アマチュア無線や電子工作,バイクの話などを徒然なるままに書き散らすメモ程度のblogです.


by jq1ocr
出雲市南部の渓谷沿いこんな奇岩が並び立つ景勝地があります.
d0106518_08273105.jpg
立久恵峡とは岩の杭が立っている「立杭」が名前の由来らしい.神戸川にはこんな吊り橋が架かっています.
d0106518_08274436.jpg
川向こうは散策出来るようにコースがあるみたい.道側には宿もあります.
d0106518_08275461.jpg
もう出雲市街まですぐなので,わざわざここでは泊まりませんでしたが,旅行で来るならこういうところもいいのでしょうね.


[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-14 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

SB じゃないよね?

au に修理に出そうとお店に行ってきました.すると,対応してくれたのが白戸さんという方でした.一瞬お店を間違えたかと思いました.hi
[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-14 07:30 | 徒然話 | Comments(0)
石見銀山のコアは山間の小さな集落にあります.世界遺産だからと大勢が自家用車で押しかけると地元民の生活を圧迫しますので,基本的には集落の脇にある「世界遺産センター」というところに車を停め,そこから10-15分おきくらいに出ているバスで集落内まで行くことが推奨されています.集落は川沿いに細長くなっていて,バスはその中程の「大森」から集落に入っていくので,そこで降りるのがおすすめだそうです.私は以下のようなルートをとることにしました.

(1)世界遺産センターから大森までバスで行く(約5分・200円)
(2)大森バス停そばのレンタサイクル店で電動自転車を借りる(2時間700円)
(3)上流の龍源寺間歩(坑道)まで上り坂を行く(電動自転車が楽)
(4)間歩(見学料400円)を見学したら坂を下って戻る
(5)製錬所跡などに寄り道する
(6)レンタルサイクルを返す(ここまでで2時間)
(7)川沿いに町並みを下りながら眺める
(8)集落下流にある代官所跡の資料館を見る(500円)
(9)代官所跡からバスでセンターへ戻る(240円)

トータルで4時間+食事時間くらいを考えます.ちなみに時間とお金をかけられるなら,上記エリア外にある巨大な坑道を見る「大久保間歩ツアー」もいいのですが,2時間半ほどで4千円かかります.また軽装は推奨されていません.

さて大森からエリアに入ったら,バス停隣の弥七というレンタサイクル屋にいきまして,電動自転車を借ります.坂道は下るのは好きだけど,登りは大嫌いだからです.笑 もちろんここは59を選択.(違)
d0106518_19575592.jpg
最初に取扱説明を受けてGO!
d0106518_19580582.jpg
実は電動自転車は持ってないので,乗ってみたかったんですよね.笑 こぎ出しがめちゃめちゃ軽くていいです.のんびり坂を上がっていきます.
d0106518_19581797.jpg
猫がいますねぇ.
d0106518_19582730.jpg
大森から上の間歩まではあまり建物は多くありません.
d0106518_19583878.jpg
脇は川なので突っ込まないように.帰りは下り坂なのでスピードが出すぎて事故ったり川に落ちたりする人がいるらしいですよ.苦笑
d0106518_19584772.jpg
普通の自転車だったら結構ぐったりしているところでしょうが,電動なので平地と同じくらいの労力で到着.
d0106518_19585800.jpg
間歩の入り口はこんな感じです.
d0106518_19590882.jpg
入っていくと所々に照明があるのですが,岩の表面を観察したいとかいう場合には懐中電灯があるといいです.
d0106518_19591722.jpg
こんな鉱脈が見れたりします.
d0106518_19592533.jpg
興味深いスポットにはちゃんと照明があります.が,だいたい狭いとか危ないとかで立ち入り禁止となっています.
d0106518_19593349.jpg
あとは網の中にポイントがあったりね.
d0106518_19594136.jpg
しばらく歩くと出口に到着.

d0106518_20000424.jpg
結構いろんなところを掘ったようですね,昔の人は.
d0106518_20001643.jpg
出たところにもガイドしてくれるポイントがあります.
d0106518_20002766.jpg
こういうところではお話を聞いておいた方が楽しめますよ.神社もあるので見てみます.
d0106518_20003679.jpg
工事中でした.境内にはピンク色の彼岸花が....
d0106518_20004548.jpg
近くでハート型の石を発見.
d0106518_20005414.jpg
そのままにしてあるので,見つけてくださいね.笑

