人気ブログランキング |

アマチュア無線やバイク,釣りの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2019年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

某所で新ビオフェルミンSの広告が目にとまりました.
Silver Eagle に背を向けられる?_d0106518_15565414.jpg
あれれ?なんだこれ.拡大してみましょう.
Silver Eagle に背を向けられる?_d0106518_15570329.jpg
おぉ,これは Astatic の Silver Eagle じゃないですか.私も使ってますが,横の PTT は握力が要るんですよね〜.hi
Silver Eagle に背を向けられる?_d0106518_19234650.jpg

ちょっとこれだけじゃ事情が分からないので,ビオフェルミンのサイトの広告ページを見てみます.動画がありますね.なるほど,こうなっているわけですか.
Silver Eagle に背を向けられる?_d0106518_15581677.jpg
放送してるイメージですね.でもそれならなぜにマイクがそっぽ向いてるんでしょうね?PTT も握ってないし.笑

by jq1ocr | 2019-07-31 21:30 | 徒然話 | Comments(0)

行ってみたい釣り堀①

今度のチャリハゼはどこにしようかなぁとグーグルマップしてたら,向島に隅田公園魚つり場というのを発見.
行ってみたい釣り堀①_d0106518_23341992.jpg
うちからだとちょっと遠いかと思ったけど,横十間川まで行くのと大して変わらないようです.調べてみるとヘラブナが釣れるようですが,驚いたのが利用料金です.なんと2時間で30円.300円のタイポじゃなくて正真正銘の30円ですよ.区営とは言え,すごい設定だなぁと思ったのですが,元々は小中学生向けということなのでそうなってるのかも知れません.ただこの時期は周りでハゼはガンガン釣れるわけだし,ヘラなんて渋すぎてお客は大人が多いかも?なんて想像してます.リリース制で竿は 3m 以内(実際の運用は 1.8m までという記事がツリーバにありました),針はスレ限定です.一応竿のレンタルもあるようです.

北十間川でハゼ釣りして,隅田公園でヘラ釣りもするというコースもありかな??

by jq1ocr | 2019-07-31 07:30 | 釣り | Comments(0)

ダイワ クリール 35F 落手

散歩しながらハゼ釣りしたいということで,注文していたクリールが届きました〜.近くの店で売ってなかったので通販です.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00101412.jpg
梱包はシンプルですね.この封筒の中に直です.まあ壊れるようなものじゃないからOK.過剰包装は処理も大変ですからね.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00102582.jpg
持ち運ぶときのために,付属のショルダーストラップを横のD環につけることが出来ます.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00103522.jpg
こんな感じですね.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00104402.jpg
あるいはベルトに通す方法でしょう.ストラップだと肩が凝りそうなので,私はこっちかな?
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00110357.jpg
幅的には2インチ強までのベルトは通りますので,選択肢は多くて便利かも.インナーの内側に袋を仕込んで,その中に魚を入れるようにすれば荷物も同居可能ですね.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00111327.jpg
前のポケットは仕掛けとか?
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00121706.jpg
その前のメッシュ部は大きくないので,せいぜい釣針くらいかな?
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00123770.jpg
このクリールの肝である投入口は内側から見るとこんな感じです.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00125015.jpg
でね,思ったのですよ.これの上位モデルってプロバイザーのこちらですが...
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00131474.jpeg
これはハードインナーの周りに発泡スチロールの断熱材が入るのと,あとは投入口にビニール袋がつけられるような枠があるんですね.こんな感じで.
ダイワ クリール 35F 落手_d0106518_00132305.jpg
実は投入口自身はきっと同じ部品だと思うのです.ですから,パーツでこの枠を買えば,袋が簡単に付くようになるんじゃないかと思っています.今度部品がとれるようだったら,そんなに高くはないので調べてみましょう.

by jq1ocr | 2019-07-30 21:30 | 釣り | Comments(0)

鉗子を使ってみた

このところすっかり小物釣りブログと化してしまった湧雲日記ですが,PV ではあくまで無線系のようです.模様替えしようという気はないのですが,最近は無線やってないし,ハンダゴテも握ってないし....まああくまで日記なんでご寛恕ください.

さてテナガエビの針外しに使おうとダイワ/スノーピークのダインカットベンドノーズプライヤー AC-115 を以前買いました.
鉗子を使ってみた_d0106518_15504489.jpg
ところがこれの合わせがあまくて,極細であるテナガエビ用の針がちゃんと掴めないではありませんか.結局今はかみつぶしを付けるときや糸を切るときにしか使っていません.もっと太い針だったら大丈夫なのでしょうけども.

