アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr

Colnago Windy

d0106518_1619418.jpg

まあこれでコルナゴユーザーだぜ〜と胸を張って言えるかは微妙ですが,これでも明らかにその辺で売ってる安物のママチャリに比べれば断然楽で速い私の自転車は Colnago Windy です.ハイブリッドモデルといってロードレーサーとMTBの中間のようなタイプで,アルミフレームなのに,クロモリのように細いフレームが魅力です.ペダルは今のところ,三ヶ島のAR-2 EZYのみ.確か重量は9.2kgでした.シフトは私のは 27-speed なんですが,現行機種(2007年モデル)は 24-speed なんですね.どうして変えたのかな.より軽量化を目指して,前のクランクを3速版から,男気の1速にかえてみたいと思ったりして.笑 後ろも松竹梅の3速くらいでもいいかなと思わなくもないです.27速あっても使いこなせてないし.でもあえてカンパニョーロにしてみたいというナンパな考えを持っております.笑 ちなみに自動二輪でもやってるボルトチューンはぼちぼち施しています.でもこれによる軽量化は数十gにしかなってないので,きっと自分が痩せたほうが早いですね.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-16 22:29 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

新 iMac 来る

先週新しい iMac がうちにやってきました.
d0106518_1138174.jpg

iMac 20" です.今こうして書き込みしているのも iMac 20" ですが,こっちは旧式のおまんじゅうタイプ.iMacに初めて液晶が搭載されたタイプで,主に私が使っています.妻用のはもう8年落ちになる iMac DV/SE ですが,さすがにモニタもぼけ始めてきたし,妻の視力が落ちてきたというので,これはやばい!というわけで新しいのを買ったわけです.

今環境の移動中なのですが,IM (ATOK14 と,EGBridge14)がうまく入らなくて困ってるところです.universal じゃないと動かないという話は聞いてなかったんだけど....手持ちの IM はかなり古いので,そろそろ新しいの買おうかなぁとは思っていたら,なんと universal じゃないとダメと林檎友達から情報を貰いました.買うこと決定ですなぁ.「ことえり」ちゃんがもっと使えるものだったらよかったんだけど.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-16 08:43 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

電卓にこだわる

これまた某所で話題になった電卓の話で思い出したのでまとめてみました.私は職業柄,電卓は日常的によく使います.パソコン万歳な世の中でも,やっぱり思考のツールには紙とペン,それに電卓なんですよね.紙とペンのこだわりは別の機会にゆずるとして,今回はこの電卓へのこだわりをお話しましょう.

絶対条件としてそれはまずは RPN(逆ポーランド述法)であること.電卓はある物理事象を考えながらその具体的数値を入れていくわけですが,通常入力(Algebraic)ですと,思考と入力の間に,【数式への変換】というプロセスが入ります.簡単な例ですと.....

「ここに100円の林檎が5個あり,70円のミカンが2個ある.両方買うことにしたら1割引にしてくれたが,消費税はとられた.さて合計金額は?」

通常計算(Algebraic)だと

( 100 * 5 + 70 * 2 ) * 0.9 * 1.05 =

と入力するでしょう.これが RPN だと(↓は Enter ボタンです)

100 ↓ 5 * 70 ↓ 2 * + 0.9 * 1.05 *

となります.これを見ると通常の数式しかみたことがない人には,意味不明っぽいですが,日本語で先程の文章を考えると,「100に5をかけて,70に2をかけて,それを足して,0.9をかけて,1.05をかける」でしょう?RPNの入力はその通りになってるのです.

結局非RPNな多数派のみなさんはデファクトスタンダードに無理やり馴らされているんですよ.思考と計算の間にAlgebraicな数式への変換という作業があると,思考が中断されてしまうのですが,Algebraicな方はそれが当然なので不自由は感じてません.でも実は結構な損失なのです.実際に一度RPNに慣れてしまった人は,もうAlgebraicには戻れませんが,それが証拠だと思います.中毒ともいいますね.笑 私自身も本当に普通の電卓(Algebraic)は使えなくなってしまいました.(正確には使えるが,使うことでストレスがたまる)

あと数式の表現も本当は普段使われているAlgebraic表現以外にもいろいろあって,RPNが特に妙なものではなく,これも表現の一つなのだということはご理解いただきたいと思います.

