人気ブログランキング |

アマチュア無線やバイク,釣りの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

<   2020年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

電池が切れて恐怖体験?

妻から「キッチンで「電池切れです」という声がして,それからビッって鳴ってる.怖い.」とメールがきました.ガスコンロの電池がなくなったんじゃないかと思ったのですが,電池切れのサインもでてないらしく,いったいなんなんだ?と.電池切れだと言ってくれるのは良いけど,自分は何なのか言って欲しいですよね.苦笑

他に電池を使うものなんかあったかなぁと思ったら犯人はこちらでした.

電池が切れて恐怖体験?_d0106518_11430733.jpg

火災警報器です.だったらこちらの電池を交換すればいいかなと.

電池が切れて恐怖体験?_d0106518_11430721.jpg

ただこれは千円強しちゃいます.サイズ的にはほぼ CR2 と一緒のようです.

電池が切れて恐怖体験?_d0106518_11430751.jpg

正確には CR2 を少し長くしたような感じなので,タブ付き CR2 があれば入りそうです.が,これが売ってないのですねぇ.スポット溶接機を作っちゃえばいいや,と思ったものの,そんなにしょっちゅう使うモノじゃないし,普通に買った方が良いかな.

ちなみにこの警報器ですが,十年ちょっと前につけたもののでした.本体は概ね十年を目安に交換することが望ましいとされています.ということは,電池を交換してもう十年使うのも不安がなくはないですから,新しいの買うことにしようかな?

by jq1ocr | 2020-01-31 21:00 | 徒然話 | Comments(2)
これからは ESP だよなぁとか思いつつも,始めたばかりで細かいことがまだ出来るようになっていないので,結局 AVR を取り出してきました.今から作ろうと思っているものにはこれでも十分だからというのもあります.デバッグするのに LCD があったほうがいいのでつけたのですが,これを動かすための TWI (I2C) をすっかり忘れてしまっています.

以前作ったプログラムを見ても意味が分からなくて,結局プロトコルを見ながらまた一から作ることに....やってるうちに,前作ったプログラムの意味を思い出したりして,ずいぶんと回り道をしてしまいました.苦笑 ともあれ悪戦苦闘の結果,こんな感じにどうにか表示はできるようになったのでよかったです.

久々の TWI に振り回される_d0106518_17091054.jpg

ちなみに TWI のデバッグにはもちろん Logic を使いました.

久々の TWI に振り回される_d0106518_17090914.jpg

でもこれの使い方すら忘れていて,前にシリアルのデバッグに使ったときの設定から変えたいのにいったいどこをいじれば?という状態に.いじり回しているうちに結局は使えたのですが....もう近年は忘れっぽくていけません.プログラム適性が皆無な私は前やってたことも忘れるくらいなのに,新しいこと(ESP)出来るのかなぁ.苦笑

by jq1ocr | 2020-01-30 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

理科学部会

私が高校時代に所属していた部活は理科学部と言いまして,ここ十年近く文科省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH) に指定されているため,今でこそアカデミックな感じの活動が基本なようですが,私たちの時代はいわゆる光画部みたいなノリの部活でした.笑

昨年そこの一つ上のO先輩とひょんなことから会いました.その話をY先輩にしたらしく,久々に会いたいね,なんてことになったので,せっかくだからと更にT先輩にも声をかけて4人で先週会いました.

理科学部会_d0106518_14024477.jpg

部の先輩でなければ街で会ってもただのおじさんおばさんという感じなのでしょうが,高校時代を知っているせいで,制服を着ていた時代の姿で上書きされて,歳を感じないのが面白いですね.

今回は都合が付かなかった先輩もいるので,そのうちまた東京駅周辺でやりたいと思います.参加希望の理科学部員(99±1くらいが中心)がいらっしゃいましたらお知らせください.本エントリに匿名コメントでお寄せいただいても結構です.

by jq1ocr | 2020-01-29 21:00 | 徒然話 | Comments(0)
ESP32 を買ったときに,そのおかずにと買ったのはこちらでした.
ESP32 で BME680 を動かしてみる_d0106518_11242429.jpg
はい,BME680 ですね.温度,湿度,気圧と有機溶剤などを検知するガスセンサがついています.面白そうだなと思っていました.

ところで ESP32 の開発環境としてはお手軽には Arduino IDE があります.Lチカもこれで行いました.しかし,ESP32 の機能をフルに生かすようなプログラムは出来ないようで,公式の開発環境である ESP-IDF を使った方がよさそうだと考えています.