そこで鉗子を買うことにしました.医療用のにしようかと思いましたが,釣りに使うなら釣り用を選んだ方がいいかなと思い,こちらを選択.
鉗子を使ってみた_d0106518_15505803.jpg
ダイワ フォーセップ S Type B(ベント)です.

この形でフォーセップ(forceps)というと医療用の鉗子の印象がありますが,釣り用のもフォーセップっていうんですね.ピンセットも英語だとフォーセップです.まあ鉗子自体が手術用のイメージか.笑 ダイワのこれは合わせ目がぎざぎざしていますから,細い針でもグリップしそうです.そしてロックが一重なので,途中でロックされることがないですし,合わせ目がぴったり噛んでから,さらに握りこんだところでロックされるので,普通に軽く使う分には勝手にロックがかかることがないのがよいですね.ロックしちゃうと外すのも少し力が要りますから.店頭でいろんなのを見ますと,このロックが多段になっているものがあります.それだと私の個人的な考えでは,使いにくいのではないかと思います.

ちなみにハゼ釣りで何回か使ってみましたが,よかったです.ただ針が飲まれたのをとったというパターンはなかったので,真価はまだ発揮していないと思います.あとテナガエビにはピンセットも使ってみたのですが,思いの外針が固く食い込むみたいで,ピンセットの方が負けちゃうのです.これだったら剛性も相当ありますから曲がることもないでしょう.今後も使ってみて気づいた点があったらエントリします.

by jq1ocr | 2019-07-29 21:30 | 釣り | Comments(0)

JP1YDG 一時停波予告

総務省からの依頼により JP1YDG 東京電機大学レピータの 1.2GHz FM ポートならびに DV ポートを以下の通り停波する予定です.

8/22 16時 停波
9/2 15時 運用再開

なお,430MHz DV ポートに関しましては,この期間も停波せずに稼働の予定です.

JP1YDG 一時停波予告_d0106518_17145510.jpg
JP1YDG アンテナ・南にスカイツリーを臨む


by jq1ocr | 2019-07-29 17:30 | 業務連絡 | Comments(0)

秋田狐をポチる

釣り針って消耗品ですね.釣れれば当然,釣れなくてもいろんなところに当たって鈍ってきます.子供の時はそれでも気にしないで使っていましたが,包丁とかを自分で研いだりして鋭さの威力を理解するようになると,やはりある程度のところで針は交換した方が結果が良いと思うようになりました.さすがに自分で研ぐところまではいってませんけど,どんどん交換しようという大人な思考(笑)になってまいりました.

さて先日がまかつの針を買いましたが,一袋に20本くらいしか入ってないので,ほぼハリスを付けてしまい,もう予備がありません.計算すると一本10円くらいになるので,これからも釣りにいそしむのであればこの部分をどうにか考えたいと思います.

さすがに日本は釣り針のメーカーは結構ありまして,大手以外にもいろんな会社が頑張っています.簡単に通販できそうなのは,タイガーとか土肥富あたりでしょうか.タイガーは安いですけど,種類が少ないようです.もし自分が欲しいちょうどのものがあればいいのですが,そうでないならマルトのほうがたくさんの種類があります.あとはヨリモドシとかの小物もありますね.販売単位が百個とかなので,一度買ったら私なら一生持ちそうですけど.笑

ちなみにハゼとテナガエビに共用で使えるのがあったらいいと思っています.今テナガに使っているオーナー針の形状を観察すると,秋田狐と同じように見えます.そしてハゼにも秋田狐はよいようです.なのでこれの,2〜4号をとりあえず買ってみることにしました.
秋田狐をポチる_d0106518_22294577.jpg
仕上げもニッケル,金,赤,青などいろいろ用意されているので,号数毎に色を変えて注文しました.あとはそのうち行きたい根魚の穴釣り用にも考えなくてはならないのですが,そっちは父がいろいろ持っているのでもらってこようと思います.

ところで先日買ったハリスのホンテロンですが,ちりちりっぽくなっても,引っ張るとある程度はまっすぐになるのが大きな利点ですね.普通のナイロンハリスは引っ張ってパーマがかかっちゃうと戻りませんから,交換しなくてはならなくなるのに対し,ホンテロンだとある程度は引っ張って引っ張れる(笑)のが便利です.
秋田狐をポチる_d0106518_22315405.jpg

by jq1ocr | 2019-07-28 21:30 | 釣り | Comments(0)
昨日は隅田川花火大会でしたね.うちからでも音は聞こえるのですが,全く見えませんので,散歩がてら大川の方に歩いて行ってみました.途中で変な自販機を発見.
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19355406.jpg
左上から...
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19360551.jpg
すっぽんスープです.760円.その隣は
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19361573.jpg
うまだし,140円.これらは温かい状態で出てきて,そのまま飲むもののようです.その下は
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19362642.jpg
白だしとあります.お値段なんと800円.これは飲むわけじゃなくて,料理に使うモノですね.希釈目安は,かけうどん 1:10,煮物:1:4〜6,茶碗蒸し 1:5,吸い物 1:13,おでん・寄せ鍋 1:7〜8,炊き込みご飯2合につき30ml,だし巻き卵3個 大さじ1:2,浅漬け・和え物・サラダ・冷や奴・卵かけご飯にはそのままかけるとのことです.