RPN の長所は他にもあります.複雑な式ほどキーストローク数が少ないことです.例えば先程の計算では,Algebraicが 22 ストロークなのに対し,RPN は 21 でした.わずか1しか違いませんが,もっと複雑な式になると,さらに差が広がります.これは RPN にはカッコがないことに起因しているかも知れません.そのかわりにスタックという概念があります.この辺の話はいつか機会があればいたしましょう.

つづいて二つ目のこだわり.それはキータッチです.パソコンでもキーボードにこだわる人は多いですが,やはり機械と人間のインターフェース,人の触れる部分というのは作業性だけではなく,心地よさのようなものも効いてきます.現在 RPN 式の電卓をだしているのは hp しかないのですが,この電卓にはマニアが多くて,昔からの人は**がいいとか言います.私が RPN を使い始めたのはたかだか15年ほど前からなので,その時代からのユーザーとしては,32SIIが気に入っています.それも前期モデルですね.
d0106518_15545281.jpg

見分け方はベゼルがブロンズ色(前期)か,銀色(後期)かです.後期モデルは下に示しますがブリスターパックに入ってます.(前期モデルは紙箱)
d0106518_15555917.gif

見た目は私はそれほど気にしませんが,実は微妙にキータッチが違うのです.これは使っていて大きな違いです.幸い両方持ってはいますが,こんなに変わるなら,前期モデルをもっとストックしておけばよかったと後悔しています.(現在の価格はPremiereが付いて後期モデルでさえ5万円ほどになってます.前期は出ているのを見たことはありませんが,当然これよりかなり高価だと思います.)

私が持っている RPN 電卓は入手順に 48G, 32SII(前期)が2台,32SII(後期),49G, 48G+, 12C くらいでしょうか.数台は予備機,あとは立ち回り先においてどこでも使えるようにしています.

予備機を持っている理由として,しばらく前まで hp が電卓の製造を中止していたことがあげられます.そのため市場から払底(現になくなりましたが)して,自分のが壊れたらRPNが使えなくなってしまうと,考えることが仕事な私は困ってしまいます.で,いくつか買い足して10年くらいは大丈夫といえるようにしたのです.

しかしいいニュースがあります.hp が電卓の製造を復活(ただし新モデル)して,最近また日本でも通販などで買えるようになりました.(ただしhp日本法人自体はサポートしてない)是非これを読んで気になった皆さんも RPN 始めませんか?でも「知らなければそれで済んだのに」とあとで恨まないでくださいね.hi

そうそう,買う時の注意ですが,hp の電卓なら全てが RPN というわけではありません. hp の電卓は大きく分けて三つの種類があります. Financial, Scientific それと Graphing です.Financial では 12c,17bII, Scientific では 33s, Graphing では 48gII と 50g がRPNですが,これ以外はAlgebraicですので,買う時には注意してください.

私がこれから買うとすればどうしましょうか.12c は古きよき時代の電卓ですが,financial なので私の用途には不可.33s は今買うなら現実的ですが,キーの配列がぶっとびすぎで好みではありません.48gII は 48系というより,個人的には失敗作じゃない?って思ってる 49 に近いし,50g は TI (Texas Instruments) みたいで hp らしさがないように見えますね.今買うとすれば,12c Platinum 25th Anniversary Edition かな〜.お小遣いの計算には使えるから.笑

【トリビア】MacOSX に標準でついている電卓ソフトは RPN モードがありますので,Mac をお使いで RPN を試したい方は是非どうぞ.