帰りは一切漕がずにいけます.その分,行きはずっとこぎっぱなしですよね,普通の自転車は.苦笑
d0106518_20010356.jpg
途中に清水谷製錬所跡があります.
d0106518_20011376.jpg
せっかくだから上ってみました.
d0106518_20012281.jpg
上からみるとこんな感じ.
d0106518_20013053.jpg
さらにこんな階段があります.
d0106518_20013910.jpg
上ってみたけど,ずっと歩いて行くと選鉱所があるようです.でもかなり距離がありそうなのでやめました.(自転車の返却時間もあるし)

レンタルサイクルを返却して,今度は下流側(集落側)を散歩します.基本的にはこんな感じの町並みにです.
d0106518_20014822.jpg
結構古い建物らしい.
d0106518_20015713.jpg
基本的には商売をしているところは少なくて,あとはみんな一般の家で生活があります.目の前の道を観光客がぞろぞろ歩いて興味深げに覗いていくわけですから,結構気の毒だなぁと思いますね.だいたい皆さん通り側はシャットダウンされてます.誰もいなかったら開けて風が通って涼しいでしょうが,無理なのでしょう.ちょっと小腹が減ったのでカフェに入ります.
d0106518_20020622.jpg
本当はとなりのリストランテに入りたかったけど満員なので,カフェ Tubaki のほうで.頼んだのはスペシャルぎんざんバーガー.(700円)
d0106518_20022365.jpg
なんかフレッシュネスバーガーみたいな感じ.ちょっと小さいなぁ.でもおいしいです.パティが島根牛らしい.

食べ終わったら散歩を続けます.おぉ,ここは犬小屋も石州瓦ですか.さすが石見ですね.
d0106518_20024242.jpg
庭先にて.おや,君はあのときの?笑
d0106518_20025415.jpg
代官所跡は資料館になっています.
d0106518_20030156.jpg
しばらく見てから出るとちょうどバスが来る時間でした.広場に向かいます.
d0106518_20033870.jpg
この後,センターにバスで戻って終了でした.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-13 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

携帯の液晶が壊れる

私の携帯はソニエリの URBANO AFFARE です.
d0106518_21115549.jpg
もうかれこれ7年近くたつのではないでしょうか.この前は G'z One type-R でした.
d0106518_21120337.jpg
これは名機でしたねぇ.今でも使えるなら使いたいのですが,1X がサービス終了になってしまったために泣く泣く交換したわけです.URBANO AFFARE はそこまで気に入っているわけではないのですが,それでもこれだけ薄くて軽くてちょうどよいサイズな携帯はなかなかないですから,これも 1x WIN のサービス終了まではもたせたいと思っているところです.

ところが旅行中気がつくと液晶に黒い線が入ってしまっていました.この機種も古いので修理は今年の10月末までとなっています.早くだそうと思います.外装交換もしちゃおうかと.

あとはバッテリーも入手しようかと思います.
d0106518_21122701.jpg
1500円くらいらしい.今まで7年くらい使ったバッテリーでも4日くらいはもっているので(新しいときは一週間くらいもったような)絶対必要かというわけでもないですが....ほんと,スマホと比べると長持ちしてすばらしいですよね.私が海外用で使っている ZenFone Go なんて一日しかもたないので違いを感じます.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-13 07:30 | 徒然話 | Comments(0)
次は足立美術館ですよ〜.足立美術館は足立さんが作ったのであって,足立区にあるわけではありません.足立区だったらすぐいけたのに.笑 なんでこんなところに?と思うような場所ですが,足立さんの生まれ故郷らしいです.

ちなみにここは日本一(*)の庭園が売りです.
d0106518_23070877.jpg
富豪になった気分で眺めます.
d0106518_23071844.jpg
わざわざ絵や写真のようになるような仕掛けも随所にあります.
d0106518_23072922.jpg
庶民感覚を養うのでしょうか.笑 冗談はさておき,子供時代に庭園マニアになってしまった足立さんが長じて大金持ちになり,その私財を投入して作り上げた庭園だそうで,とにかくすごいのはわかるのですが.....まあ庭園には微塵の見識もない私ですし,そもそも他人の趣味に意見するのは無粋ですからおいときましょう.

