アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr
今日は帯広から石狩に帰るというのがミッションです.叔母から「じゃがポックル」という北海道限定の美味しいお菓子があると聞いたので,以前売っていたという情報がある帯広駅や周辺のデパートに行きましたが,売り切れでした.残念.
d0106518_21322124.jpg

じゃがポックル

流行が一時治まるまで待つことにしましょう.いつか食べられればいいや.実は他にも帯広には美味しい地元のお菓子があるというので,それを買ってから,石狩に向けて出発です.途中の日高の道の駅で「やまべの唐揚げ」というのを買いました.去年も買ったような.笑 あとは持ち込みでゆでとうきび.今回は叔母さんにピュアホワイトという白いとうきびを持たせてもらっていたので,はじめてそれを食べました.めちゃ甘いですね.東京でも買えると思うけど,とうきびは獲ってすぐにゆでないと美味しくないから,北海道で食べるに限りますね.笑
# by jq1ocr | 2007-09-08 21:39 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
今日のミッションは,知床観光船に乗って知床岬を見ること,そして羅臼で高級昆布をゲットすることです.今晩は帯広の叔母の家に泊まることになっているので,またまた移動が結構あります.
d0106518_1954015.jpg

今日の移動

8時前にホテルをチェックアウト.知床観光船が10時出港なので急ぎます...が,9時くらいには着いてしまいました.予約したチケットを受け取ったり,船で食べる弁当を買ったりしました.船の中ではおやつは売ってますが,弁当は売ってないそうなので.そんな散策中に見つけたのは,面白いバイクのナンバーです.
d0106518_2023163.jpg

原付のプレート

なんと町のマークが付いているのです.いいですねぇ.ちょっとうらやましくなりました.うちの区のバイクにはこんなマークついてないし....負けた.笑 そうこうしているうちに乗船時間が近づいてきました.
d0106518_20252355.jpg

知床観光船・おーろら2

特別席は早い者順なので,早めに列に並んでおきます.別料金(550円)がかかりますが,ゆったりと落ち着いて見ることが出来るので,お勧めです.必ず右舷に座りましょう.寒くなければ特別席など取らずとも,外のベンチでよいのですが,知床岬まで行くコースは帰港まで4時間弱かかりますので,天候などを考えて選ぶと良いでしょう.ちなみに特別席はこんな感じです.
d0106518_20283886.jpg

おーろら2の特別席

出港するといくつかのスポットで案内が入ります.私が面白いなと思ったところを紹介しますと....まずはクンネポール.岸壁が波の侵食で穿孔されたものです.
d0106518_20305378.jpg

クンネポール

カムイワッカの滝というのも有名なスポットですが,神の水という意味だと思ったので,きっと美味しい水なんだろうと思っていました.しかし,ここの水は硫黄山からの硫酸銅を多く含んだ水が流れているらしく,飲めない水=魔神の水,という意味でついているそうです.
d0106518_20395323.jpg

カムイワッカの滝

次いでルシャ湾.知床半島は真ん中が山ですが,ここの部分は標高が低くなっており,ウトロ側と羅臼側を風が通るところだそうです.したがって波が荒かったり,風が強かったりする難所だそうですが,ヒグマの出現確率が高いところだそうで,人気スポットの一つです.
d0106518_204228100.jpg

ルシャ湾

あと,面白い岩がたくさんありますが,これはタコ岩.
d0106518_20431297.jpg

タコ岩

なんとなくタコっぽいですよね.それにガイドブックには載ってませんが,これってビーグル犬っぽくないですか?
d0106518_20463241.jpg

命名・ビーグル岩

あとカシュニの滝.
d0106518_20481420.jpg

カシュニの滝

最後に知床岬です.左側にうっすら見えるのは国後島です.
d0106518_20493055.jpg

知床岬

船はここでウトロに引き返しますので,ウトロで買った弁当を開くことにします.
d0106518_20501591.jpg

鮭親子弁当

弁当を食べ,知床岬到達証とかもらったり,おやつを食べたりしているうちにウトロに帰ってきました.まだ2時位なので,知床を見る時間がありそうです.で,知床五湖に行くことにしました.駐車場に停めて,歩いて5つの湖をまわりますが,約1時間かかります.順番に行きますと,
d0106518_20532473.jpg