【追記】なぜかこの記事にばかり外国から似非商業コメントがつくのでコメント不可と致します.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-13 07:38 | 工具・道具

デュアルモニタ

職場で使ってるマックは,もう4年くらい前の Power Mac G4 (1.25GHz x2)です.それに 20" シネマディスプレイを接続しています.職場で 15" の TFT モニタがあまったので,そういえばこのマック,もう一台モニタがつながるんじゃなかったっけと,つなぐことにしました.ただしモニタ側はD-sub シュリンク 15pin の VGA コネクタなので,マック側の DVI とはそのままはつながりません.しかし捨てる神あれば拾う神あり(ちょっと違う)職場を探すと変換があるじゃないですか.で,早速つないでみました.

モニタの大きさが違うので,マウスポインタの移動がひっかかる領域があるのが気になりますが,まあ使えなくはないといったところでしょうか.でもアナログの所為か,ちょっとだけにじんでるような気もします.メインの方が色温度が若干低め(暖色系)にセットされているので,サブの方もそれに合わせてみました.

今のところ慣れてない所為か,あまり得した気分にはなってませんが,慣れてきたら手放せなくなっちゃうのかなぁとちょっと心配だったりして.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-12 21:53 | 計算機(Mac, RPN 等) | Comments(0)

250cc は本当に得か?

あるところで話題になっていた「車検があるから250cc以下で我慢している」というのは損かも知れない?という話を検証してみます.確かに,二年に一回の車検は気が重くてめんどうだからとバイク屋さんに丸投げして出すと結構お金もとられるらしいです.で,これを嫌って 250cc 以下に乗っている人はとても多く,それゆえ 250cc のバイクも人気があって中古だと 400cc とかよりかえって高いことも多々あります.でも本当に車体が高くても 250cc のほうが結局得なのでしょうか?というお話です.

まず250ccを越える自動二輪(小型二輪)の車検の時にかかるお金は以下の通りです.
重量税 5000円
自賠責保険 20240円
検査手数料 1400円
これらは二年に一回かかります.他に毎年かかるものが
軽自動車税 4000円
となり,年間で17320円の必要経費がかかります.もちろん壊れれば部品代や消耗品代はかかりますが,それは250cc以下でも同様なので割愛します.

一方,125ccを超え,250cc以下の軽二輪の場合は,
重量税 6300円(ただし購入時のみ)
自賠責保険 14460円
軽自動車税 2400円
となるので,購入時に一回だけ払うことになっている重量税を除いて年間9630円となります.

以上のことから結論として.250ccを越えることで年間にして 7690円余計にかかるわけです.しかしこれを大きいと見るか,大したことが無いと見るかは,その人の価値観によるかと思います.

私はこれは意外と大した差ではないと感じました.この差以上に大排気量である利得は享受していると思っています.そもそも仕事で二輪に乗ることはないので,好きなバイクに乗れればこの程度の金額は納得できますし,またツーリングなどで小さいバイクに乗っていると,流れに乗れなかったりします.それで無理に回して乗るより,大きなバイクをゆっくり走らせたほうが燃費も良かったりしますから,私個人の状況では 250cc 以下は選択肢にありません.

ちなみにコストの算出前提としての車検は,正常に動いている状態のバイクであれば,自分で簡単な点検をすることでユーザー車検を通すことができるのでユーザー車検としています.(先日のブログに報告済み)

みなさんは 250cc 問題,どうお考えになりますか?それぞれ 250cc を選ぶ理由というものがあるかとは思いますが,単純にお金の問題なのであれば,上記を参考に考え直してみると選択の幅が広がるかと思います.もちろん泥濘路を走って遊ぶとかなら,125ccとか軽いバイクじゃないと大変だったりします.ここでは別になんでも大きいのがいいといってるわけではないのです.もし本当は大きいのが欲しいけど,車検にお金がかかりそうだし...というだけの理由で250ccを選んでいる人がいたら,実際はこうなるよという例を示したに過ぎません.あと余談ですが 400cc でも 750cc でも上記に示す必要経費は変わりません.燃費もそれほど変わらないのではないでしょうか.車重は機種によってだいぶ違いますから,軽い大排気量を選ぶということも出来るかと思います.