絵画は横山大観のコレクションはとびっきりだし,焼き物は魯山人,河井寬次郎とかそろってます.シンプルにすごい.これは庭園よりは見てて楽しいかな.私の趣味に近くなってくるからですね.

でもここで一番気に入ったのは茶室ですね.寿楽庵と寿立庵という二つの茶室があり,前者は椅子席,純金の茶釜でわかしたお湯を使っており,後者は浜離宮の松琴亭を模した茶室と苔むしたきれいな庭がポイントです.もちろん私は両方いきました.笑

まず寿立庵での一服は...
d0106518_23120965.jpg
何人かが一度に楽しめます.前のグループが終わるまで,前室で待ちます.終わるとお庭にも出ることができます.
d0106518_23122427.jpg
ちなみに別に難しいことは問われないので,茶道に縁のない人でも参加可能ですが,全く未経験なのであれば床の間に一番近い席(正客)以外に座るようにしましょう.まずはお菓子が出てくるのでそれを食べて待ち,お茶が出てきたら茶碗の説明などを聞いてから飲んで,その後もし茶碗が気に入ったら空になった茶碗をじっくり見たり,なで回してもOK.ただし底を見たりするために高く持ち上げたりするのはダメです.そのあと庭を一通り見たら,履き物を返して入り口に戻って退出というながれです.

寿楽庵は入れ替わり立ち替わりなので,満員でない限り待ち時間はありません.
d0106518_23200313.jpg
で,こちらが噂の金の茶釜.
d0106518_23201454.jpg
葵の紋が入ってますねぇ.徳川家のだったのかなぁ.でもそれより気に入ったのは不昧公直筆の書がかけてあったことです.
d0106518_23202268.jpg
「不風流所亦風流」うーん,そうですか.でもうちのお茶は勝手流でも不昧流ベースらしいので,そうですねといっておかねば.笑

(*)ダグラス・ロス氏が日本庭園を世界中に紹介するために1998年に創刊したアメリカの日本庭園専門誌『The Journal of Japanese Gardening』が,全国の日本庭園900か所以上を対象に実施した「2017年日本庭園ランキング」で15年連続日本一に選ばれているそうです.


[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-12 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
玉造にやってきました.
d0106518_22583330.jpg
ちょっとした温泉街になっています.マンホールのふたは..
d0106518_22584576.jpg
「たまゆ」とありますね.玉湯町だからです.温泉っぽいデザインとは思いませんが,周りの勾玉が玉造って感じですね.

さて温泉は興味がなくて,いったのは玉作湯神社です.ここの社務所で「叶い石」というのを買います.
d0106518_22585684.jpg
私はおみくじなのかと思ってました.600円なので高いなぁと思ったのですが,包みの中はこうなっています.
d0106518_22592104.jpg
願い札,叶い石,お守り袋が入っています.そして階段を上がっていきます.
d0106518_22594891.jpg
ここで拝礼します.
d0106518_23000142.jpg
その後,叶い石を願い石の下から出てくる水で清め,願いを念じつつ願い石に叶い石を触れさせます.
d0106518_23001429.jpg
信じるか信じないかはあなた次第ですが(笑),私はこのとき指がピリピリと感電したみたいな感触があったんですよね.石に電線でもついているんじゃないかと思って周りを見たくらいです.石も濡れていますしねぇ.しかし線はありませんでした.笑 願い石から叶い石へパワーが充電される的な説明があったので,思い込みかな.確かにカラスが白いと言われると白く見えるときもあったりするなぁ.(違)
d0106518_23042446.jpg
「森のまなびや」大瀬将司さん撮影


まあそれはおいといて,願い札にお願いを書きます.複写式になっているので一枚はおさめ,もう一枚は折りたたんで充電された(笑)叶い石といっしょにお守り袋に入れて完成するというわけ.これで意気揚々と次へ向かうのでありました.
d0106518_23003671.jpg

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-11 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