1湖

d0106518_20534947.jpg

2湖

d0106518_2054967.jpg

3湖

d0106518_20543010.jpg

4湖

d0106518_20544896.jpg

5湖

この周遊路には多くの場所に木道が整備されていたり,石で通路が作られていたりします.こういう場所では決して道を踏み外してはいけません.周囲の植生が戻らなくなるからです.こういう常識を知らない連中がこういうことをします.
d0106518_20563067.jpg

やってはいけないこと

鹿がいたので木道を外れて近づいて写真を撮ろうとしています.子供だから仕方ないと思っていたら親も同じことをしていたそうです.あきれた話ですね.こういう連中は,熊が出てきたら持っている食べ物をあげてしまいそうです.で,襲われると.いや,本人が襲われて死ぬのはいいんですよ.自分がバカなんだから,死んでもそれは自然の摂理です.でもそのことで,人のそばには食べ物があると熊に学習されてしまうと,気をつけているつもりの常識ある人まで襲われることになるんです.自然に対して「してはいけないこと」かどうかの区別もつかない人は,こういう大事な場所には来ないでいただきたい.いっそ免許制にしては如何?ここは世界遺産なんだし.さて,気分が悪くなったところで羅臼方向に移動します.ここではミッションの一つである高級羅臼昆布をゲット!3k近かったですが,結構量もあったし,お買い得だったかも.道の駅で食事をしようとしたら,閉店間近だったので諦めて別の店を探します.走っていると「まるみ食堂」発見.早速入ります.
d0106518_2161547.jpg

まるみ食堂

で,ここで食べたのは「とど定食」.笑
d0106518_217313.jpg

とど定食

ついているみそ汁とかはうまいです.トド肉はそうですねぇ.まあまずくはないけど,とりたてて美味いというほどでもないかな.笑 話のネタにはなりますけどね.ふと壁を見ると,「北の国から」の色紙がありました.黒板一家が来たのか〜.「純,トド,食え」なんて言いながら,トド肉定食食べたかな?笑
d0106518_2191385.jpg

北の国から色紙

ここで日が暮れてしまったので,さっさと帯広に行くことにします.途中の中標津とかは道がまっすぐで信号もほとんどないので楽でした.足寄経由で帯広に着いたのが22時前.羅臼を出たのが19時前くらいだったから,正味3時間くらいでした.さすが北海道.
# by jq1ocr | 2007-09-08 21:21 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
今日はちょっとハードです.というのも,石狩から弟子屈まで移動するのです.検索すると約400kmで推定移動時間は8時間となっています.まあ北海道だからそんなにはかからないと思いますが.ルートは以下の通りです.
d0106518_17332081.jpg

本日の移動ルート

朝7時前くらいに石狩を出発.高速で夕張まで行き,そこから日勝峠を越え,池田,足寄を通過します.途中足寄の道の駅でブランチ&一休み.阿寒湖を通過し,摩周湖に行きました.昼過ぎくらいに到着.石狩から実質5時間弱といったところでしたね.さすが北海道,流れに乗って走っていてもこのくらいですか.笑 さて,摩周湖はそれほど天気は悪くなかったので,そこそこ良く見えました.
d0106518_17424554.jpg

曇の摩周湖

阿寒湖の駐車場(\410)にあるお店でお土産を見たりしました.が,特に欲しい物もなく.....次いで行ったのは,摩周湖と屈斜路湖の間にある「アトサヌプリ」(アイヌ語で裸の山の意味,和名は硫黄山).
d0106518_1746375.jpg

アトサヌプリ

駐車場に入って行きますと,硫黄の臭いがします.中腹まで登ってみると,何ヶ所からか熱気が噴き上げています.
d0106518_17482851.jpg

噴出口

見てみると,石が詰め込まれています.多分人に手によるものでしょう.で,その石には硫黄の針状結晶がたくさんついています.針状結晶は硫黄が高温下で結晶するときの同素体結晶です.これを常温で放置すると塊状結晶になるので,噴出口から離れた場所では針状結晶はないはずです.というような,学校で習った化学知識で周りを見てみましたが,確かに離れた場所には針はありませんでした.いやぁ,勉強しておくと何が役立つか分かりませんね.え?何に役立ったのかって?それは私にも分かりません.笑 硫黄山ソフトクリームを食べたり,温泉卵を買った後,宿泊場所に行きましたが時間が早すぎたので,屈斜路湖に向かいます.ここの湖岸には砂湯というところがあって,湖岸を掘るとお湯が出てくるのです.
d0106518_1834441.jpg