とはいえ,50cc > 125cc > 250cc > 400cc とステップアップしてきた人って上手な人が多いんですよねぇ.私も復習したほうがいいかなぁ.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-12 01:52 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

ボルトチューン

バイク乗りってなぜか買ったまま何もいじらずに乗ってる人って少ないような気がします.かく言う私も,知り合いのFさん(同じく Triumph Bonneville 乗り)ほどではありませんが,マフラーを替えたりしてます.まあもともと形が気に入っているバイクなのであまり大きく手を入れる(chopperみたいな)ことはしないと思います.でもちょっと違うぞってところを,分かる人にだけ分かって欲しい,それが江戸っ子の粋だぜ!(注:私は江戸っ子ではありません)という tune up としてお手軽なのがボルトチューンです.

トライアンフには元々ステンレスボルトも使われていますが,それ以外の多くの箇所に使われてるのが鉄ボルトに3価クロメートっぽいメッキがかかってるものです.これをより光らせたいなら,同じサイズのステンレスボルトに交換します.一つ数十円以内で買えます.ただし,ステンレスはあまり高温になるところに使うと錆びやすくなるのでやめましょう.あと軽量化には寄与しません.あくまで見た目の問題です.下の写真はもともとの鉄ボルトです.
d0106518_0321063.jpg

で,これをステンレスのキャップスクリューに交換します.
d0106518_0325879.jpg

ちょっとキレイに見えますね.まあボルトが新しいから当然ですが.取り付け時には二硫化モリブデングリスを軽く塗っておきます.固着防止ですね.

で,軽量化に努力を見せるなら,純チタンでしょう.チタンは軽いですが,純チタンだと同じ大きさの鉄ボルトと比べると破断荷重で約70%とそれほど強いわけではないので,致命的なところには使わないようにします.(というか,そういうところに使える太いのはあまり売ってない)重さは鉄の半分くらいになると思います.チタン合金はいくつか種類がありますが,64チタン合金というのが非常に強いチタンです.チタンが軽くて強いというのはこのような合金のことですね.こんなのでいろんな部品を作ったらいいですがコストもすごそう.私は今のところ純チタンで安価に入手できるものだけ使っています.例えば,ブレーキのリザーバはオリジナルでは以下のような鉄ネジです.
d0106518_0342553.jpg

これをチタンのネジに交換してみます.
d0106518_0345534.jpg

....あまり代わり映えがしませんね.苦笑 でも多少の軽量化にはなってるかと.いろいろなところを交換しているので,百グラムくらいは軽量化になってるかも知れません.でも軽量化を主な目的にするならコストは合わないですよね.あくまでボルトチューンはステッカーチューンみたいな狙いですから.笑
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-09 08:45 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

レンチの日

バイクの車検を通すのにとりあえずマフラー替えたりしたわけですが,その作業中,ちょっと手持ちの工具ではなぁと思うことがいくつか.いや,作業自体はできるんですよ.でもね,やっぱり確実に,そして楽に作業したいじゃないですか.で,ファクギに行ってきました.今日買ったのはこんなとこ.

OEXM240B : コンビネーションレンチ 24mm
SOEXRM12 : コンビネーション・ラチェッティングボックス・オープンエンド 12mm
TSM24 : ソケット(6ポイントディープ) 24mm
NB3-18SP : プラグレンチ 18mm

上三つはスナップオン,一番下はネプロスです.一番上のコンビネーションはまあ分かりますよね.その次のやつはこんなのです.
d0106518_16584290.jpg