【中国四国2018】鷺浦

日御碕から出雲へ戻る途中に鷺浦への丁字路があります.曲がって山を越えると入り江になっていて,小さな港になっています.
d0106518_11060994.jpg
主だっては漁業関係者の集落でしょうか.
d0106518_11061973.jpg
観光スポットはありませんが,立ち寄れるスポットとして「しわく屋」というギャラリー兼カフェがあります.駐車場は表通りからすぐのところ.
d0106518_11062841.jpg
白っぽい車が止まっているところが駐車場です.町並みはこんな感じ.
d0106518_11063690.jpg
観光地化されていませんので,とても静かです.人の気配も希薄でしたが,漁業は朝が早いので今はお休みかも?お店はもともと北前船の船宿をやっていて,塩の売買で財をなした塩飽屋の家屋で営業されています.お店には雑貨が並んでいますね.
d0106518_11064578.jpg
ここの中庭の松ですが,幹の太さからすると結構な樹齢ではないでしょうか.
d0106518_11071632.jpg
メニューはシンプル
d0106518_11072584.jpg
飲み物(コーヒー,抹茶,アイスコーヒーなど)が400円,食事(そば,うどん)は500円,パスタは700円などです.私はパスタにしようかなぁと思っていましたが,神在そばという名前に惹かれてそばの大盛り(+100円)を選択.
d0106518_11073609.jpg
あっという間に食べ終わってしまいました.笑 焼き物なども販売されています.どこのかな?
d0106518_11081698.jpg
食べ終わってから,路地を歩いているとなつかしい木の電信柱が立ってました.
d0106518_11083714.jpg
一応現役みたいですが,そのうち後ろのに交代するのかな?

しわく屋
島根県出雲市大社町鷺浦171
TEL 0853-53-1501

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-10 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

【中国四国2018】日御碕

「ひのみさき」と読みます.出雲大社から北西に 10km くらいのところにあります.
d0106518_10271926.jpg
全体が柱状節理に覆われた感じで面白い地形です.
d0106518_10270961.jpg
またこちらも有名です.
d0106518_10265758.jpg
とても美しい灯台ですね.もうちょっとよりましょう.
d0106518_10273478.jpg
出雲日御碕灯台は1903年に設置され,高さが日本一だそうです.北海道の茂津多岬灯台も高さ日本一といっていますが,あれは灯台自体の高さではなくて,平均海面から灯火までの高さ(282m)です.日御碕は灯塔が 43.65m の日本一で,灯火の標高は 63.3m となっています.また使用されているレンズは第1等といって一番大きなサイズ 2.6m ほどになります.これだけ大きなレンズを使用している灯台は日本には現在5カ所しかありません.(犬吠埼,室戸岬,山口角島,京丹後経ヶ岬,出雲日御碕)

中には今回は入れませんでしたが,次回は是非上ってみたい(入場料200円)と思います.灯質(光り方)も群閃紅白互光で,日本らしいですね.笑 いつか沖合からも見てみたいです.(夜は自力では航行したくないけど.苦笑)

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-09 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
出雲市内は一気にいっちゃいますよ〜.次は出雲大社です.
d0106518_09481231.jpg
勢溜の鳥居は工事中でした.残念.ここは小高くなっていまして,南を見ますと門前町が伸びています.
d0106518_09482203.jpg
お店には興味がないので,大社さんに参りましょう.
d0106518_09483391.jpg
銅鳥居を入ります.
d0106518_09484241.jpg
すると拝殿があります.大きな注連縄ですね.
d0106518_09485103.jpg
でも私の思っていた大きさよりもだいぶ小さいです.私の想像はこっち.
d0106518_09490030.jpg
全然大きいですよね.おまけによく見ると建物も違います.謎解きは後ほど.

さてマンホールのふたはこんなでした.
d0106518_09491112.jpg
日御碕灯台ですね.出雲市のとは違います.よくみると「たいしゃ」と書いてあります.そう,実は出雲大社のあるところは今は出雲市ですが,前は大社町だったのです.実害はないので,まあこれも歴史ということで,このまま置いておいてもらいたいかも.笑 そういえば東大構内の「帝大下水」みたいな戦前から残ってるようなマンホールのふたも有名ですね.交通量が少なければ残りやすい歴史なのでしょう.

