやシマノでは見かけません.ところがここでも宇崎日新はやってくれます.その名もずばりパワフルテトラです.(同じ名前で別メーカーもあるので注意)

d0106518_18391380.jpg

1.1m と 1.3m があります.1.1m のにしようかな?価格はなんと2千円ちょいで,それでも日本製.現物は見たことがありませんが,もし安っぽいイメージだとさみしいです.あとあまり安いのもちょっと怖いということであれば,黒武士ってのもあります.

d0106518_18404809.jpg

チヌ竿で価格は1万円くらい.先調子ですが,それでも更に3種類あります.どれがいいのかな??ただちょっと重いんですよね.グラスロッドだからかな?穂先が元竿収納式なのがいい感じ.まあシーズンはまだ先なのでもうちょっと考えます.

リールは糸を出し入れすることを考えると両軸が使いやすそうです.ダイワだとスーパーコロネットですかね.
d0106518_18423535.jpg
サイズが 5, 7, 10 とあります.一番小さい5でも用途的には問題なさそう.シマノだとクラブデミ.

d0106518_18425157.jpg
これはサイズが 10, 15, 20 とあります.同じ10で比べると,シマノの方がちょっと軽め.(ダイワが102g,シマノは90g)

あまり小さくても使いにくいような気がするし,シマノのクラブデミ 10 にしようかなぁ??ただロッドが黒いとリールも黒い方がいいかも?あとは竿をチヌにするなら,チヌにも挑戦するという感じでリールもチヌマチック(シマノ)というのもありかな?
d0106518_19063970.jpg
これだと前の両軸と違ってハンドルを左右に入れ替えられないけど,私は左で巻くので,特に入れ替えの必要はないから,こっちでもいいかな.操作もしやすそうだし.これまたもうちょっと考えてみます.基本的にはパワフルテトラ+スーパーコロネットもしくはクラブデミのセットか,黒武士+チヌマチックのセットかなぁと思っていますが.

ただこうなるとハゼの穴釣りじゃなくて,完全にロックフィッシュ狙いですよね.まあ食べておいしい魚はみんな好きですし,そういう釣りはやってみたいので継続審議ということで.

【追記】
黒武士を使って釣っている写真を見ました.穂先がとても軟らかく,釣れていなくてもかなりな弧を描いています.それも一番硬いであろう先調子硬式でです.チヌは穴に逃げ込むことがないのでこのような調子でよいようですが,ごぼう抜きする穴釣りで,ハゼはともかく,ロックフィッシュも考えるとこれは厳しいかも知れません.なので,とりあえずはパワフルテトラコースにする方向でいきたいと思います.ただリールはチヌマチックの方が便利かな?値段も桁違いって訳じゃないし.

by jq1ocr | 2019-06-28 21:30 | 釣り | Comments(0)

【書評】江戸前の釣り

図書館で借りてみた本です.
d0106518_10570726.jpg
三遊亭金馬は今四代目ですから,この著者は先代です.ちなみに小金馬はうちの町会のイベントにもよく顔を出してくれていましたが,しばらく前からお見受けしないと思っていたら昨年亡くなっていたのですね.残念.

話は本に戻します.最初に一年間の毎月の釣りものについての話題が並びます.

1月 ワカサギ
2月 タナゴ
3月 フナ
4月 ヤマメ,ハヤ,ヤマベ
5月 アオギス
6月 アユ
7月 テナガエビ
8月 シロギス
9月 アジ
10月 ボラ
11月,12月 ハゼ

しかしこの中で江戸前なのはハゼだけ,あとは江戸としてもタナゴくらいなもので,あとは千葉とか大阪とかの話題になっています.題名と中身がだいぶ違いますね.苦笑

次いで道具や地方での釣りの話が続きます.さすが落語家だけあって,話は面白いですね.ただ冗談なのか本当なのか分からないような話もあったりします.本人が話しているのを聞いていれば分かるでしょうけど,文字面には出てきにくいですものね.笑