SOEXRM12


ちょっと分かりにくいかも知れませんが,コンビネーションの左側のオープンエンドは普通ですが,右側のボックス(メガネ)の方がラチェットなんです.どこに使うかというと,パッセンジャー(後部席)ステップのナットが,内側に向いているのですが,フレームと干渉するので,普通のボックスで作業するととても時間がかかるのです.もちろん内側だからソケットも使えない.で,買ってみました.これなぜかうちにある2002年のカタログに載ってないんですよね.ネプロスあたりのを買おうと思ったら,スナップオンでもあったので,そっちを買いました.よく見ると,ロゴがなんか新しい.パテントナンバーまで入ってます.なんだかなぁ.今日買ったソケットや普通のコンビまで新ロゴだったらやだなぁ(他のと揃わなくなるから)と思ったら,こっちは大丈夫でした.24mmなんて何に使うの?って思う人もいるかも知れませんが,私のバイクのリアアクスルはこのサイズです.こんなでかいの持ってなかったので,モンキで作業しましたが,なめそうで怖いし,現にナットに傷もつきました.やっぱりボックスいるよなぁというわけです.工具は大事.

ちなみに一番最後のプラグレンチはネプロスですが,これは磁石付きです.プラグがくっつくわけですね.以前お店の人にスナップオンのより,ネプロスの方が磁石の部分が良いと聞いた(理由はよく覚えてないけど,スナップオンのは磁石の材質がもろくて,落とすと割れることがあると言っていたような)ので,車用(16mm)もネプロスにしていたので,バイク用(18mm)もお揃にしました.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-07 17:07 | 工具・道具 | Comments(0)
今日の2R(10:30-12:00)で昨晩ウェブ予約した鮫洲に行ってきました.結果から言いますと,案の定光軸でひっかかりました.検査官は右上にずれていると教えてくれましたが,どのくらいかは分からないので,お向かいのテスタ屋に持っていって調整してもらいました.とても微妙らしく,測るときに体重をかけるか否かで合否が分かれるらしいので,体重をかけた状態で通るように設定してもらいました.痩せたらずれちゃうやんけ,と要らぬ心配してみたりして.笑 料金は1680円.あれ?練馬で四輪の光軸やってもらったときより高いぞ.まあ仕方ないか.戻ると 12:02.がーん,午前の部(2Rは12時まで)が終わってしまいました.もうちょっと早く来れば良かった....検査官がぞろぞろと出て行きます.

しかたないのでグリル(構内にある食堂の名前)で350円のそば(一応かき揚げと卵が入ってた)を食べました.その後ラインの前で桜を見ながらお茶を飲んだり,隣の免許センターで原付の講習をやってる若者(高校生くらい?)を眺めたりして3R(13時〜)をぼけーっと待ちました.ちなみに講習の彼,スクータ乗るのにガニ股で足を投げ出してます.おいおい,お前無免で乗ってただろ.笑

で,13時に3R開始.一番に並んでいたので,早速,光軸を受検,合格をもらいました.進んでいくと排ガスがあります.あれ?これ受けるのかな?車の時と同じかな?と,プローブをつっこんで結果を待っていると検査官がやってきて「これガスないよね?」ですって.そうか無いのか.これって新しい車種にはあるんですかね.別のバイクはプローブつっこんでましたから.

そんなわけで1時間も無駄にしましたが,無事に終了です.A棟に戻って,新しい車検証とステッカーを貰って帰宅しました.

ところで私の次に並んでいたハーレーは,光軸でNGだったらしく,向かいのテスタ屋に移動してましたが,結構音量のあるマフラーでした.でもこれで通るみたいなんですよ.もしかして,私のもマフラー戻さなくても良かったのかな.明らかに私のより音が大きかったですからね.

持参するもの
1.現在の車検証
2.現在の自賠責証明書
3.軽自動車税納税証明書
4.検査記録簿(後点検といって車検後受けることもできるが,予め点検して記載しておくほうがよい.自分で出来ないところは空白でもOK.)
5.予約したラウンド(検査時間帯)と予約番号のメモ
6.印鑑(認め印でOK)
7.上記の書類をまとめておくフォルダなどがあると便利【任意】