さらにその下は
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19365298.jpg
あごだし800円です.

東神田にありましたが,他にもどこかにあるかも知れませんね.しかし,なんでこんなところに?というところにありました.笑 酔っ払って間違って買っちゃったりしてね.スープなら良いけど,濃縮ダシはやばそうだなぁ.

そのあと北上して蔵前くらいまで来たらこんな感じでした.
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19370383.jpg
見える花火はそれほど多くありませんが,音はすごいです.ほとんど人を見に行ったようなものですね.毎回のことですけども.遅くなると食事処が混むので,さっさとお店に入って食べてしまいました.お店を出てからも少し花火のかけらをビルの隙間から見て帰りました.ちなみに途中でこんな自転車がありました.
隅田川花火大会を聴きに行く_d0106518_19371251.jpg
分かりますかね?浮いてるんですよ.たまにはこんな散歩も楽しいですね.

by jq1ocr | 2019-07-28 20:00 | 徒然話 | Comments(0)

江戸前ハゼ調理上の注意

どの辺を江戸前と言うかには諸説ありますが,元々は漁師村だった佃島の前あたりを主として,深川くらいまでの海という意味合いだったそうです.しかしもうすっかり埋め立てられてしまっていますから,ここでは範囲を広くとって,とりあえず朱引(正確には文政江戸朱引図を参照)の前,すなわち西は東品川,東は荒川手前くらいまでの海としておきましょう.その辺の魚は多少遡上もしますし,古くは隅田川河口で獲れたウナギのことを江戸前と呼んだそうですから,ここではそこにつながる汽水域も江戸前ということにします.川上産を江戸後といったそうですから,横十間川とかで釣ったら江戸横とかいいそうなものですが.笑 ちなみに寿司の江戸前はすっかり「江戸風」というような元来からかけ離れた単純な意味合いになってしまっていて,本当の江戸前の魚を使った寿司はほぼないですけどね.

さて,昔から江戸前のハゼはおいしいと言われているそうです.しかしこの辺りは決して清浄な環境というわけではないので,食べるときには多少気を遣った方が良いかもしれません.というのも,江東区保健所からのニュースに区内産ハゼの汚染実態調査というのがあって,それによるとダイオキシンや PCB の検出量は継続的に大量に食べることがなければ問題のないレベルではあるものの,当然ながら一般に流通している鮮魚よりは高いそうです.なので,以下のように保健所から注意喚起されております.

江戸前ハゼ調理上の注意_d0106518_00431818.jpg

ふむふむ,頭と内臓をとればだいぶ安全に近づくということですね.頭と内臓は一動作で取れますから,こんな感じにしてから料理に使うとよいということです.

江戸前ハゼ調理上の注意_d0106518_00453453.jpg
やり方が分からない方もいらっしゃるかも知れないので,イラストで説明しますと...

江戸前ハゼ調理上の注意_d0106518_15051478.jpg
①まず背びれあたりをおさえて,上から首の骨を切った後,頭を最後まで落とさないで首の皮一枚残します.図で言うと赤い破線のあたりで寸止めするわけです.②そしてその高さのまま包丁を動かして,頭を前に移動させますと,内臓は頭にくっついてきます.このとき腹の皮くらいはちぎれてしまいますので,作業は速いです.

ちなみに小さなハゼの方が単位重さあたりの汚染物質の蓄積量は少ないそうなので,佃煮くらいにしかならないサイズならそのままという方法もあるかも知れませんね.まあそんな小さいのを釣るのは難しいと思いますが.笑 なお放射性物質に関しては,検出限界以下だそうです.