しかし,これはインストールするのもちょっと面倒くさいので,限界が来るまでは Arduino IDE でいこう,と手抜きモードに入っています.笑 そんなわけで Arduino IDE を使って BME680 をとりあえず動かしてみようと思います.

接続はこんな感じ.
ESP32 で BME680 を動かしてみる_d0106518_11244191.jpg
使ったブレッドボードの幅が ESP32-WROOM(1"幅)+100mil しかないので,足が片方しか出せないという体たらくです.どっちをあけるか考えましたが,こちらの作例では 21, 22 ピンをそれぞれ SDA, SCL にしているため,そちら側を使うようにしました.すると,電源がとれないのですね.そこで 19 ピンを出力の HIGH にして,これを電源にすることにしました.笑

あとこの作例では Adafruit Sensor と BME680 のライブラリが必要です.後者は Arduino IDE のライブラリマネージャで検索してインストールできますが,前者が見つかりません.探したら GitHub にあったのでこれをインストールしました.こちらです.入れ方はダウンロードして unzip したのをフォルダごと ~/Documents/Arduino/libraries/ に突っ込むだけ.

実行してみると,シリアルでこんな感じに出てきます.
ESP32 で BME680 を動かしてみる_d0106518_11263088.jpg
いじっているので,上の作例とは出力形式が違いますが,まあこんな感じにでてくるのでうまく動かせたと思います.ただ簡単すぎて,自分で動かした感ほぼゼロ.なんの知見も得られずちょっとつまらないですねぇ.苦笑

ちなみにガスセンサーはアルコールも検知するので,こんな風にしますと...
ESP32 で BME680 を動かしてみる_d0106518_11264318.jpg
出力がこんな風になります.
ESP32 で BME680 を動かしてみる_d0106518_11265265.jpg
抵抗値が下がるのですねぇ.あとはどんなガスでどんな変化をするのか調べてみたいと思います.


by jq1ocr | 2020-01-28 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

次期制式は ESP ?

今までマイコンで電子工作というと AVR ばかりやってました.というのも,以前は Mac で開発できるものがあまりなく,そんな中 AVR には AVR MacPack (今の名前は CrossPack) があって,とても簡単に使えたからです.もちろんその後 PIC も Mac で出来るようになったものの,乗り換えるほどのこともなくそのまま来てました.

あるとき野暮用で Arduino を使っていたら,その IDE でもっと便利な ESP も使えると,そして冬休みの宿題のおかげで実際に触ることにもなって,もしかしたらこれは行けるんじゃないかと思った次第.

ESP シリーズには最初に出た ESP8266 (ESP-WROOM-02 モジュールに使われている) と,次に出た ESP32 があって,Bluetooth の有無やメモリサイズが違ったりもしますが,私のプロジェクトだと ESP8266 で間に合うものがほとんどです.ESP8266 の利点は ESP32 に比べて安い以外にも,サイズと消費電流が小さいと言うことがあります.

秋月で値段を見たら ESP8266 が載っているモジュール ESP-WROOM-02 はなんと 250 円です.
次期制式は ESP ?_d0106518_11415071.jpg
これに対し,現主力制式の ATMeaga328P は 230 円.
次期制式は ESP ?_d0106518_11415050.jpg
328 も機能の割にはそんなに高くないと思っていましたけど,ESP のすさまじい性能を見てしまうと,値段との釣り合いが桁違いです.赤国メーカーだから,何か入ってるんじゃ?と思わなくもないですが,おもちゃに使う分にはいいかなと.ただ便利すぎて,何でもこれになっちゃったりするのは怖いですけどね.苦笑

とりあえず開発ボードを買ってLチカしてみたことは書きました.
次期制式は ESP ?_d0106518_19095783.jpg
けども,Arduino IDE では出来ないことがあって,この辺,なんとかしようと思っているところです.

by jq1ocr | 2020-01-27 21:00 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

NYPステッカー落手

届きました.
NYPステッカー落手_d0106518_23232988.jpg
同封されていたのはこのステッカーとお手紙.
NYPステッカー落手_d0106518_23232945.jpg
これが名刺みたいに小さいのです.昔の一海特の別紙を思い出しますね.笑 これを封入するのも面倒でしょうから,今度からステッカーの裏紙に印刷してしまっては如何でしょう?コスト的には別紙の方がいいのでしょうか?

by jq1ocr | 2020-01-26 21:00 | コンテスト・移動運用 | Comments(4)

Bluetooth も結構飛ぶ?