さて本殿には入れませんので,塀の外から眺めます.
d0106518_09494750.jpg
ここに10月になると国中から神様が集会をしに来るといいますが,どんな会議なのか宴会なのか.笑 本殿に一番近づけるのは後ろ側からです.
d0106518_09505919.jpg
中はどうなっているのでしょうねぇ.真ん中に大きな柱があるらしいので,円卓にするのも微妙ですねぇ.笑

さて,注連縄が思ったより小さかった件ですが,調べてみますとあの大きな注連縄がついている建物は大社の現在の宮司である千家國造家の大広間として使われている「神楽殿」というところだったのです.本殿向かって左側(西)にあります.歴史的経緯によって分裂し,以前は交代で宮司をしていたという北島國造家は反対の右側(東)にあります.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-08 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
というわけでつつがなく,出雲入り.ここの名物といえば出雲そばが有名ですよね.まずは市の中心部に近い「献上そば羽根屋」にいきました.
d0106518_09211862.jpg
ここは有名店で,結構行列になっています.私が行ったときで30分待ちでした.でもそれは席の数が少ないのではなく,オペレーションの都合のようです.案内されたのは洋風なお部屋.
d0106518_09213378.jpg
そば屋ではなくて,喫茶店のような内装ですね.メニューを見ますと...
d0106518_09220214.jpg
ちょっと小さくて見えないか.3枚とか5枚とかがあります.しかし普通の食容量の人でも5枚くらいはあっさりいってしまうという事前情報があったので,5枚を選択.
d0106518_09221163.jpg
五色割子そば 1500 円です.毎段薬味がついていまして,それが5種類なんですね.
d0106518_09222023.jpg
ちなみに割子1段追加につき 250 円となっています.割子はざると違って,つゆを上からかけて食べます.出雲ではこれが標準なので,出雲人が修学旅行等で上京して,こっちのざるそばを食べるとき,ついつゆを上からかけてしまい,お盆つゆだく,みたいな状態になるらしい.逆に私が出雲に来て,かけることをもし知らなかったら,なんで猪口にそば湯が入ってるんだ?ってなるでしょうね.笑

さて,おなかぺこぺこで入ったわけではないので,5枚でおなかいっぱいになりました.なので,追加はなし.お店を出ると,マンホールが出雲してました.笑
d0106518_09223313.jpg
竜ですね〜.あと気になったのは近くに無線機屋さんがあったことです.
d0106518_09224543.jpg
ナオラとあります.ふらっと入ってみたかったけど,休憩時間だったみたいで行けませんでした.残念.


[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-07 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)
あとは出雲で所用があります.が,それまで1日余裕があるので尾道経由としました.まずはしまなみ海道を行きます.
d0106518_07364450.jpg
大三島で途中下車してブランチ.
d0106518_07365419.jpg
ボリュームありすぎ.笑 しかし,いい眺めですねぇ.
d0106518_07370512.jpg
くるっと回っていると臨時巡検が入ったりして思わぬ成果もありつつ,尾道へ.

本当は「時をかける少女」の聖地巡礼でもしたいところですが,年数もたっているため風景はだいぶ変わっているとのことです.そこで駅前の観光案内所でおすすめされたコースを行ってみることに.

まず駅前から尾道商店街(アーケード)を東進します.
d0106518_07371416.jpg
路地から山陽本線が見えます.
d0106518_07372413.jpg
オバQに10円で乗れるかも?
d0106518_07373374.jpg
否,古くて乗ると壊れるとのことでした.残念.左に長江口交差点が見えるところまでいったら,左に曲がり(北進)国道を渡って,山陽本線の下(のところ)をくぐります.
d0106518_07374832.jpg
その向こうに千光寺ロープウェイ乗り場があって山頂までいけます.往復チケットの方が割安ですが,お寺は山頂からだいぶ降りたところにあるので,そこにいくなら片道切符にして,お寺に行った後,そのまま歩いて降りるのがいいとのアドバイスに従って登りだけにしました.
d0106518_07381148.jpg
あっという間に山頂到着.
d0106518_07382214.jpg
いい眺めです.尾道は独特ですね.
d0106518_07383358.jpg
眺めを堪能したら,山を下りていきます.
d0106518_07384369.jpg
千光寺の由来は,玉の岩という夜になると光る玉があったという伝説から来ています.今は電気で光る玉が置かれているらしい.夜は見てないので話を聞いただけですが.
d0106518_07385396.jpg
お寺からの眺望もいいです.
d0106518_07390593.jpg
降りていくと映画で見た尾道らしい町並みを感じられます.
d0106518_07391836.jpg
ラベンダーの香りが漂ってくることもなく,下まできてしまいました.
d0106518_07392973.jpg
で,商店街に再び戻ります.そういえば,尾道ラーメンってのがありましたね.思い出したところにあったので入ってみました.
d0106518_07393993.jpg
中華屋さんのだから,いわゆる尾道ラーメンの定義にあっているのかわかりませんが,そもそもその定義を知らないので,よしとします.笑