屈斜路湖 砂湯

ここで先程買った温泉卵を食べたり,足湯に浸かりながらぼーっとしてました.夕方に近づいてきたかなというくらいで,ホテルにチェックイン.またまた一休みしていたら夕ご飯の時間まで寝ていました.やっぱり結構疲れていたみたいです.
d0106518_1861735.jpg

夕食

夕食の揚げ物は別に来ましてこんな感じ.
d0106518_1865915.jpg

揚げ物

揚げ物の魚は鮭の子供だそうです.大体10cmくらいなんですが,シンコと呼ぶそうです.少なくとも関東ではシンコ(新子)といえば,コハダの子供のことを言いますから,場所が変われば名前も変わるのですね.ちなみにこの新子,一応鮭の味がしました.でも大きくなってから食べたいような気もします.笑
# by jq1ocr | 2007-09-08 18:11 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
札幌の南方に定山渓という温泉で有名な地域がありますが,その手前の豊滝にちょいと野暮用があったので出かけたのですが,お腹も空いたことだし,ここはなんといっても札幌だし,ラーメンを食べることにしました.で,入ったのはここ.
d0106518_1743942.jpg

奥原流久楽

通り掛かりなので何のリサーチもなし.入ってみると,沖縄の影響を受けていると書かれています.あれ?札幌ラーメンのつもりだったんだけど....まあいいか.二人で入ったので頼んだのは二種類.
d0106518_1783229.jpg

白味噌ネギらーめん(\800)

d0106518_1785371.jpg

冷やし中華

名前はうろ覚え(特に冷やし中華)ですので,お店のメニューに載っているのとは違うかも知れません.まずラーメンのほうですが,ちょっと味が濃いものの美味いです.結構私は好みかな.ただ激戦区札幌の中では標準的かも知れない.比較的万人受けする味付けに思います.東京だったら結構お客さん並ぶかも.対して冷やし中華のほうは,ラーメンがうまかっただけに残念な感じ.決してまずいわけではないけど,普通な感じでした.やっぱりらーめん屋では,店主が「これがお勧めだ!」というのを食べるに限りますね.特に初めてなら.これは今後の反省としたいと思います.
# by jq1ocr | 2007-09-08 17:12 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
下船準備でクルマのところに行くと,やはりずいぶん台数が少ないですね.前の方は...
d0106518_15514963.jpg

で,後ろは
d0106518_1552734.jpg

三列入れるところに一列しか入っていませんでした.こんな感じなので,やはり乗客はかなり少ない便だったみたいです.早朝4:30に小樽に到着しますので,朝ご飯を食べる場所に工夫が要ります.この時間だと滞在する石狩の叔母のうちに着くのも早すぎるので,今回も恒例となった場所,鱗友朝市にある食堂で食べることにしました.
d0106518_15545862.jpg

鱗友朝市

朝市の中はこんな感じで,小さなお店が集まっています.
d0106518_15564644.jpg

朝市のお店

この朝市の一角が食堂になっています.二軒ありまして,片方が「のんのん」,もう一軒は「味さき」です.どちらも新鮮な海の幸を使った定食を出しています.去年に続いて,今年も「のんのん」で食べることにしました.店内はこんな感じで,いろんなサインが飾ってあります.
d0106518_1603377.jpg

のんのんの店内

私が注文したのは,この店一番人気らしい「小樽丼」(\1570)です.
d0106518_1615971.jpg

小樽丼@のんのん

見て分かるように,上には,うに,ほたて(貝柱だけでなくひもも),いくらの三種類が乗っています.美味しかったですよ.サービスでイカ刺がでてきました.ありがとう!
食事後,のんびりと石狩に向かいました.叔母の家に荷物を置き,一休みした後,さてどうしようということになりました.父が「祝津」に行こうというのでドライブです.祝津は小樽市で,中心街からちょっと北の鰊御殿や水族館がある地域です.通ったことはあるけど,そういえば中に入ったことがないのでよい機会でした.ちなみに鰊御殿はこんな建物です.
d0106518_1671198.jpg

鰊御殿(公式サイト)