by jq1ocr | 2019-07-27 21:30 | 釣り | Comments(0)
思えば今年はテナガエビ釣りしかやってません.テナガ釣りで外道のハゼがかかったことはありましたが,狙ってのハゼ釣りはやったことなかったし,特に延べ竿で狙ったこともなかったので,そういう意味でも初挑戦です.そこでハゼ用にと用意してあった「ひなた中継32M」を携えて出撃しようと思います.
【2019釣行⑪】ハゼ釣り・ひなた中継竿おろし_d0106518_19160177.jpg
ところが行こうにも場所が問題です.うちから散歩がてら行けるような場所で釣れるのが最高ですが,万世橋や日本橋で釣ってるのは見たことがないし,こんなところで衆目を集めたくもないですよね.そこで延べ竿で釣れそうなところをネットや本を調べてみると,佃島,スカイツリー下,横十間川あたりが紹介されています.あえて比べれば佃島が一番近いけど歩いて行くほどは近いわけではありません.そこで自転車で行くことにして地図を見ながら作戦を立てました.もし堅川(両国橋東詰のすぐ南を東西に走る掘割)で釣れたらそれは近くて便利.釣れなかったら東進して大横川を偵察,そこもだめならさらに猿江まで行ってド本命の横十間川でいいのではないかと.

そんな感じで出かけたのですが,結果的には終点の横十間川まで行くことになってしまいました.途中では釣れるような感じではなかったのです.横十間川に行くと何人も釣り人がいて安心しました.ただ工事中で狭くなっており,釣れる場所が限られているのが残念です.S橋から遊歩道に入り南下し,今回自分が入ったのはこちら.
【2019釣行⑪】ハゼ釣り・ひなた中継竿おろし_d0106518_19161246.jpg
これだけ釣り人がいるわけですから,きっとみなさん釣れているんですよね?入れパクになったらどうしよう.小さい袋しか持ってきてないぞ,なんて捕らぬ狸しながら糸を垂れました.しかしアタリがまったくありません.投げ込む場所が悪いみたい.岸に近いところにいれないとダメそうです.で,結局釣れたのは7尺もあれば十分な場所ででした.苦笑 もちろんこの竿は 3.2/2.8m のマルチレングスなので短くしましたが,仕掛けは面倒なのでバカ出しで使いました.
【2019釣行⑪】ハゼ釣り・ひなた中継竿おろし_d0106518_19162479.jpg
今回は生ホタテを電子レンジで1分半加熱したものをエサにしました.これはかなり積極的にアタリが来るのですが,あわせが難しいですね.今回初めての脈釣りでのハゼに挑戦したわけですがタイミングが難しく,結局まだ分かっていません.竿もかなり柔らかく,あわせがどうしても1テンポ遅れてしまいます.どうやってこの道具を使いこなそうかと,試行錯誤して楽しんでおりましたが,しばらく釣っていたら潮が止まったのか,ぱったりとアタリがなくなったので撤収することにしました.

片付けてから,自転車に乗りS橋まで北上したところ,和竿を使っているグループがわいわい楽しそうにやってました.いいですよね,仲間がいれば釣れない時間も楽しいですし.自分も和竿だったら声をかけたかったですが,そもそも自分はまだそんなレベルじゃないので通り過ぎるだけでした.

さて今回,針は秋田袖5号をメインに考えていて,金袖3号を1本しか持ってきていませんでした.型を考えると3号をもっと持ってくれば良かったと思いました.その虎の子の3号は何匹か釣った後で根掛かりしてあっさり失ってしまい,あとは秋田袖5号で頑張りました.ここで3号があったらもう少し釣れたかも知れません.もちろん「かも」ですけど.笑 結局束なんて夢のまた夢,ツ抜けすら達成できずと言うぼろぼろの結果に初戦敗退でした.今度はかき揚げが出来るくらい釣りたいものです.


【2019釣行⑪】ハゼ釣り・ひなた中継竿おろし_d0106518_19163565.jpg

【釣果】
マハゼ x8
ダボ x1

by jq1ocr | 2019-07-26 21:30 | 釣り | Comments(0)
スーパーコロネットと言えば先日 ST-7RL を買ったばかりなので,ここを定期巡回されている方なら,なんで??と思うかも知れませんね.スーパーコロネットは3サイズあって,小さい方から ST-5RL, ST-7RL, ST-10RL です.最初は一番小さい 5 でいいと思っていたのですが,値段がなぜか 7 が安かったのでそれを買ったのでした.

ところがその所為か 7 が一番売れていたのでしょうね.amazon で見たら今は 7 が一番高くなっていました.笑 その代わりか 5 が今度は一番安くなっていたのです.

スーパーコロネット ST-5RL もポチる_d0106518_12110398.jpg

コロネットのパーツ供給を調べたところ,一部の部品が製造中止となっており,もう入手できないようです.もしかしたらもうモデル末期なのかも知れません.穴釣り用にと買ったチヌマックスがかなり機能てんこ盛りで重いので,かえって穴釣りには向いてない気がしています.なので,これを機に 5 も一個買い足しておこうという気になったのでした.

しかしどうせならクラブデミにして違いを調べた方が良かったかな??

by jq1ocr | 2019-07-25 21:30 | 釣り | Comments(0)