基本的にはこの本自体が古いのですが,その中でも昔話みたいな内容のところでは,うちのそばの橋でタナゴがよく釣れたとか,身近な場所の話が結構出てくるので親近感が湧きます.江戸前の釣りではなく,ある釣りキチな江戸っ子の話として読めば,大変楽しく読める良書かと思います.

by jq1ocr | 2019-06-27 21:30 | 釣り | Comments(0)

三越のウナギ

釣具屋で見かけた針なのですが....
d0106518_10093026.jpg
三越とあります.この辺で三越と言えば,日本橋の三井越後屋.そう,百貨店の三越(みつこし)です.三越でウナギは売ってますけど,結構なお値段ですよね.まあおいしいでしょうけど.日本橋には昔魚河岸がありました.今は豊洲に行っていますが,この間まで築地でしたよね.その前は日本橋だったのです.そういう由来もあるのか,この辺にはうなぎ屋さんは何軒もあります.

しかしこの針の三越は「みつこし」じゃなくて「みこし」と読むのですね.由来は分かりませんが,三井越後屋とは関係ないでしょうね.笑 この辺でもウナギが釣れるらしいので,機会があればこの針で挑戦してみたいと思いました.

by jq1ocr | 2019-06-26 21:30 | 釣り | Comments(0)

テナガエビの素揚げ

まずはシンプルかつ美味と言われる素揚げにしてみました.
d0106518_23501308.jpg
殻まで食べられるようにと二度揚げしたのですが,揚げすぎたようで全く歯ごたえを感じないくらいに柔らかくなってしまいました.揚げ加減の浅い,ちょっと赤いくらいでやめたものの方がおいしかったです.今度はもうちょっと時間を短くしてみたいと思います.

by jq1ocr | 2019-06-25 21:30 | 釣り | Comments(0)

テナガエビ蓄養槽

泥抜き用の蓄養槽にはトロ箱を使っています.AC で動くエアポンプや大型のエアストーンを買ったのですが,水の汚れが気になるので,あとからフィルタもつけてみました.こんなやつです.
d0106518_19303749.jpg

水作 エイトコア ミニというものです.これがなんと三百円弱で買えてしまうんですね.ただ交換用の濾材が本体並みの値段だったりするんですよね.プリンタ商法みたいな印象.苦笑 まあペット用じゃないから日常的に使うわけではないし,シーズンが終わったら日干しかな.

早速ポンプから分岐でストーンとフィルタに分けて両方を一気に動かしてみることに.
d0106518_19304935.jpg

ところが単純に並列にするとフィルタの方がエアの抜けがいいものですから,ストーンの方から全く泡が出てきません.そこでバルブを調整して,フィルタへの流量をしぼり,両方が動くようにしました.左がフィルタ,右がストーンです.
d0106518_19311765.jpg

3分岐じゃないかと言われるかもしれませんが,2分岐よりも3分岐の方が安かったからというだけです.笑 分岐を買うときに二分岐ならバルブはいらないかと思ったのですが,このような調整をすることもできるので便利ですね.
by jq1ocr | 2019-06-24 21:30 | 釣り | Comments(0)

電気ウキ FF-1/LG 落手

二本竿のことを考えて,緑と赤,両方買いました.
d0106518_19280826.jpg

電池は BR-435 です.入れてみましょう.まず赤.
d0106518_19283612.jpg

結構明るいです.次いで緑.
d0106518_19284716.jpg

これも目に痛いくらいの明るさです.まあ遠くに投げるなら,このくらい光ってもらわないとダメなのでしょう.

ちなみに使わないときは電池を外すようにと注意書きされていますが,外した電池の置き場に困りますね.先端部の電極に金物などが触れればショートしてしまいますし.なので,ウキの中にしまっておくのが正解かなと.もちろん普通に入れると光ってしまいますから,逆にしておくのです.
d0106518_19285470.jpg

ウキの中に水などが入っていると,それはそれでまた電流が流れてしまいますから,その点は注意しましょう.