高台にありまして(下の有料駐車場には入らないように)上に上がりますと,鰊御殿のすぐ下に鰊御殿専用の無料駐車場があります.そこから港の方を見ますといい景色です.
d0106518_1691082.jpg

鰊御殿から小樽港方面を望む

入場料300円を払って中に入りますと,鰊御殿の構造が分かり,昔の日用品も飾られています.鰊漁のやり方も書いてあります.私の祖父の代までは鰊御殿に住んでいたらしいので,こんなところに住んでいたのだろうなぁと想像しながら見学です.
d0106518_16103020.jpg

鰊御殿の資料コーナー

ふと,外を見ると乗ってきたフェリーが新潟に向けて出港しているところでした.
d0106518_16112023.jpg

鰊御殿の上に日和山灯台があり,そこも見てみました.
d0106518_1612348.jpg

日和山灯台

ここには音波標識(霧などで見えないときに音響で知らせるもの)が併設されています.
d0106518_16132670.jpg

日和山灯台霧信号所のダイヤフラムホーン

近くの見晴らしの良い高島岬に行くと,なぜかギターが.....LUNA SEAと書かれていますが,これはいったいなんなのでしょうか.ご存知の方,情報をお願いします.笑
d0106518_163604.jpg

謎のギター

# by jq1ocr | 2007-09-08 16:39 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
今年の北海道(ここ数年は法事と兼ねている)旅行記をつけておきたいと思います.北海道に行くにはいくつか方法がありますが,私の場合は新潟から小樽へ向かうフェリーを使うことが多いです.自宅から実家経由で新潟に向かいます.埼玉を4時位に出ると7時位には新潟港に到着してしまい,手持ちぶさたですが乗り遅れるよりはマシですので....まもなくターミナルのレストランが開店し,軽く食事をして出港を待ちます.
d0106518_14211364.jpg

新日本海フェリー・らいらっく 新潟港にて

乗船手続きを済ませ,乗船を待っているのですが,今回はずいぶん乗客が少ないようです.乗船のちょっと前ですが駐車場を見ますと,こんな感じ.
d0106518_1426514.jpg

乗船待ちの駐車場

わずか6列しかないので,40台くらいじゃないでしょうか.乗客も100人くらいじゃないかな.指示に従って乗船して,部屋に行きます.北海道にいくフェリーに初めて乗ったのは学生時代でしたが,その時は二等寝台を使いました.ここ数年はコストはかかりますが,特等を使っています.中はこんな感じ.
d0106518_14292698.jpg

特等A船室

二人用なので,ベッドが二つ,机にソファ,TV,専用バルコニー,それにトイレとシャワーが付いています.ビジネスホテルみたいな感じでしょうか.
d0106518_14305312.jpg

特等Aのバス・トイレ

10:30に新潟港を出港します.しばらくしてバルコニーに出てみると,潮風が気持ち良いですね.
d0106518_14322487.jpg

バルコニーから望む

早朝に家を出たので眠くて昼寝をしました.起きたら夕方でした.現在地はTVでも見れるのですが,地図上のプロットは模式図なので,持ち込んだPND(ミニゴリラ)で確認してみます.
d0106518_14343377.jpg

現在地@17:30

男鹿半島のちょっと手前を航行していますね.船旅の大きな楽しみといえば食事でしょう.レストラン開店の案内が放送されたので,行ってみました.好きな物を取って行って最後に会計するタイプですが,私が選んだのはこんな感じ.
d0106518_1437769.jpg

私の夕ご飯

これで千数百円だったかな.乗船前のクルマの数から推測するとだいぶ旅客は少ないようですが,案の定,レストランも空いています.
d0106518_14381885.jpg

レストランの様子

これで利益出るのかなぁ.まあ繁忙期もあるわけですから,デコボコでトントンなんでしょうかね.最近原油も高くなってますが,そういえばチケットも例年より高かったなぁ.19:30くらいに逆方向(小樽発新潟行)の僚船と行き違うという放送がありました.しばらくすると汽笛が鳴ったので,急いでバルコニーに出てみると見えました.
d0106518_14462042.jpg

小樽発新潟行・ゆうかり

暗いのでうまく撮れませんが,こんな感じです.実際はもっともっと綺麗に見えますよ.会合点は概ね津軽海峡西側入り口近辺でした.さて,明日小樽入港は4時半なので,早寝することにします.
# by jq1ocr | 2007-09-08 14:48 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