現地でやること(前日までにウェブ等で検査の予約を行う)
【南側のC棟にて】
1.書類(検査申請書,検査票,重量税納付書の3枚)を購入する(25円)
2.継続の自賠責に入る(24ヶ月20240円)
3.重量税(5000円)と検査料(1400円)の印紙を買う
【中央のA棟にて】
4.上記1.で購入した書類に記入する(記入例は机にあります)
5.ユーザー車検の窓口(7番)に出す
【検査コース2番にて】
6.車体番号等確認,検査ハンマー,スピードメータ(40km/h),ブレーキ,光軸の検査(検査官に言えば細かく指示してくれるので「初めて受けるんですが」と言いましょう.)
7.合格の場合は出口ブースで合格印をもらう.このとき現在の自賠責等も確認される
8.光軸不合格の場合は向かいのテスタ屋等で調整してもらい,すぐ戻って再度6.の検査(光軸のみ)
【中央のA棟にて】
9.窓口6番に出すと,数分で新しい車検証とステッカがもらえる

必要な金額は特に不具合が無ければ,上記のように26,665円ですが,テスタ屋で光軸を調整してもらうと,追加で1680円(お向かいの早川自動車整備さんで,一灯の場合)かかります.車検自体をバイク屋さんに頼むと楽ですが,時間もかかるし,料金は倍くらいはかかるようなので,特に不具合がない場合は自分でユーザー車検を受けるのも一つの方法かと思います.特に問題なければ1時間もかかりません.何も無ければ30分,光軸を合わせて貰いにいっても1時間もあれば終わるでしょう.ただしラウンドの間には休み時間があるので,それをまたぐと時間がかかります.例えば 2R は 12 時に終わり,3R は 13 時に始まるので,間が悪いと1時間待つことになります.四輪でもそうなのですが,変にいじらず普通に乗ってて,点検も自分でやってる人がひっかかるのは光軸くらいだと思うので,そんなに大変ではありません.

ちなみに自動車の場合も上記と受け方は全く同じです.もちろん税金などは違いますが.車屋さんに頼むより最低でも数万は安くなると思います.(普通に頼んだことが無いので実際のところは分かりませんが)

あ,でも例えば自分でブレーキパッドがどのくらい残ってるか確認することが出来ない人などは,車屋さんにお願いしたほうがいいです.安全を買うと思えば,それほど高いわけではないですからね.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-06 20:14 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

トライアンフの整備

私の鉄馬は2001年英国生まれの Triumph Bonneville です.そろそろ車検だと思って書類をチェックしたら,4/19に切れるではありませんか.いろいろ手を入れているので,バイク屋に車検をたのもうと思ったのですが,日程的に持っていけるのが明日しかない.おまけにだいぶ経ってからでないと,引き上げられないので,急きょ明日,自分で車検を通すことにしました.で,さっきまで車検を通せる状態までに改修してました.
もともとの純正から替えた部分といえば,まずマフラー.British Beat オリジナルのマフラーは英国の TOGA 製でいい音がするのですが,純正ではないのでとりあえず純正に戻します.純正は大きくて重いですが,BBのはちょっと小さくて軽いです.あとはマフラ交換後,アフターファイヤがひどかったので2次エアをカットしていたのを戻しました.キャブのジェットも替わってますが,とりあえずこれはこのままでいいでしょう.で,全体的にぞうきんがけ.あとはノギスでタイヤの溝の深さを確認.パッドはよこからみて大丈夫そうなので省略.そんな感じで整備記録簿を作成して,納税証明書,車検証,自賠責証明書をまとめてファイルに入れました.今は車検場の予約がウェブでも出来て夜中でも対応できるので,明日の午前を予約しました.鮫洲は空いてるのか,キャパがでかいのか,いつでも予約可能になってました.
明日,自賠責に入って,鮫洲で書類を作って受けてみます.あ,光軸見てないや.でももう眠いので,また明日にします.
d0106518_156534.jpg

[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-06 02:00 | 二輪車・四輪車 | Comments(0)

工具の本

工具の本っていろいろありますけど,最近出た工具の本の紹介です.その名も「工具の本2007」
d0106518_2121380.jpg

工具の本 2007

近年元気な工具屋さん,Factory Gear が関与してるので,この会社の PR (オリジナルブランドである Deen)も多分に入っていると思いながら読む必要はありますが,この会社が扱っている工具メーカーを訪問してみたりしてて,読み物としては楽しいです.2005年(*)と2006年にも出てるので3冊欲しくなっちゃうかも?ちなみに機械系工具がメインなので,電子系工具の本もあったら読んでみたいですねぇ.