[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-06 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

北海道全戸停電

今朝のニュースでびっくりしました.厚真の崩落も写真を見てすごいことになってると思いましたが,北海道が停電,それもあんなに広いのに全戸って....北海道には親戚が多いので心配ですが,どこに情報が集まるか考えて,従妹だけに連絡することに.停電しているということは電話は難しいだろうと,SMS にしたらすぐに無事と返事が来て安心しました.水は少し出るようになったということでしたが,電力はいつ回復するのかわからないし,こちらからの連絡はちょっと待ってみることにしました.もっと大事な連絡のために電池ももたせないといけないですからね.

新千歳も止まっちゃってるのですね.偶然出会った通りがかりの中国人親子(母と娘)はちょうどこんなタイミングでこっちに来てしまい,これから北海道に行く予定だったけど,飛行機も飛ばないし,キャンセルも複雑(旅行会社や宿などですが,それらがお互いに連絡できないらしい)で連絡しようにも言葉も通じず,私と一緒にいた K くんが助けてあげてましたが,彼女たちも気の毒でしたね.北海道旅行をさぞかし楽しみにしていたでしょうから.しかし関空も止まっちゃってるし,ほんと大変なことになってます.

ちなみに電車も止まっちゃってるとのことですが,フェリーはどこも動いているようです.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-06 20:00 | 徒然話 | Comments(3)
海に行くので,レンズに砂とかがついて傷になると嫌だからと保護フィルタを入手しました.さらに,そのままだとつかないので純正のコンバータアダプタまで購入.
d0106518_09051125.jpg
これを取り付けますと...
d0106518_09052201.jpg
そう.かなり出っ張るんですよ.
d0106518_09053116.jpg
薄いのがよかったのに,ここまで出っ張るとかえってほかの理由で傷つきそうだなぁ.苦笑 これをつけなければボディからレンズは出ていません.ボディ自体ちょっと厚ぼったいですが,レンズが collapsible ではないのでそれでも使いやすいです.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-06 08:00 | 写真・カメラ | Comments(0)

【中国四国2018】新居浜

お仕事のあと,別子にて大昔の携帯電話を発見.
d0106518_22095188.jpg

電線が必要ですが.笑 あとは御神輿の展示がありました.
d0106518_18573051.jpg
かなり立派ですね.この辺では新居浜や西条の御神輿が特に大きいそうです.ビデオで渡御の様子が見れましたが,上に人が乗っちゃってますね.このときは神様が乗ってるわけじゃないのかな?あと笛で拍子をとっているのはうちのほうでは絶対やりませんね.こういう違いは歴史的背景もあるでしょうから,いろいろ調べていくと面白いでしょう.

ところで確か国領川沿いに親戚が住んでいて,大昔訪ねていったことがありました.その家専用の吊り橋が架かっていたような記憶があります.こんな感じ
d0106518_22100420.jpg
もしかして,ここかも?と思って渡ってみました.
d0106518_22101363.jpg
渡って右手に一軒だけだった気がしたんだけど,何軒か並んでいます.おかしいなぁ....表札を見たらそもそも名字が違いました.
d0106518_22102113.jpg
もっと上流だったかな.まあ来たのは小学校の時だし,自分で運転してくるわけじゃないですから,覚えてないのも仕方ないか.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-05 21:30 | 旅行・ツーリング | Comments(0)

鉄道保線の心

神田須田町の高架下にこんな碑があります.
d0106518_09040674.jpg
由来は読みませんでしたが,安全は大事よね,ということはわかります.

[PR]
# by jq1ocr | 2018-09-05 08:00 | 徒然話 | Comments(0)