PND で航路を見る

先日買ったPND(ミニゴリラ)で今回乗った新潟,小樽間のフェリーの航路を見てみました.実は地図にも航路は載っているのですが,なぜか曲線で結ばれており,なんでこんな遠回りをするのかなぁと思っていたのです.安全な範囲で最短距離をとるはずなので,本当のところ実際はどこをどのように通るのか確認してみたかったのですね.PNDに軌跡を表示させて,画面を撮ってみるとこんな感じでした.
d0106518_1857128.jpg

積丹半島付近の軌跡

ところどころでカクカクと曲がっていることがわかります.舵をきる場所が決まっているようですね.ゆっくりと曲がっていくのではないことがわかります.あと分かるのは,地図上の航路(点線)に比べて陸地寄りを航行していますね.積丹をまわって行くのに沖寄りを通っては遠回りですので,そりゃそうかも知れません.次は本州方面.
d0106518_18585685.jpg

東北付近の軌跡

赤線の右側の点線が地図上の航路で,緑ドットが実際の航路です.船マークは北行きと南行きの会合点です.新潟小樽間のフェリーは小樽行き(北航と呼ぶ)と,新潟行き(南航)がそれぞれ同時刻(今は10:30)に出港するので,津軽海峡付近が大体の中間地点であることが分かります.何回も渡道している私としては,そんなところかなとは思うのですが,初めて見た人だとずいぶん北なんだなと思うかも知れませんね.それだけ北海道は大きいわけです.
# by jq1ocr | 2007-09-05 19:15 | 徒然話 | Comments(4)

今回のQSLカードから

しばらく留守にしていたので,先程佐川のお兄さんが届けてくれました.
d0106518_18303253.jpg

今回のQSLカード

2束なので,概ね160〜170枚程度でしょうか.また整理が大変ですが,1年程度楽しみながら整理しようと思います.笑 で,「今月のQSLから」なんてやろうと思ったのですが,隔月で来るので二枚紹介しましょうか.では,今回はこれです.
d0106518_18331779.jpg

The card from JE1LWR

なんと真っ黒なんですよ.最初星空の写真なのかな?なんて思ってじっくり見てしまいましたが,漆黒です.きっとLWRさんもそれを狙っているに違いありません.hi 写真だと撮影している私の手やカメラが写りこんでしまうほどです.笑 次はこれです.
d0106518_18353219.jpg

The card from JA1DXU

カードとしては普通なんですが....この局,この春急逝した我々の支部長なんです.ですので,ご紹介をば.山形県酒田市にある本間美術館の写真ですね.支部長は本間さんという方だったので,同姓の美術館をご紹介とのことです.機会があればのぞいてみましょうね.他にも半透明なカード(いいの??笑)とか,3Dに見えるなど,ちょっと変わったカードもありましたが,今回はここまで.ちなみに今回のカードで一番うちから近い局は1km程のところにお住まいの方でした.遠い方は...と探しましたが,今回オール埼玉と関東UHFのカードがほとんどだったので,1エリアばかりでした.あえて言えば0エリア,南佐久の局が約120kmでしょうか.最近HFもやってないので,DXのカードはありませんでした.残念.
# by jq1ocr | 2007-09-05 18:46 | 徒然話 | Comments(0)

SST-40

SST というのは,米国は Wilderness Radio の販売しているトランシーバのキットで,The Simple Superhet Transceiver(シンプルなスーパーヘテロダインのトランシーバ)という名が示す通り,とてもシンプルなものです.ハムフェアの時にOさんが滞在していたホテルに押し掛けて見せてもらいました.感度はほどほどのようですが,とてもノイズが少なく,外形も小さくて旅行に持っていくのに最適といった感じ.ピコが売ってない現在ではとても魅力的な選択に思えました.
d0106518_10204622.jpg

SST completed

基本設計は同じですが,7MHz, 10MHz, 14MHz の3バンドがあり,また7MHz版は2つ(日本版もあるが)の帯域が選べます.
40m 7.032 - 7.042
40m/novice 7.105 - 7.115
30m 10.105 - 10.120
20m 14.046 - 14.064