(*)2005年版は絶版かも知れません.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-03 21:26 | 徒然話 | Comments(0)

Let's try 衛星通信

昨晩も A1 チャットをしていると,一昨日のWYAさんや実際に衛星通信をやってる方々がログインしていて,あと5分で次の衛星が来る!とかお話されていたので,試しに私も聞いてみました.設備は前にも書きましたが,TS-790 + GP(X6000) です.VO-52 ということで調べてみると uplink が 435.225-435.275MHz LSB/CW, downlink が,145.925-145.875MHz USB/CWということなので,2mを聞いていたところ,衛星が見える時間に入ると,CWやらSSBでいっぱい信号が聞こえてきました.試しに430でCWで送信してみると,ループバックが聞こえてきました!私の電波が衛星に中継されたのです.ただ周波数がどんどん変わっていってしまって,受信(サブ)の2mの周波数がトレースできずに終わってしまいました.これは操作が面倒くさいなぁと思ったら,TS-790はSUBを押せばメインダイヤルはサブ側の操作が出来るよと教えていただきました.普段このボタンは使わないので,押せることさえすっかり忘れておりました.苦笑 次に衛星が見えてくる前に,窓ラップトップに calsat32 をインストール.林檎で動くソフトがあればいいんだけどな〜.ちなみに残念なことに次にみえたのは仰角が低すぎでダメでした.普通はGPだったら仰角が低いほうが有利なわけですが,うちの周辺はビルだらけで全然ダメです.数十度はないと厳しいかな.ともあれ,衛星で交信を成立させてみるという短期的ながら,具体的な目標ができました.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-03 20:02 | 徒然話 | Comments(0)

ピカール

d0106518_1545951.jpg

みなさんご存知のピカールです.金属磨きでは最高の製品だと私は思っております.先日妻が若干表面が錆びた金属製品をどうすればいいかと問うので「ピカールで磨いたらどうか」と提案したのですが,ピカール自体を知らなかったので「そうか,世の中にはこんな便利なものを知らない人もいるのか」と知ったのでご紹介です.金物屋さんやDIYショップで簡単に安価に手に入るものでまさに万能です.私がこの威力を知ったのは無線機屋でバイトしていた時に,コネクタなどを磨くのに使ったときです.それから注意書きには貴金属に使う時は注意するようにと書いてあるので,銀食器には使っていませんでした.しかし,うちの銀食器(Faneuil/Tiffany)の錆が目立ってきたので,試しに使ってみたところとてもきれいになりました.
d0106518_1551627.jpg

Faneuil というデザインは銀食器にありがちな派手な模様ではない分,錆びると目立つので悩んでいたのですが,ピカールで磨くと見事にきれいになりました.白濁するのではと心配でしたが無事光沢が戻り大成功.Tiffany 純正のポリッシャを使ったこともあるのですが,光沢が出るまで磨くには手間がかかりました.ピカールは数回拭くだけでOKです.とても強力です.でも毎日磨くと少しずつ小さくなっていったりして.hi こんな使い方をする人は少ないかも知れませんが,アンテナのエレメントやコネクタなど塗装されていない金属パーツを磨くには最も頼りになるピカール,みなさんのおうちにも一つあると重宝すると思います.
【注意】銀食器っぽくても,メッキものにつかうといずれ地が出てしまうかも知れません.銀無垢には使用可能と考えられます.材質は必ず確認しましょう.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-02 21:49 | 工具・道具 | Comments(0)