ところで改造できたらなと思っていたのですが,中がこんな感じなのです.
d0106518_19290418.jpg

スリーブのようなものがウキの内側にはめ込まれているように見えます.このスリーブが外せれば,発光部分がいじれるのですが,接着されていると壊しそうなので,ちょっと様子見します.
by jq1ocr | 2019-06-23 19:00 | 釣り | Comments(0)
電気ウキを買うなんて言っているので,ケミホタルが意地を見せたのでしょうか.1週間前に折ったケミホタルを冷蔵庫に入れていたのですが,それがまだ光っています.なので,今回そのまま使うことにしました.
d0106518_13103005.jpg
仕事が終わったのが遅かったので,当然スタートも遅くなってしまいましたが,潮の加減はちょうどいい感じです.1時間半くらいやって釣果はこのくらい.
d0106518_13103771.jpg
釣り場も狭いし,環境も過酷なのでそれほど釣れるわけではないのですが,仕事帰りに行くとなるとどうしても大川になってしまいます.荒川や江戸川だともっと釣れるみたいなので,いつか行ってみたいのですが,なかなか時間が取れず,このままシーズンが終わりそうな雰囲気です.苦笑

さて,テナガエビの雄はこんな風に測るらしいので,私も真似してみました.笑
d0106518_13104689.jpg
大きいのから二匹並べて....18.5センチと19センチでした.定規の目盛りが見にくいので釣り用の買っちゃおうかなぁ.あ,竹尺があったからそれでもいいかな.


【釣果】
テナガエビ ×12(最大 19 cm)

by jq1ocr | 2019-06-22 20:00 | 釣り | Comments(0)
まだ買ったわけじゃないのですが,電気ウキを改造して電池長持ちを目指すのもいいかなぁと思っています.普通の電気ウキはそこそこの距離にあっても見えるような輝度で光らせるはずですが,私の用途は夜テナガですから,足下釣りです.すると,そこまでの輝度は要らないんじゃないかと思うわけです.

買おうと思っているのは冨士灯器の FF-1/LG です.説明を見ると BR435 という電池を使います.さらにこの電池のスペックを見ますと,

公称電圧 3 V
公称容量 50 mAh
連続標準負荷 1 mA

とありました.標準負荷であれば 50 時間くらい使えそうな感じですよね.まあ終止電圧 1.8 V でのスペックなので,高輝度 LED の VF を考えると,そこまでは使えないとしても,電気ウキには約 15 時間と書いてありますので,少なくとも 1 mA ではなくもっと流しているのでしょう.電流を多くすると実質容量は公称に満たなくなるので,3 mA を下回る程度で動かしているものと推測できそうです.

LED は秋月で普通に入手出来るものを見ると,IF は標準 20 mA などと書いてあるのが多いので,ウキは結構少ない電流で光らせているのですね.まあ電池が小さいので仕方ないのでしょう.ウキ専用の LED を使っているとは思えませんが,3mA もあれば十分というのが実情と考えられます.

ここで,電池のスペックからすれば 1 mA で使えば,50 時間ももつことになります.輝度は 1/3 くらいになってしまうでしょうが,足下で使う分には問題ないと思います.ですから,1 mA くらいになるように電流を制限すれば1シーズンもたせられるような,エコモードにできそうです.実際のところはウキの実物を見てみないと,どういう風に改造出来るか分かりませんが,電流制限には抵抗を入れ替えるか,CRD でも挿入してやるのがよいかと思います.

ちなみにテナガの場合はアタリが早かったり微妙だったりすることは期待しないので,エコモードにするためには輝度を落とす以外に,デューティー比を落とす方法が考えられます.制御回路がはいるほど,買うつもりのウキは小さくないので,制御部が内蔵されている自己点滅 LED を使うのが簡単そうです.ただ秋月でみると自己点滅 LED は全て直径が 5mm です.買うウキの LED は 3mm 径なので,簡単に入るかは分かりません.

まあどっちにしても現物を見てからじゃないと,考えても無駄になりそうなのでこの辺で.笑

by jq1ocr | 2019-06-21 21:30 | 釣り | Comments(0)