13.8Vを供給すると2Wの出力が得られます.9Vだと最大1W.要するにQRPですが,50Wと比べても十数dBしか違わないので,アンテナさえよければ問題なく使用できるでしょう.パイルに勝とうとするのは難しいですけど,用途は旅先でのちょこっと運用なのでOK.これを入手するには二通りの方法があります.
1. Wildeness Radio から直接通販で買う.
2. 日本の正規代理店であるエレクトロデザイン社(EDC)から購入する.
それぞれに利点があります.まず1.の方法ですと,何より安価であるということ.値段は $90 に送料が $16 です.ただしこの通販ではクレジットカードが使えないので, check か (international) money order が必要です.check は小切手のことで,米国の銀行に checking account を持っている人じゃないと使えません.money order は郵便局で国際為替を買うのですが,手数料が2000円かかります.私の場合は米国の銀行に口座を持っているので,小切手で買うのが手数料もかからないので,もっとも安価に済みます.$106ですから,現在のレートで概ね12k円程度となります. 2.のEDCを使う利点は,何よりフォローがちゃんとしていること,40m版で7.010-7.020と7.000-7.010をカバーする日本版が選べることです.価格は19,300円なので,その差は\6k程度となります.checkが切れない方なら差は\4kですので,英語に不自由のある方は決して高くはないと思います.でも日本語にしてもらっても私にとってはあまり利点はないので,直に買おうかと考えていますが,日本で使える周波数に落とし込むように部品定数を一部変更しないといけません.水晶を買うとなると差はさらに縮小します.微妙なところですね.
# by jq1ocr | 2007-09-03 08:46 | 無線設備・レストア | Comments(0)

IC-910

今使っている 144-1200MHz の無線機は TS-790 なんですが,ちょいとでかいのですね.据え置きしている分には問題ないのですが,移動運用の時に重さが気になります.また移動するときに TS-790 を使うとすれば,コンテスト時なので,CWフィルタが欲しくなります.そんなわけで,次期導入機種を検討しておりました.現在のところの候補は IC-910 + UX-910 です.
d0106518_218552.jpg

icom IC-910

とはいえ,IC-910は2000年に発表されたので,既に7年経っています.クルマだったら,そろそろモデルチェンジしてもおかしくないし,もしかしたらハムフェアで後継機種が発表されるかも!とほのかな期待をしてました.デザイン的にはあまり好みではないので,IC-756のような感じの高級機が出るかも!なんて期待したりしましたが,そうはなりませんでしたね.アマチュア無線業界はこれから縮小していく方向に向かっていますし,10年後くらいに待ち受けているスプリアス対策に向けて更なる改善を行う必要があります.その準備が万全に整ってから,次のモデルが出るのかも知れません.
というわけで,現在 IC-910 を導入する算段を立てているところです.さてどうなることやら.
# by jq1ocr | 2007-08-26 21:11 | 無線設備・レストア | Comments(0)

ハムフェア

今日はハムフェアに行ってきました.CWモービル愛好会のブースの店番になっていました.ここは電鍵を装備したバイク(ホンダ・カブ)と,フライトシミュレータが展示されているのですが,私の当初の予想では,フライトシミュレータに子供がいっぱい集まってきて,バイクはあまり見られないだろうと思ったら,全く逆で,バイクの方に質問が集中していました.なかなかマニアな方が多くて面白かったです.

間に結構抜けさせてもらって,メーカのブースでカタログをもらったり,ローカルとお茶をしたりしました.今年は朝に会場入りしたので,記念局(8J1A)の運用を申し込みました.7MHzはあっという間にいっぱいになっていて,私は 50MHz をやらせてもらうことにしました.しかし,20W 機しか置いてなかったことに驚きました.前は 50W とかもあったように思うのですが.....で,思ったより全然呼ばれません.SSB, AM, FM, CW と全てで QRV しましたが,結局CWでは一局からも呼ばれませんでした.自分が LID すぎたかな.苦笑 30分ほどの交信時間でたったの16局でした.ちなみに使用無線機は TS-480 でした.