衛星通信

A1クラブにチャットルームが出来たというので,早速ログインしてみました.無線仲間とチャットするなんて,パケットやってた8年くらい前以来な気が.そこで出張でこちらにいらした JE2WYA さんと遅くまでチャットしました.WYA さんとは直接お話したことは多分無いと思うのですが,共通の知り合いがたくさんいて,つくづく世の中は狭いと思いました.チャットをしていると WYA さんは衛星で QSO しているようなので,出張のはずなのに...,と思って聞いたら,3エレ八木を室内に置いてやってるとのこと.それも 5W だそうです.そんな設備で出来るなんて知らなかったのでびっくり.おまけに追尾もなしで3局とのこと.結構できるもんですね〜.CQ誌にもそのようなお話を投稿されているということなので,図書館に行って読んでみなくては.うちはビルの谷間なので,見える時間は限られていますが,挑戦してみたいと思いました.(高仰角じゃないと見えないので,無追尾だと条件は厳しそうですが)
[PR]
# by jq1ocr | 2007-04-02 00:32 | 徒然話 | Comments(0)

六角レンチ

d0106518_2113251.jpg

六角レンチ (hexagon key) は,一般家庭ではプラスやマイナスのドライバに比べると出動頻度が低いことが多くて,持ってない人も多いかも知れません.しかし,少しずつプラスやマイナスのネジ以外のネジとして,六角やトルクスなどが増えています.これらのネジはプラスやマイナスに比べて,接触面が大きいことから,なめることが少ないので,小さな電気製品からバイクのような大きな機械まで使われています.

今回お勧めするのは...って,深夜のTV番組ではありませんが...,おなじみ PB のヘキサゴンレンチの中でもボールポイントのものです.その前に普通のレンチの先を拡大してみましょう.
d0106518_21133893.jpg

と,まあこんな感じ.私がお勧めしたいのは以下のようなボールポイントタイプです.
d0106518_21141185.jpg

お値段も多少高くはなりますが,どうせ買うならこっちを買っておいたほうが良いです.見て分かる通り,ネジ穴にまっすぐでも多少斜めでも入れられ回転させられます.普通のタイプだとまっすぐにしか入らず,周囲にじゃまなものがあった時うまく回転させられないという状況の時に難渋します.ボールポイントなら何ら問題なく使えます.これはお勧めですよ.
[PR]
# by jq1ocr | 2007-03-30 21:16 | 工具・道具 | Comments(0)
d0106518_1502126.jpg

これを一目見て,ノーマルでないと分かった諸兄はかなりのマニアですね.そう,答えは「スピーカユニットの色が違う」(=ユニットが違う)です.というわけで,今回はスピーカのお話.無線機の外部スピーカーにこだわる人は結構多いですね.私の愛機である JRC の JST-245 などの外部スピーカ NVA-319 はそこそこ高いですが,JRC がアマチュア系を縮小している今,知らない間にディスコンになったら入手できなくなり絶対後悔すると思って買いました.しかし,中を開けてみると使われているスピーカがしょぼいのです.結構高いのにそりゃないよ〜と思いました.ネットを見ると,このユニットを JBL の 2105H に入れ替えるカスタムがごく一部で流行していたようですが,このユニットはとても高価ですし,ディスコンらしく入手も困難です(中古でも \10k くらいはする).それにそもそもフルレンジではありません.私はスピーカは生ものだと思っていて,ある程度は熟成しても,それ以降は腐る一方だと考えている派です.ですので,素性の分からない中古はやめて,新品を買うことにしました.いろいろ見ていると, Fostex の FE107E が特性を考えるとコストパフォーマンスが高そうです(3k位で買える).当然,普通にオーディオ用としても定評があり,フルレンジで防磁型ですしね.で,交換してどうだったかといいますと....実は今アンテナがつながってなくて聞こえるのはノイズだけ.どう良くなったのかよく分かりません.苦笑 でもきっと良くなったんじゃないかなと信じてます.hi
[PR]
# by jq1ocr | 2007-03-30 02:04 | 無線設備・レストア | Comments(0)