自宅の iMac を使っていたら,いきなり Bluetooth の接続認証ウインドウが出ました.こんな感じのスマホからの要求のようです.

Bluetooth も結構飛ぶ?_d0106518_23170724.jpeg
うち,こんなの使ってないし,どこのでしょうね?隣でしょうか.結構飛ぶものですね.え?自宅内からじゃないかって?そうだとするとメチャ怖いんですけど.苦笑

by jq1ocr | 2020-01-25 21:00 | 徒然話 | Comments(0)
に予定されていることが,ARRL VEC Tokyo Team のページにアップされておりますが,現在受験申し込み受付中です.試験まで日がないので受験希望者は急ぎましょう.この試験は No walk-ins です.必ず事前に申し込みを行う必要があります.試験を受けられる方のご武運をお祈りいたします.

【重要】受験時には有効なパスポート若しくは外国人登録証の提示が必須となっています.時々忘れる方がいらっしゃいますが,忘れると受験できませんのでご注意ください.no exceptions です.また FRN は日本の住所でも登録できますが,受験時には米国内の住所の記入が必要です.

You must present your foreign resident registration card or valid passport to our receptionist. And you need to provide a mailing address in the united states when you fill an application form at the test site even though an address in Japan can be entered on your FRN registration.

【余談】Amateur Extra の現在の Question Pool (QP) は今年6月末に有効期限が切れます.現行の QP で勉強されている方はお早めに受験されると良いかも知れませんね.

by jq1ocr | 2020-01-25 08:30 | 資格・免許 | Comments(0)

ESP32 でLチカ

冬休みの宿題であった ESP-WROOM で作るお天気表示ガジェットをいじり倒して,ご機嫌になった私,他にも挑戦してみようと ESP32-WROOM-32D DevKit を買ってきて来ました.

ESP32 でLチカ_d0106518_19095783.jpg

ただこれは冬に使ったボード(ESP-WROOM 02) 設定のままでは,書き込めませんでした.ここに説明がありますが,要するにターミナルに下のコマンドをコピペしろと.笑(一行ずつじゃなく,丸ごとでOK)

mkdir -p ~/Documents/Arduino/hardware/espressif && \
cd ~/Documents/Arduino/hardware/espressif && \
git clone https://github.com/espressif/arduino-esp32.git esp32 && \
cd esp32 && \
git submodule update --init --recursive && \
cd tools && \
python get.py 

すると Arduino IDE のボード選択で ESP32 Dev Module というのが選べるようになりまして,プログラムが書けるようになります.

最初プログラムを空で書き込んだのですが,しばらくすると異常に発熱していてビックリしました.もしかしたらイケナイことをしちゃった?ちゃんと Mac と通信(プログラム)出来るか試したかっただけなのですけども.

とりあえず空っぽはよくなさそうなのでLチカを書いて,ESP32 をブレッドボードにさし,23 番に LED をつないでみたのですが,点きません.テスタで見ると 0.2V くらいのまま変化なし.変だな.では 22 番にしてみよう.点きました.え?逆になんでこれで点くの?点いたら点いたで謎が....なんかちょっと不安になります.

ちなみにプログラムは載せる意味もないとは思いますけど,一応.

void setup() {
 pinMode(22,OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(22, HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(22, LOW);
  delay(500);
}

これで,0.5秒点いて
ESP32 でLチカ_d0106518_19095779.jpg

0.5秒消え
ESP32 でLチカ_d0106518_19095705.jpg

の,繰り返し.ちなみにこの状態ではチップは熱くなりません.おかず(笑)も買ってあるので,次にでも使ってみることにしましょう.IO 23 の謎は解けぬままですが,何か他のことに使われているのかな?

by jq1ocr | 2020-01-24 21:00 | マイコン・電子工作 | Comments(0)

JP1YDG 一時停波予告

総務省からの依頼により JP1YDG 東京電機大学レピータの 1.2GHz FM ポートならびに 1.2GHz DV ポートを以下の通り停波する予定です.

2/25 15時 停波
3/2 15時 運用再開

なお,430MHz DV ポートに関しましては,この期間も停波せずに稼働の予定です.

by jq1ocr | 2020-01-24 13:30 | 業務連絡 | Comments(0)