終わってから A1 Club の混信会(要するに懇親会)が秋葉原であったので,これにも例年通り参加です.去年の忘年会で宣言した今年の目標は, CW で 10 局以上交信するということだったのですが,マラソンコンテストで 13 ポイントに達したので,今年は CW の交信は打ち止めにしますと宣言しました.しかし,それにはみなさんからダメだしされました.笑 仕方ないので,あと数局くらい交信しようと思います.hi あと,すてきなプレゼントクイズがあって,最後の方まで勝ち残っていたのですが,その残っていた数人のうちの一人がFBなYLさんでした.彼女がもっともそのプレゼント(電鍵)にふさわしいのですが,クイズに電気系の問題が出ていて仕事柄外すことも出来ません.どうしようと思っていたところ,クイズの問題と正解の組み合わせがおかしい(*)と思うものがあって,それでラッキー(?)にも,狙い通りYLさんに当たりました.まあ飲み会のクイズに異議を申し立てても仕方ないし,何より渡りに船なので結果オーライとします.

その後,2次会はNさんとそのお友達でお茶に行きました.Nさんはとってもディープな資格マニアで,面白い話を聞きました.その中で特に面白いと思った話を一つ.....

最近,大型二輪免許にAT限定というのがありますね.これは制度的には普通二輪を持っていなくても取得できるわけですが,仮に大型二輪のAT限定しかもっていなければ,125cc(普通二輪小型限定)のMT二輪車は当然乗れません.しかし,ここでこのバイクを乗るのに必要な,普通二輪(小型限定有無共)の免許は取得できないというのです.これは普通自動車免許を持っている人が,原付免許や小型特殊を新たにとれない原則によるものですが,操作範囲がかぶっているわけではないので,これは意外なトラップです.で,とれるとすれば,大型二輪の限定解除しかないというのです.私はこんなトラップにはまったりはしていませんが,免許制度にはこのような矛盾点が結構あるそうです.ちなみに下級の免許でもとれるものとしては無線従事者免許がありますが,こういうもののほうがめずらしいそうです.運転免許も同じようにすればいいのになぁ.そうしたら小型特殊を取りたいです.笑



(*)実はかなり酔っていたので,もしかしたら質問の意図を間違って聞き取っていた可能性があることを最初にお断りしておきます.私が認識した範囲では「ENIAC は世界で初めてマスターブートローダを装備したコンピュータである.YES or NO?」という質問でした.ENIACは電源を入れる前にあらかじめ配線によってプログラムを決定しているコンピュータで,いわゆるノイマン型,すなわち起動してからプログラムをメモリに読み込み実行するタイプのコンピュータではありません.プログラムを変えるには配線を入れ替えなければならないのです.変数や定数を記憶するメモリは持っていました.マスターブートローダというのは,プログラムを起動時に読み込む仕組みであり,またこの方法を最初に実装したのはIBMと言われています.というわけで,この質問に対する答えは NO となるはずですが,発表された正解は YES となっていました.まあこの分野は全く私の専門ではないし,そもそも私の勘違いだったらごめんなさい.
# by jq1ocr | 2007-08-26 01:58 | 徒然話 | Comments(2)

VX-7のベルトクリップ

バイクにハンディ(VX-7)を取り付けるのにベルトクリップを使おうと思ったら,見当たらないではありませんか.で,仕方ないのでロケットで買ってきました.なんと998円もしました.家に帰って片づけをしていると,ベルトクリップがひょんなところから出てきました.こういうこと多いんだよなぁ.苦笑 まあ片方は普通のベルトクリップとして使い,片方をバイクに取り付けるから,まあいいか.これって固定方法がアイディア商品(多分特許でしょうね)で結構気に入っています.簡単に付けられるし,簡単に外せるけど,外そうと思わないときは簡単には外れない...と,ちょっと謎掛けみたいですが,そんなクリップなわけです.ちなみに両者を比べてみると,微妙に違います.上の方を見ると分かります.
d0106518_17282569.jpg

VS genuine belt clips for VX-7 etc

右が前から持っているもので,左が今回購入したものです.更に eBay を見ていると,こんなクリップ(もちろんVX-7用と書いてある)が売りに出されていました.
d0106518_17365817.jpg

The belt clip for VX-7 had sold at eBay.com in the US

比べてみると,私の買ったクリップは両方VS(vertex standard)マークがあるのに対して,USのにはありません.もしかしてコピー品だったりして.値段は純正並($9 50)でしたが.苦笑 しかしマイナーチェンジしたのだとすれば,どういう意味があったんでしょうね?
# by jq1ocr | 2007-08-19 17:41 | 無線設備・レストア | Comments(2)

良く見ようよ

知りあいが十分な注意を払っていたのにもかかわらず,暴走ビクスクに突っ込まれたという話を聞いて,世の中痛い運転する人がいるのは怖いなぁと思う今日この頃です.で,思い立った話を....

昨日高速の料金所での話.一番右の車線を走っていた私の左に?な車が...
d0106518_23235543.jpg

ここで?車は一番右の車線ではなく,またゲートは左にたくさんありますから,当然右から二番目のETCか,一般に行くでしょう.そして右車線の車(私)は一番右のETCに入ります.
d0106518_23254259.jpg

この前にETCは右か左にあるという標識があるので,右車線を走っているということはETCを利用するのであって,一般ゲートには入らないという意思表示でもあるわけです.(斜行はあり得ないから)そしてその一つ左(?車のレーン)は一般の右側か,右から二番目のETCを選択できるわけです.ところがこいつは...
d0106518_23284125.jpg

こう来やがりましたよ.なんかその前から運転が怪しいなぁと思っていたので,こっちも気をつけて見ていましたから,?車の後ろに入りましたが.....自分の位置,他車の位置,そして,どう流れれば最適なのか良く考えて運転しようよ.>?さん

まあこんなことはよくあって,他にもこんなことが....うちの近所の交差点なのですが,こんな構造になっています.
d0106518_23475299.jpg

この場合,私と?車の取るべきルートはこのようになるでしょう.
d0106518_1161061.jpg

曲がった先にはすぐ交差点がある為,左折レーンはしばしば詰まっています.そのため,私は真ん中車線に入らずに右車線を選ぶのが,最適な流れに近くなるし,またマナーとも言えるでしょう.あり得ないのが,私の位置から曲がった先の左折レーンに入ること,そして,?車が一番右車線に入ることです.が,
d0106518_23504250.jpg

案の定,こんなことが起きました.?車は地元ナンバーではなかったこと,運転手はたばこを吸っていて,外に捨てていたことなどから,注意散漫な運転手と判断しており,?車の動きを見ながらぎりぎりの線で左折していましたから事故にはなりませんでしたが,これも自分のいたレーンがどこなのか分かっていれば,自分のルートがあり得ないことくらい分かったはずです.

まあ世の中痛い運転手は結構います.大部分のまともな運転者がこのような人たちの犠牲になることがないようにと思います.
# by jq1ocr | 2007-08-19 00:01 | 二輪車・四輪車 | Comments(2)

BURO行きQSL準備完了

前回QSLをBUROに出したのは昨年のハムフェアの時だったので,一年ぶりとなります.一年分のQSLのあて先プリフィクスを順に並べていくと,以前であれば7コールがたくさんあったのに,今はだいぶ少ないことが分かります.
d0106518_2233917.jpg

1年分のカード

で,今回送り出すカード約700枚のうち約 40% を程度を占めるオノウエのもの(厚いので数えやすいという理由)で1エリアのプリフィクス別アクティビティ状況を調べてみますと以下のようになりました.
d0106518_145078.jpg

ただし,サンプル数 n=269 です.交信局数も少ないので,これが実際のプリフィックス別の無線局数をずばり反映しているかは分かりませんが,当たらずとも遠からずと言えると思われます.こうしてみますと,JA1 が極めて多く,約29%を占めています.これはもともとJA1の人はアクティブな人が多いのと,古参クラブ局がいるのに加えて,最近再割り当てされた所為があるでしょうね.JE1 の再割り当ても終わり,現在 JF1F** が終わろうとしている時なので,来年出すときはJE1とJA1の差は少し縮んでいると思います.今,アマチュア局の数はどんどん少なくなってきています.そんな中新しく始められる方は,無理はしないで,是非細くとも長く続けていっていただければと思います.
# by jq1ocr | 2007-08-18 22:06 | 徒然話 | Comments(2)
千石でプラグを買ってきて作りました.ミニゴリラのパーキングブレーキのチェックのためのキャンセルプラグです.費用40円.
d0106518_1411576.jpg

the plug

尾部を袋ナットか何かで綺麗に仕上げれば商品になるかな〜.

ウェブで見てみると,「ネジを入れて,テープで留めた」という書き込みを見かけるのですが,中に傷もつくし,テープで留めると時間の経過に伴ってべとべとになったりして遺憾なので,こういうときは正攻法かと.

電源は現在製作中です.
# by jq1ocr | 2007-08-17 23:15 | 二輪車・四輪車 | Comments(4)